プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

秋葉原事件より1年~毎日新聞「特集ワイド」に記事が出ます

2009/06/05(Fri) Category : 少年犯罪・家族事件簿
先日、毎日新聞より取材を受けました。
秋葉原通り魔事件(2008年6月8日)より1年。その後も異様な事件が続き、先月21日にも中央大教授刺殺事件が起きたばかり。

そこで、
1,何が若者を追い詰め
2,なぜその恨みが社会に転化するのか

ということについてインタビューがありました。長時間にわたりお話しさせていただきましたが、記事にまとめるのはさぞ大変だと思います。

その難しさは次の2つ。
1,これまで犯罪者の背景にいる親は問題にされてこなかったこと
2,世代間連鎖の問題は、まだ社会的に認知されておらず、書き方によっては「すべて親が悪い」とだけとらえられてしまうこと


私のブログを読まれていらっしゃる方も、長期にわたって読まれる中で連鎖の問題などを理解されていかれると思いますし、面談カウンセリングでも気持ちを吐き出しつつですから、5~10時間にわたるカウンセリングの中で気づかれていくわけです。講演なども4時間はほしいというのは、きちんと理解するのにそれだけ必要だからです。
(人生を大きく変える気づきになるわけですから、そう長い時間ではないでしょう?)

というわけで、新聞紙面でお伝えするには限界があると思いますが、楽しみです。掲載は、秋葉原事件が起きた日―来る6月8日(月)の毎日新聞夕刊「特集ワイド」に掲載されます。乞うご期待!



------------------------------------------------------
【ご参考】
加藤智大容疑者の心の闇
「秋葉原通り魔 弟の告白」(前編)
「秋葉原通り魔 弟の告白」(後編)


【追記】
・毎日JP 特集ワイド:秋葉原事件1年 「恨み」が刃を向ける時

関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

弟さん、自殺されてたんですね。
悲しい一家です。

 

2,世代間連鎖の問題は、まだ社会的に認知されておらず、書き方によっては「すべて親が悪い」とだけとらえられてしまうこと

これ、なんか分かります。

以前、世代連鎖・ACのことなどを、とあるカウンセラーの方に相談したことがありました。
 すると、それ以外の相談には回答があったのですが、世代連鎖・ACの部分だけ無視されてしまったのです。

 ただ一言、「あなたはその考え方を一番の味方にしているようですね」
 と嫌味(私には、そうとれました)をチクリ。
 臨床心理士の資格を持ち、スクールカウンセラーもされている方だったので、ショックでした。

 カウンセラーの方でさえ、そういう場合があるのですから。一般の人に誤解無く伝えるのは、本当に難しいことと思います。

 なので、新聞に記事が掲載されることを嬉しく思います。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード