プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

母親からの卒業

2008/11/26(Wed) Category : 心の闘い物語
【「環境としての親」(9/24)に書かれたピノコさんのコメントに触発された方からいただいたメール。同じ思いの方も多いと思います。「喜んで」とご了承いただきましたので、そのまま掲載させていただきます】





ピノコさんのコメントに激しく反応してしまった

私も叫びたい


お母さん、お母さん!
お母さぁん!
お母さぁーん!!
お母さぁぁーん!!

お母さぁーん!!!



何度呼んでもまだ足りない
何十年ものあいだ、諦め、封印していた
でも本当は、私が欲しいのはお母さんあなたの愛なのだ

愛してくれぇ!
抱きしめてくれぇ!
受け止めてくれぇ!

お母さぁーん!!



今すぐむなぐらを捕まえて叫びたい!
なじりたい!
罵倒したい!
思いのたけをぶつけたい!
つかみかかってぶつかりたい!
罵りまくって殴りたい!

お前のせいだ!
お前のせいだ!どうしてくれる!
あんた親だろう!母親だろう!
何のうのうと生きてるんだよ!
早く死ねよ!



お前なんか死んじゃえ!!



私の中のインナーチャイルドが暴れだす
もし目の前に母がいたら本当につかみかかりそうだ

母は痴呆だから、もう私のことをかろうじて分かる程度だから、またも諦めようとしてた
自分の中の気持ちを押さえ込んでた
こんなにも自分の気持ちをないがしろにしてたのか・・・





あんたはずるい!
20年も前に脳をやられ、まんまと逃げおおせた

そのせいで私はさらに気持ちを押さえ込むしかなかった
あんたはどこまで人を踏みつければ気が済むの!

そんなに自分が可愛いの!!
自分だけ良ければいいの!!!



そのくせあんたはちっとも幸せじゃなかった!!!!



惨めだね、
そんな惨めな母親見たくない!
惨めな姿見せないで!!




笑ってよ!




心の底から笑ってよ!!





あんたが幸せになってくれないと私も幸せになれないじゃん!

あんたが心の底から笑ってくれないと私も笑えないじゃん!

あんたが生き生きと生きてくれないと私も生き生きと生きられないじゃん!




もう私を飛び立たせて!
心おきなく生きさせて!
私を手放して!
自分に縛りつけないで!

まだ道具にする気?
そんなに怖いの?

ばっかみたい!!

あんたの人生何だったの?












私はもう行くから

もう飛び立つから

自分の人生生きるから



生き生きと生きたいの

心の底から笑いたいの

幸せになりたいの



あんたの道具になるのはもうまっぴら!










涙が溢れた。




この歌を贈りたい。
私には、この歌は、親(君)から離脱したときの歌に聞こえるのです…

[PV] 君は今 / タテタカコ


タテタカコ 「君は今」歌詞】



君は笑っているかな
何を見ているだろう
僕は春をようやく
歩き出したところだよ


君を探しはしない
思いは馳せるけれど
僕は僕なりに行く
それが今できること








「死ね」「殺す」と子に言われる親御さんへ



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

愛されたかった。
ごくごく普通に。
愛されたかった。
ごくごく普通に。
愛されたかった。
愛されたかった。
愛されたかった。
愛されたかった。
ごくごく普通に、愛されたかった。

 

私が考えていることが、そのまま書いてあって驚きました。一人じゃないことが実感出来ます。

 

同感

私も同じですよ。
今もきっと気持ちをおさえてるんです。
だから、呪縛から逃れることができない。
不幸な母。
不幸を堪能しているのに、まだ足りなくて不幸を求め続ける母。
そんな母を見本に、まったく同じ生き方をしてきてしまった。
あげくにモラ男につかまってひどい目にあい、娘まで病気にしてしまった。
でも、私はモラ男から逃げた。
もう男は頼らない。
永遠に一人で生きていく。
だけど、孤独じゃない。
母のようにはならない。
そのうちに、私も血を吐くように叫ぶかもしれません。
なぜ、この世にはこんなに不幸な親が多いのでしょうね。
そしてなぜ、自分が幸福でないのに、子孫を残してしまうのでしょうね。
不幸のタネから不幸を育ててどうなるというんでしょう。
私は、娘を縛りつけない。
お互いに羽をもとう。
お互いに、自由でいよう。
まだぎくしゃくしているけど、きっと自由に飛びまわれる日がくる。

 

同じこと思ってました。

私も同じこと思ってました。
すごくよくわかります。

私が書いたのかと思うくらい。




 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード