プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映会&講演会(1)-山元加津子さん

2008/12/14(Sun) Category : 宇宙・スピリチュアル
チーム『宇宙(そら)の約束』プレゼンツ、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われたドキュメンタリー映画『1/4の奇跡 ~本当のことだから~』の上映会&講演会に行ってきました。会場は満席。

耳の聞こえない方のために前方右にスクリーンがあり、話される内容をパソコンで速記し、次々に画面に映し出されていくのが凄いなと思いました。


■山元加津子さんの講演----------------------------------
隠れんぼをしているのを忘れて葉っぱをボーッと見ていたり、犬とおしゃべりしたり、「何で口はここにあるの?足にはないの?」とお祖母ちゃんを困らせたり、雨が降れば「空はどーやってこんなに水を蓄えていたんだろう」と…。小さい頃から、「なぜ何もかもうまくいってるんだろう?」という不思議に取り憑かれていたかっこちゃん。考えることをやめることができませんでした。

友達からは「いつもぼんやりしてないで遊ぼうよ」と言われ、先生からは「変」と言われ、帰ってから父に訊くと「好きなことをしているかっこが大好きだよ」と両親の大きな愛情に受け止められ、大いなる勇気を得て自分の人生を紡がれていきます。

ある日、トイレ(昔のボットン便所)に入って2時間も出てこないのを心配したお祖母ちゃんが見に行くと、じーと中を眺めていたそうです。
なぜ一杯だったうんちがなくなっているの?→持って行ったからだよ→じゃあ、なぜ動物が一杯うんちしているのに地球はうんちで一杯にならないの?

その不思議を抱えて大人になり、ある時アフリカ(?)で象の大きなうんちが、そのまま樹木の土壌になり、蟻塚になっているのを見て、この世の見事さに驚嘆します。そして、その見事な仕組みの背景に神とでも言うべきものの摂理を感じるのです。

でも、どーやって創り分けているのだろう? その問を30年考え続けます。世は移り、携帯から携帯へ映像がピュンと飛ぶデジタル時代。カタチはあるけど重さはあるんだろうか?→デジタルは重さのない0と1からできている。人は4つのDNAの暗号からできている。全人類のDNAを合わせても米粒一つの重さにしかならないらしい。→人も物も重さのほとんどない4つのものからできている→「空即是色」だ!
(超簡略化していてスミマセンm--m)

と、宇宙の理を体得されていきます。「総天然の哲学者」(^^)かっこちゃんの活き活きとした天然ぶりがイメージされて可愛らしく、また養護学校の子どもたちからいろいろと気づきを得ていく加津子さんのエピソードは、気持ちや思いの大切さを教えてくれるものでした。

あぁ、かっこちゃんはずっと自然に問い続けてきた。自然の声を聴こうとし続けてきた。
だから、自然の声を、子どもたちの声を聴くことができるんだ―そう思いました。

不思議なエピソードも多々あり、涙をぬぐいつつ聞いたところもありました。
最後に、詩を朗読されました。お話を伺った後で聴いていると、とてもしみいってきました。


「宇宙の約束」


大切なのは
心の目と心の耳を澄ますこと
そして自分を信じること






本当のことだから―“いつかのいい日のため”の宇宙の秘密本当のことだから―“いつかのいい日のため”の宇宙の秘密
(2004/06)
山元 加津子

商品詳細を見る



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ちょっと似てる(^_^)

どこかで聞いた名前だなぁ?と思い、
写真を見ていたら~、
あっ!「寺子屋」だ!と思い出しました!
不思議なぽわんとした方ですよね。
しかもかわいらしい(^O^)/

私もいっぱい疑問が湧く子どもでした。
顕微鏡の世界から宇宙まで~
ずっと考え続けていますo(^-^)o

小学生時代の親の死によって、
「死」についても考え続けました。
なにより「死」で変化した生活により、
私は苦しみ悲しみ歪みましたから…。

戦争の写真をお寺で見たのも小学生時代。
戦争のニュースも記憶にあります。
子猫たちがゴミのようにゴミの上に、
捨てられていたこともありました。

授業で蚕や牛の眼球などを解剖した時は、
覚悟するまでに時間が掛かりました…。
想像しちゃいますからね…。
蚕は「むにむにしていてかわいい」と感じ、
じっくり観察して描きました(解剖前ねf^_^;)
そして、
「命に重さを感じるのは何でだろう?」と、
解剖する意味も判らず、
今までの命に対する疑問がまた湧きました。

「命」(魂)は、
木も花もアリもブタもネコもイヌもゾウも…
クジラもサンマもエビもミジンコもサンゴも…
そして人間も…
同じ重さなのかな?
ひとつの魂なのかな?
でも買ったり殺したり平気でするよなぁ…?
魂って何だろう??…

…知れば知る程
「神=自然」だと感じました。
海も山も川も雲も星空も月も…
ミクロの世界にも…
身体なんて小さな宇宙ですし(>_<)
全てが素晴らしい…
とても美しい…
そしておもしろいo(^-^)o

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード