プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

清原和博―心優しき少年の物語

2009/05/09(Sat) Category : 人物
金スマの「清原和博」物語を見た。

「引退試合を用意してくれたのは、天国の仰木監督だった」
―そのナレーションを聞いたとき、涙がブワッとあふれた。

ガンに冒され、余命幾ばくもない仰木監督。
清原のために、何とか花道を作ってやりたい。
死ぬ前の貴重な2ヶ月を、清原獲得のために動いた仰木監督の熱い思い。命をかけた仰木監督の思いが清原を救った。
救った仰木監督にも、救われた清原にも涙が出た。


「清原の野球人生は、母を背負った野球人生であった」
―そのナレーションを聞いたとき、何とも言えぬ複雑な思いだった。

なぜ、ジャイアンツだったのか。
あれほど西武時代に輝いていた男が、なぜ
ああまでしてジャイアンツだったのか。

その謎が、私なりに腑に落ちていたからだ。
以下は、極めて個人的な“私の思い”である。




----------------------------------------------------
…野球狂の家庭。
その雰囲気の中で野球に開眼した清原は、野球と幸運な出逢いをしたのだろう。でも、野球にも勉強にもスパルタ特訓をする母親の姿には、オヤオヤと思って見ていた。

そして、あの不可解なドラフト劇。
このようなことがあるから、社会がおかしくなるのだ、と、当時からそう思っていた。目的のためには手段を選ばない―その風潮を社会に広める原因ともなったと思う(だから私は、ナベが嫌いだ)。

この時、母親が言った。
「私は、ジャイアンツのファンをやめる! 今日からライオンズのファンになる!」
おぉ、よく言った―そう思いつつ見ていた。




次の転機はFA宣言後、清原の獲得競争があったとき。
「タテジマをヨコにしてもいい」とまで言ってくれた阪神(オイオイ)。
一方、「来たいなら来い」と言わんばかりのタカピーな巨人。

トップの姿勢は組織の末端にまで現れるもの。
人を道具に扱うようなところに行くんじゃない。
自分を安売りするな。
おぉ、席を立って上等上等。それでいい。

…ところが、清原が帰宅し、「どっちの帽子が似合うかな」と母に問いかけたとき、母はキッパリと言った。
「あんたの夢は巨人にいくことだったでしょ!」

違うだろ!!!!!!
内心、私は叫んでいた。

あ~~~~、これかーーーーーー!
悔しかった。
この一言が運命の分かれ道だったのだ。


この後清原は、自分の居場所ではないところで地獄を見つつ、巨人にしがみつくことになる。しかし、ついには巨人を解雇され…その清原を救ったのが、「大阪に帰って来い。お前の最後の花道は俺が作ってやる」と声をかけてくれた仰木監督だった…。




-----------------------------------------------------
妻が言った。

「あんたが被ったら、どんな帽子も似合うよ。って私なら言うなぁ」

その通り!!

その一言があれば、どれほど清原は楽になっていただろう。
どちらを選ぶにせよ、彼は母親という重荷を背負わずに、自分の人生の選択として選べたたはずだ。

あぁ、しかし彼は“巨人の選手として活躍する息子”という「母親の夢」を背負ってしまった。巨人にいくのは、清原の夢ではなく母親の夢であったのだ。

西武であれだけの活躍をしながらも、何となくこのままではいけないと不安になったのも、それでは母親に認められたことにならないからかもしれない。大リーガーになる道だってあっただろうに日本にとどまったのも、巨人の選手になるという母親の夢を叶えるためかもしれない。

無理な肉体改造をしたのも、復帰したスポーツマンはいないという大手術を敢行したのも、偏に巨人で活躍するという母の夢を叶えるため。
無意識だろうけれど、その一念で、彼は自分をディスカウントし続ける組織に居続けた。

ボロボロになって居続ける理由さえ分からなくなったとき、彼は入れ墨を彫ろうとした。空虚な自分を支えようとするとき、人は何かを背負おうとする。背負っているものがある、と自分に言い聞かせることで自分を立たせようとするのだ。清原は、悔しさを入れ墨に変えてまで、自分の支えにしようとした。

清原が大切な大切な自分のバットで、穴だらけにした自宅の壁。
我に返り、神聖なる自分の相棒をそんなことに使ってしまったことに気づいたとき、彼は大きなショックを受けたことだろう。
そして、その「壁」は無言で自分の前に立ちはだかっている「母親の期待」ではなかったのか…。

その壁の穴を塞いでくれたのは、妻。
そして、塞ぐために使ったのは、子どもたちの作品。
清原の傷ついた心を救ったのは現家族であった。




引退するとき、清原は母親をおんぶした。
背中の母親に彼は言う。

「野球、やめるわ」
「ごくろうさま。ありがとう」

清原は、初めて「許可」を得た。
もう、母親を背負わなくていい。

そして彼は、
母を降ろした…。






家族カウンセリングを通して思うこと。
子は切ないまでに親を思っているということ。
子は、親の期待に添うように生きているということ。

無意識のうちに苦しい生き方をしている人を沢山見ているせいか、私の目にはそのように映ってしまった。

誰が悪いわけでもない。
しかし、切ない物語である。


私の心に映ったのは、心優しき少年の物語―




お疲れさまでした。

ゆっくりと、休んでほしい。
そして、自分を支えてくれた現家族を大切にしてほしい。

それから、ゆっくりと一息ついたら、
今度は野球を楽しんでほしい。







これからは、本当の意味で「俺は俺」であり続けることができるよ



長渕剛 「とんぼ」



私もこの歌は好きで、カラオケでもよく歌ったものだが、

「東京」の部分…“巨人”とか“親”とかに換えても

しみるね…。









天国と地獄、学びと感謝~「一卵性親子」美空ひばりの生き様
小柳ルミ子と母
ロザンナさんへ-母親は父親にならなくてよいのです
綾戸智恵―息子に救われた「愛」の物語
ジョー・オダネルを支えた二人の少年

ポリシーの男 桑田真澄








関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

清原さんのことが腑に落ちました。

中尾先生、こんにちは。

番組は拝見していませんでしたが、先生の分析で納得いきました。
「なんか楽しんでいると言うより苦しそう」に見えていたものが。

地元出身の清原選手のことは、PL学園時代から応援しています。ヒーローでもありましたから。

ただ、西武であんなに活躍して輝いていた(当時、西宮球場で実際の試合も観戦しました。)のに、巨人に入ってほんとに輝きが失われたように思いました。

あんな超ウルトラ独裁者のところに行ったのだから当然ですね。

自律していたらタイガースにも来てくれたかもしれない。
あれだけ大阪丸出しのキャラクターなんだから、きっと来てくれたような気がします。

敢えて云うなら、フィギュアのミキティにも近いものを感じ続けている今日この頃です。

背負っているスポーツマンVS自律したスポーツマン。
わたしが嘗て関わったレースのドッグファイトなら、確実に後者が勝利します。

背負うものは降ろして
イチロー選手のように「僕は持ってますね!」
と云う台詞を聴けたとき、応援しているファンは、こころから気持ちよくなれます。

仰木監督は、組織を引っ張る人としての良き見本として尊敬しています。

イチローの時も、上司として必要なことをして、本人には余計な介入はしなかった。
・鈴木一朗を「イチロー」にしたことで、当時の不人気リーグ(失礼!)の不人気球団(はたまた失礼!)で注目を集めるには最良の方法だったと思います。
そしてメディアが注目(=ファンも注目)
あとは、本人を見ればみんな納得・・と云う具合でした。
(まだ19歳のイチローに、会社が傾いていた(失礼!)日産自動車がおんぶに抱っこ・・・=大企業のお墨付きを得たことで、マリナーズ(任天堂が株主)入りにも繋がったと、勝手に思ってます。)

押し付けの教育、しつけに囚われているいわゆる「上の立場」に居る方たちには是非学んで欲しい見本です。

本人の気持ちのペースで、自由に行動することが、じつは最も近道で、成長出来る方法だと思っています。

長々と失礼しました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード