プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

顔色に表れる深層心理の闘い

2009/03/25(Wed) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

【顔色】------------------------------------------------

カウンセリングの間中、実はインナーチャイルドにエンパワーしているから、だんだんとインナーチャイルドが自分を閉じこめていた殻をぶち破って出てこようとする。

すると、顔色がダイナミックに変わり始める場合がある。
赤くなったと思ったら、すっと引く。
そしてまた、赤くなり、また引く……これを繰り返す。

おぉ、関ヶ原の合戦をやっている
一進一退の攻防を見ていてそう思う。
(本人は気づいていない)

赤くなるときは、インナーチャイルドが出ようとしているとき。
が、それを頭(思考や理屈=インナーペアレンツ)は抑え込もうとする。
すると、すっと戻るのだ。

受け止め手が現れると、インナーチャイルドは出ようとする。
あとは、自分が自分の受け止め手となる決意をすること。
本人がそう決意できるまで、後は見守って待つしかない。






注)上記のことは、人によって違います。さらに、上記のようであったからといって、それが書いてある説明内容に直接結びつくものではありません。複数の事例を基に感じたことです。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード