プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

第7部-2、代替パーツの用意

2009/06/24(Wed) Category : 仮面の家
第7部 完結した人生脚本

■2、代替パーツの用意-----------------------------------

その後間もなく祖父が亡くなります。
『祖父の死をきっかけに長男は立ち直ってくれるのではないかと両親は期待したが、荒れ方はいっそう激しくなって』いきます。

ついに両親は大学に行かない次男ではなく、三男に全てを託すことに決めます。今住んでいる家を売り払い、そのお金を長男と次男にあげて、両親と高校生の三男は四国か九州に引っ越すという計画を立て、それを長男と次男に言い渡しました。“親のせい”にできなくなるようにし、“自立を強制的にさせる”ためというのが両親の考えた策でした。

りょう先生は自分を支える枠のパーツを長男から三男に変えたのです。これで、長男がどうなろうが、自分の枠を支える代替パーツは用意されたのです。

独立するつもりでいた次男に抵抗はありませんでしたが、長男にとって承服できる話ではなかったと思います。生まれてこの方、さんざん「同化政策」を押し付けられながら、同化できなかったとして一方的に切り捨てられるわけですから。

(*ところで、「同化政策」―戦時中日本人も他民族にしましたね。不安の強い、弱い人間がこのようなことをすることがよくわかると思います)


諒君は、この世に生まれてきながら、一度たりとも人として受け入れてもらえないままに切り捨てられようとしているのです。このあまりにも身勝手な仕打ちを承伏できるでしょうか。これをきっかけに、『五月末頃から兄は手をつけられない状態になって』いきます。当然のことでした。



-----------------------------------------------------
しかし、一方で、諒君はすぐにアルバイトを始めています。高級焼き肉レストランの深夜のウエイターでした。店長は次のように言っています。

『勤務状態は、明るく、まじめで、一生懸命やっておりました。(略)お客が店にいなくなると“今日一日終わったあ”“やったあ”などと言って、はしゃいでいたと聞いています。ふだんでもいやな顔ひとつせず、話しかけると、いつもニコニコしていて明るく答えておりました。音楽が好きで、歌が上手でした』

家庭内では、手がつけられない状況になっていき、
家庭外では、これほどに社交的です。
このギャップの激しさ…。ここにすべて現れているように思います。

家庭内で諒君はディスカウントされています(人扱いされていません)から、怒るのは当たり前です。
家庭外で諒君は人として認められていますから、明るいのも当然です。

両親に対しては怒りというフィードバックを返し、
店長に対してはニコニコというフィードバックを返しています。

つまり、自分の扱われ方に対して真っ当なフィードバックをそれぞれ返しているのです。その返されたフィードバックを見て態度を改めなければならないのは、むしろ両親の方だったのです。



関連記事
 
Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

「悪いのは全部お前だ」。

人への態度は、その人への「フィードバック」である、ということ。
全く知らない概念でした。

怒られるのは私が至らないからだろう、と思い、自分に鞭打って生きてきたこれまでの人生が悲しい。

親を信じていた。私の幸せを願い、そのための行動をとってくれる人たちだ、と。
その親が言うんだから、きっとそうなんだろう、と。

「悪いのはお前であって、だから私たちは悪くない」。

薄い。何という薄さ。論理も何も無い。

彼らは「それだけ」だ。「起」も「結」もない。ただそのポジションに居続けることしか考えない。
だから彼らのフィードバックを信じ続けたら壊れてしまう。

さらに、壊れた私にまた彼らは言える。

「悪いのはお前であって、だから私たちは悪くない」。

 

息子とはいえ、他者を計るなんて…
しかも弟を選んだなんて、子供は道具じゃない。


私も似たような境遇だと感じているので、子どもを作るとこんなのになってしまうのでしょう。と考えてしまいます。

親としてあるまじき行為。一人でいてほしいものです。

 

あんぐり・・・

祖父の死をきっかけに立ち直るかもと期待?!
はぁ?
おじいさんの死が一体何の解決になったというの?
根本的な問題が何も解決していないのに、むしろどんどん酷くなっていっているのに。
どう考えたって立ち直るわけないでしょう・・・。

「家族の死」という逃れられない運命を目の当たりにして、りょう君が目を覚ますとでも思ったんでしょうかね。

私の両親とそっくり同じ思考回路なので、呆れて口があんぐり開いてしまいました・・・。


浅はか過ぎて悲しい。

 

秋葉原の事件にこのblogを知り、拝見させて頂いております。

 

外でいくら良い子ぶっても
中でこんなんじゃ意味がない

キレて物を投げて
親に死ねとか言って
それがあんたの本性なんや

近所の人だってみんな外に出て
あんたが暴れるの聞いてるわ
学校の先生だって友達だって
すぐにこんなん伝わるわ

みんないなくなるから

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード