プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

第4部-3、蒔かれた事件のタネ

2009/06/01(Mon) Category : 仮面の家
第4部 予め失われた人生

■3、蒔かれた事件のタネ--------------------------------

文字というものは怖いものです。
漠然と思っていたことを左脳が文字に置きなおした時、その思いは明確化され決意に変わります。それを右脳が認識して右脳は四六時中そのゴールに向かって動き始めます。あたかもキーボードで打ち込んだ命令によってコンピューターが動き始めるように。つまり、文字に書いて決意することは、巨大なエネルギーを持った右脳を働かせるためのトリガー(引き金)なのです(←これは、私の解釈です)。

「男について」を書いた時、りょう先生は生まれてくる子までを道具にすることを宣言しました。つまり、この文章を書いた時、事件に至るタネはまかれたのです。



生まれてくる子どもは、人間である以上、思春期になればアイデンティティの模索を始めます。自分の道を歩き始めようとします。が、枠が意思を持っては困るのです。りょう先生は、自分のレールを押し付けてくるはずです。そこに大きな葛藤が巻き起こるでしょう。

りょう先生がおさえこめば子は引きこもるでしょう。あるいは、自分の感情を押さえ込んだ挙句、統合失調症などの心の病を発症するかも知れません。また、子に力があれば、家を飛び出すでしょう(どのような形で出るかはともかく)。

その一方で、子どもは親に愛されたいのです。親に見離されたくないのです。親から無条件に認めてほしい存在です。ですから、子どもは引き裂かれるようなジレンマの中に苦しむことになります。それが、心身症状や家庭内暴力、逸脱行動として表れることになります。…


いずれにせよ、我が子を自分の人生を支えるための道具にすることを決めたこの時点で、事件の種は蒔かれたのです。



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

子供の意見より、親の意見が優先されるという家庭に育ちました。
 「こうしなさい」と進路などを決める父。その基準は、親戚にウケがいいかどうか・世間体が恥ずかしくないかどうかでした。
 母はそれを常に全面的に支持。
 父の教えに従うように教育されて育った様なものです。
 兄は、統合失調症になってしまいました。
 どんどん壊れていく兄(適切な表現でないかもしれません)を見るのが辛くて、結婚して家を出た時は心底ホッとしました。
 私は兄から逃れることができたと思っていた。
 両親と離れるつもりは、当時全く無かったのです。
 でも結果的に・・・両親から逃れることができていました。
 実家の家族関係がおかしかったということに、離れて初めて気づくことができました。
 今は、実家や兄の事を考えると、やりきれない気持ちになります。  

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード