プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ただいま

2009/01/19(Mon) Category : 家族小景
帰ってくれば、あまりの気候差に、まるで夢でも見ていたかのような感さえある。

何しろ実家は木造和風なので、家の中が寒いことこの上ない。
しかし、切れるような水、冷たい空気がとてもおいしかった。

出がけに母をハグ。
やはり自分からはこないけれど、嬉しそうだ。
前回来たとき父がハグから逃げたことを言うと、見ていておかしかったと言う。(「父と母」)


父は、朝通学路の安全員をやっているので、ハグする間もなく帰って来るや私を乗せてバスセンターへ。

小中学生が登校している。
笑顔で話しながら登校している姿を見ると、こちらも暖かくなる。
子どもたちの笑顔が一番だ。
それにしても、こんなに寒いのにコートを着ないで学ランだけ。

さて、降り際に握手をしたが、こちらが手を出すとそれさえも一瞬考えるくらいだから、人に触れることになれていないなぁ、と感じる。まぁ、握手が第一歩だ。


雪にけぶって墨絵のように重なる山々の稜線が綺麗だった。
20090119hidaji01

20090119hidaji02



諏訪湖に着くと、もはや明るい空の色。
20090119suwako



東京に着く頃は、もうバス内にさす日射しは暑く、風はぬるく、もはやコートはいらなかった。

そして、なんと家の近くで、梅が咲いていた!!
20090119ume1

20090119ume2



一挙に真冬の世界から春の世界である。
千変万化の列島でした。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード