プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

生き切る-(LastMessage)父へ

2008/12/20(Sat) Category : 心の闘い物語
父へ、

許さないから。






自暴自棄になって身体を壊して死ぬなんて

絶対に許さない。



痛みとともに生きなさい。

それがあなたの宿命。



苦しくても、ひりひりして、痛くて痛くて

どうにもできないと思っても、



絶対に許さない、

人生を終わりにするなんて絶対に許さない。









生きなさい。









痛みと共に、生きなさい。





自分を責めればいい、

責めて責めて、

苦しんで苦しんで、





それでも生きなさい。










私は切り離す。









でも、それでも生きなさい。







逃げるなんて絶対に許さない。

生きないと、絶対に許さない。

体調を崩して、可哀そうになるなんて絶対に許さない。












生き切れ、



それが償い。










痛みとともに。



痛い痛いと生きなさい。













私はまなざしを送らないけど。













それでも生き切れ。












逃げるなんて許さない。







苦しんで、責めて、痛いと泣いて、

それでも生き切れ。



























私は切り離す。

































私は振り返らない。
































それでも生き切れ。







































『千と千尋の神隠し』のテーマ「いつも何度でも」



…なぜか、涙があふれて止まりません





【かつて親への殺意を持っていた小学生が成人し、出逢いと喪失の激流の中で、自分の中にあった生きる力を発見し親を卒業していく物語です。多くの人の参考になると思います。許可を得て掲載させていただきました。タイトルは、痛くても、苦しくても、温かさをしってしまったから「生き切る」-現在のご本人の思いです。】



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

壮絶ですね

本当に、よくここまで自律されましたね。
少しずつ、こうやって再生されていく人が増えることを願ってやみません。

今、この日本というたぐいまれな豊かな国で、人々の心はいっそう貧しく、なんと見事なアンバランスを保っていることか。
私も壊れてしまっているかもしれない自分を感じます。
自分なりに再生の道を探っています。
何かつかめそうになっては逃げられ、またつかもうと歩き始める。停滞してみたり、疾走してみたり。

けれど自分の中の核のようなものが時々見えます。
私は、埋もれていた。今も埋もれている。
発掘しよう。怖いけれど。
取り出して磨くそのときまで苦しい戦いは終わりません。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード