プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

スポンサーサイト

--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

荒川静香 2:荒川静香を支えたコーチ

2006/02/25(Sat) Category : 人物
NHKスペシャル「レベル4への挑戦」で『「トリノ」へ行く為への最後のチャンスとなった全日本選手権では、得意のイナバウワーを省き、加点できるプログラム作りに徹した』ことが『ほたるのひとり言』というサイトで紹介されている。が、『荒川選手は、番組内で、「加点対象にならずとも、自らの技の完成度をアピールする為、イナバウアーを取り入れる」と宣言』したらしい。

『幸せなお酒』というブログでは、交替したモロゾフコーチが次のように言ったことが書かれている。
『静香のイナバウワーは世界一だ』そして、『二人の気持ちは一致して、「イナバウワー」を入れた世界選手権優勝時のプログラムにもどしてオリンピックに挑むことになった』

最後に『自分らしく生きることの大切さのようなものを見せてもらった気がした』と結ばれていた。
全く同感だ。

そして、恥ずかしながら今さらにこれらの経緯を知って、ますます私にとって荒川選手は印象深い選手となった。
これが基準、これで評価する、と決められれば人間そのモノサシに沿って動こうとする。それが“成果”と見なされ、逆にそのモノサシから外れたものは成果と見なされないからだ。

オリンピックの選手に選ばれるためには、前コーチの“イナバウワーは無駄”という方針に従うしかなかった。
しかし、最高の舞台を手にしたとき、彼女は基準に従うのではなく自分に従った。自分のやるべきこと―“世界一のイナバウワーを魅せる”ことに従ったのだ。魅せやすくするために曲も変えた。彼女は自分のわがままを通したのである。

もし、彼女が採点基準に則り前コーチの方針に従っていれば、あのような見ている者を魅了する溌剌とした演技は出来なかっただろう。

しかし、そこにいくまでに、大きな葛藤、逡巡があったに違いない。直前に曲目を変えた挙句もしもメダルを取れなかったら…。わがままと言われ、非難を受けていた未来図があったかもしれないのだ。

ギリギリまで大きな葛藤と闘い、そして曲目を変えるという決断をしたとき、既に彼女は競技をおりていたのではないか。彼女は腹を決めたのだと思う。自分が提供できる最高のものを世界に見せる。競技のためにではなく、見てくれる人のために、そして自分のために滑る―そう、覚悟を決めたのだと思う。

既に他の選手は眼中になかったのだ。どうすれば、より見ている人に感動してもらえるすべりが出来るか。彼女の焦点はその一点に絞られていたのだろうと思う。だからこそ、「クール」なすべりが出来、そして思いもかけぬ結果に「驚いた」のだろう。

-----------------------------------
競争から降りる。
『社会が家族を追いつめている』でてきさんちぇさんやおたきたおさんからコメント頂いた通り、一度レールから外れると復活の難しい日本社会あって、これは、そうそう簡単なことではない。

『それはとても勇気が必要な一歩だ。私はそこを支えたい』-そう思う。そして、モロゾフコーチはまさしくそのような役割を果たしたのではないかと思うのだ。

同じくマイミクのまゆみさんが、ブログにこう書かれている。

『囚われ」って漢字、自体、
人が四角の箱の中に入っている字でしょ。

この囚われを解くには、
まずリアルな問題に遭遇して、
困った状況があって、
そこに、
その囚われのない人が、
じっくり側にいて関わっていくというのが、
たぶん一番、効果的。
それってコーチングだよね。』

まさしくこのような状況にあるご家族を、私の場合は家族カウンセリングしてきたわけだが、モロゾフコーチも同じような役割を果たしたのではないかと思う。

-----------------------------------
「決意」と「支え」があれば、人は大きく羽ばたくことが出来る。陰の立役者、モロゾフコーチに拍手を贈りたい。

そして、支えあいましょう♪
関連記事
 
Comment7  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

『本当に心が洗われた』

当にその通りでしたね。
あのように琴線が揺さぶられるなど不思議でした。

 

紹介していただいて、ありがとうございます。
私もテレビで荒川選手とコーチの間の話しをちょっと聞いて、興味を持っていました。
荒川さんの演技には本当に心が洗われた気がしました。

 

わざわざありがとうございました!

コメントありがとうございました。奇特なご友人がいらっしゃいますね!

ほたるさんのサイトは情報が豊富で写真もあっていろいろと参考になりました。ありがとうございました。

またお気軽にどうぞ。

 

取上げて下さりありがとうございました。

英司様

はじめまして、ほたるのひとり言のほたるです。
ブログの仲間の人から、取上げて下さっているとお聞きし、来て見ました。
記事に入れて頂き、ありがとうございました。
また、来させて頂きます。まずはお礼です。

 

こういう話題いいですね♪

ゆうさん、「4回転やって良かった!」と叫んでいたミキティの表情も印象的でした。
やらない悔いは残りますが、やった失敗は糧になります。ささやかな声援が彼女の力になりました。やはり応援しあうっていうのはいいなぁ。ミキティもまだやれると思いますよ。

たまさん、競技競技でぎすぎすしてるより、そういうロマンが感じられるというのもいいですよね。いろいろ糧にしてプロとして魅力あるすべりを続けてほしいものです。

 

日本中が歓喜に沸く中、モロゾフコーチが演技後の静香さんを肩に抱き寄せ耳元で何か囁くと彼女はひどく驚いた顔をしており・・・何を言ったんだろう?ということが気になってしかたない・・・すでに2人に
愛がはぐくまれてるのでは? と思うのは私だけではないよね・・・

 

競技を降りた金メダリスト

金メダリストこそが、「競技を降りていた」というのは面白いですね。

ミキティの4回転といい、自分のために滑るという姿勢がよく見えたフィギアだったと思います。
それでも、勝てなかったミキティはやはり評価されないのかな?
かわいいからCMはきそうですがw

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。