プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

京都小6女児刺殺事件-(4)“事実を消す”ための殺人

2005/12/26(Mon) Category : 少年犯罪・家族事件簿
京都小6女児刺殺事件

■“事実を消す”ための殺人

 そして、『試験監督の交代』が宣告される。しかも後輩に代わる。それは、自分が一人前ではないことを突きつける“宣告”であった。『試験監督の交代』が実現し、それを両親が知ることになれば、またもや後ろから両親が迫ってくる。

 それを回避するためになさなければならない事はひとつしかなかった。自分の前に立ちふさがっている壁を取り除くこと。それを、交代の当日に行えば、“交代”も“壁”もなし崩し的に消すことができる。

 彼は、自分を追いつめるトリガーとなるこの2つの“事実を消す”ことしか頭になかったのであろう…。

 だからこそ、彼は犯行後、『血だらけの手で握り締めた携帯電話で』真っ先に父親に電話をしたのではないか。女の子を刺した、と。つまり、もう事実はない、と。だから親が私にプレッシャーをかける必要はない、と。そう母親にも言ってくれ、と。彼は、言いたかったのではないか…。



 ここに見られるのは、自分のことをわかって欲しいために反抗しながらも、最後まで親の望むとおりに頑張ろうとしている子供の姿である。「少年A」もまた、親が自分のことをわかってくれないことに絶望し、しかし最後までわかって欲しいことを切望していた。

 Aが特殊ではなかったように、彼もまた最初から特殊なわけではなかった。
 このような犯罪の場合、“異常性愛”が取りざたされる。彼の場合、ロリコンが犯罪を招いたのではない。その前にロリコンになるような環境があった。自分を脅かす大人(親)と、自分を成長させない家族カプセルの構造である。

 成長できず、大人も怖い。心が子供のままにとどまっている容疑者が関われるのは子供しかいなかった。が、コントロールするコミュニケーション・パターンしか学んでいないから、人間関係を結べるはずもない。コントロールできなければ無力感に陥る。そして…。






■大人がなすべきこと

 「少年A」がそうであったように、子どもを追いつめているのは「親という環境」なのである。そして、今や子供のためと思いつつ子どもを追いつめている親は日本全国にいる。

 能力主義が親を追いたて、親は防波堤となるどころか、それを増幅して子供にプレッシャーをかける。今や、日本全国にモグラの出る土壌が広がっている。


 お母さん。
 あなたは“世間の常識”とわが子を無意識の内に比較していないだろうか。私は、家族カウンセリングを行う中で、母親の持つ理想が子どもを苦しめている例を多く見てきた。子供は母親の頭の中のイメージと闘っているが、うまく言葉にできない。親はそれが当たり前と思っているため太刀打ちできない…。子供を救うのは、子供とのドロ沼の関係から離脱するためには、あなたが煩悩を手放すこと。それに気づかれて明るくなった親子はたくさんいる。


 お父さん。
 社会の代表であるあなたが、自分のペースで生きることを許さない社会の価値観の盾とならなければならない。そのためには、あなた自身の価値観が変わらなければいけない。それができずに子どもを追いつめるとき、その被害は外に及ぶことを本気で考えて欲しい。家庭はしつけの場である以前に気持ちを受け止める場であることを認識して欲しい。



 子供を育てることは、将来の日本を育てることであり、将来の日本に責任を持つことだ。明るい顔つきの元気な子供が増えることが、明るく元気な日本を作ることなのである。それをやるのが、取りも直さず私たち大人がなすべき唯一の仕事ではないだろうか。

 拙著「あなたの子どもを加害者にしないために」は、そのタイトルから、我が家は無関係と思われている方も多いと思う。

 しかし、そこに書かれているのはどの家庭もが陥る罠である。同時に、外してはならない子育てのポイントや優先順位が書かれている。この本が世に出てなお、このような事件が起こることが哀しい。是非、学んで欲しい。お願いします。

 また、お悩みの方、一人で抱え込まず、身内の恥と思わず、どんどん相談し助け合いましょう。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード