プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自分を信じて飛んで行け

2009/03/18(Wed) Category : (家族)カウンセリング
連日10時間を超えるカウンセリング in 沖縄。
今回は30代の親が多かった。

ほぼ共通して言えることは、
1,自分を過小評価し自信がないこと。
2,親に認めてもらうために「自分はダメ」という人生脚本を歩んでいること
3,小うるさい親が頭の中に棲んでいて、制限の中で小さく小さく窮屈に生きていること。
4,だから、子に対しても細かいこと
5,怒りを内在化しているから、子に当たること


言わば、輪っか(IP)をはめられた孫悟空。
自由に行動しようとすると、輪っかでギリギリと締め上げられる。
頭が痛くて、つい親の思うとおりに行動してしまう。
自由になれない怒りが時に爆発して暴れ回る…。

本来の自分は悟空のようにエネルギーに満ちあふれている。
筋斗雲に乗ってどこへだって行ける。
変幻自在になりたいものに何にだってなれる。
それだけのパワーを、みんな持っている。


だ・か・ら、悔しい。


そんなちっぽけな輪っか(IP)など、壊しちまえ!
規則?ルール?しきたり? いらねぇ、そんなもの!


小さく生きるな、30代の悟空達!


社会の若々しい中堅である30代。
あなた方が小さく生きることが社会の損失。
あなた方が大きく羽ばたくことが社会の変革につながる。
縮こまった大人社会のレールなど、軽く飛び越えて行ってしまえ!


もはや、あなたは筋斗雲に乗った。
自由に、生きたいところへ飛んで行け!!


大丈夫!
あなたにはできる!!







新たな旅立ちへのはなむけの歌を贈ります。


【ゴダイゴ 「銀河鉄道999」】



…そう!
古い脚本は捨てて、ワクワクする脚本を楽しもう
もう、あなたは十分に親に貢献した。
これ以上親に貢献することは、親の業(カルマ)を深めるだけ。
別れることが親への愛。

いつかきっと(それは魂になったときかもしれないけれど)、
親もあなたを遠くから見つめる時が来る

不安は刷り込まれたものであること
まやかしの安定に本当の安らぎはないことに
あなたは気づいてしまった


さあ行くんだ
その顔を上げて

新しい風に心を洗おう!





関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

家庭モラルハラスメント渦中です

モラルハラスメントを検索していて、先生のブログに出会いました。
幼稚園での子どもの様子がおかしい事を、個人懇談で指摘され、勇気を出して、家庭内での父親の行動や言動を話しました。
まともな感覚を持った人なら、すぐに気付く、おかしさ。
なぜ私は気付かなかったんだろう?
その理由がここにありました。
ありがとうございました。

 

はじめまして...

昨年末、子どもの通う幼稚園でのいわゆる「園ママ」つきあいに行き詰まりを感じ、中尾さんのブログに出会いました。
モラルハラスメント...言葉は理解していたものの、実際に我が身に受けてみるとしんどいものですね。
世間一般の認識では、モラハラは「夫→妻」という構図のようですが、私の見た園ママ一家は「妻→夫」という図式でした。親の年齢、子どもの年齢、性別..等、似通った点が多かったせいか、よく家族ぐるみでのおつきあいをと相手方からほのめかされましたが、幸いなことに私どもの夫が真っ先に「何か変..」なものを感じ取り、それとなくフェードアウトしましたら(といっても園の送迎で毎日顔を合わせ、子ども同士は同クラスで大の仲良しときております)ハラッサーの本性丸出しで向かってこられました。
今でも彼女の私を見る時の氷のような冷たい暗く沈んだ眼差しを思い出すと身震いがしますが、さきほど、上記の歌を聴き、不思議なほど元気が出てきました。私の中にも「新しい風」が吹いてきたのかも...。
「新しい風」を送ってくださった中尾さんに心から感謝申し上げます。

 

30代ではないし子供もいないけれど...

ここにあげられた5つの項目に当てはまるなと思いました。

職場の後輩に対して細かな(細かすぎる)指示を出したり、甘えてもいいと自分が思う存在(かつては恋人、今は配偶者)には内在化した怒りをたたきつけてみたりしていました。

当時はなぜ自分がそうした言動を取るのかわからなかったけれど、今はとてもよくわかります。理由がわかったよかった。少しずつ変わってきています。

 

この歌大好きな歌です!


 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード