プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

高山市子育て講演会開催秘話―4、ボランティア集結

2009/03/09(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
高山市子育て講演会開催秘話4】

■4、ボランティア集結------------------------------------

【Sさんのお便りより】
スタッフを集めてくれということであちこちに連絡しましたが、先生が南小に来てくださった時に懇親会に来られた方を中心に呼びかけたら、先生の話を聞いてから見方、考え方が変わったとか、楽になったとかいう方が何人かみえて嬉しく思いました。

もう一度聴きたいとか本を読みたいというお母さんが何人もみえて、そのうちの何人かにはスタッフもしていただけたんです。
職業柄、子どものことを考える立場におられる方で、ぜひ協力したいという方もいらっしゃって、心強く思いました。
その中で、無理に押し付けないで話ができる自分が感じられること、でも、何か不思議なつながりを感じられることを思います。

嬉しくて涙が出そうです。




あまりにうまくことが運ぶので、あるお母さんに、
「なんか、串がスッと入っていく感じやね。すごいね。」
と言われました。

将来私のような人間になってしまう人が少しでも減るようにと思う一心です。こんな苦しい思いを、誰一人としてしなくて済むように。
みんなが心から幸せになれるように。




------------------------------------------------------
我が家だけ救われるだけでは解決できない。
地域を変えるくらいの意気込みがなくては、と思います。

(ブレスさんのためにやっているのではない、中尾先生のためにやっているのではないということは折に触れて言わせていただいているのですが、伝わるかなあ?)

ブレスさんに駆け込んだ時、こんな私の話に耳を傾け、

「やりましょう!
 高山市の地域を変えて、子どもたちが夢を持てる社会にしなくては。」

と言って下さった細井さんに、感謝でいっぱいです。




<5へ>


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード