プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

NHK「虐待の傷は癒えるのか」を見て

2009/07/04(Sat) Category : 虐待
NHK「追跡!AtoZ」で「虐待の傷は癒えるのか」を見た。
玉井邦夫大正大学教授が被虐待児の心身を大ざっぱに言うと次のように説明されていた。

感覚、感情、思考が一体となって自己一致する。
たとえば、親から叩かれたりしたときに、感覚「痛い」、感情「悲しい」、思考「なぜ?」が一致したときに納得がいく(…でもね、叩く必要はありません)。

が、叩かれた理由に納得できなければ、悲しいほかに「理不尽」「悔しい」という怒りが湧く。

さらに、理由もわからず体罰を受け続けるとき、感覚、感情、思考を統合できなくなる。そのあり方はいろいろとあるが、その一つのパターンは例えば次のようなもの。
→理由なく痛みを感じ続けるのも嫌なので、痛みに鈍感になる。叩かれる度に悲しみや悔しさを味わっていると身が持たないので、感情も封印する。「なぜ?」を考えるのをやめる。

が、ディスカウントされた怒りは「心のコップ」に蓄積されている。その怒りは常に出るチャンスをうかがっているので、何らかのきっかけでキレる。



--------------------------------------------------------
カメラは全国に33カ所ある情緒障害児短期治療施設のうち、長崎の大村椿の森学園に入っていたが、誤って手が触れただけで怒り狂う女の子や、自分担当のスタッフが食堂で他の子と座っているのを見ただけでキレまくる子など、どれだけディスカウントされてきたのかが思いやられて痛ましい…。

これはひどいと思ったのは、小学児童の母親。
子を引き取るために来園し、久しぶりに会ったというナレーションの後すぐの母子の会話を聞いて、これじゃあ“支配者と使用人”じゃないか、と思った。これで、この母親の元へ返すのか?

そして、数ヶ月して来園し母子面談の後、帰るときの母の子への相変わらずの命令口調。あぁ、支配者と使用人じゃない、“犬のしつけ”だと思った。
この女は(←失礼、もはや“母親”ではない)、人を育てることを犬のしつけと同じに考えている。これを見て、この子をそのままこの親と帰らせるのか?

この女性、インタビューに答えて曰く。
外で暴れていると聞くけれど、家ではおとなしく大声も出さないという。当たり前だ。家の中で人扱いされない怒りを外で吐き出しているのだ。

この内外のギャップをスタッフに指摘されながらも、児童相談所が乗り込んできたときに、なぜ来るのかわからなかったし、今も自分のどこが悪いのかわからないと言う。
今は問題を感じていないし、将来怖いとすれば家庭内暴力の問題だけ。だから、親はいつも上だということを思い知らせておく必要があるという。……二の句が継げない。

この女性の心の闇もまた深い。



--------------------------------------------------------
このような施設は、子どもの心の治療にだけ焦点を当てている。
仮に何とかトラウマを克服して帰ったとしても、肝腎の家が変わっていないので、元の木阿弥なのである。

腐った土壌から芽吹いた植物。しかし土壌が悪いので曲がって育ち、そこで違う土壌に移し替えて何とかまっすぐに育て直したのに、また元の土壌に返しますか?

考えればシンプルなことだ。
子どもがおかしくなったのは、親がおかしいからだ。子どもを治療しても、親が治療されていなければ、また同じ目に遭うだけなのだ。
「親子関係の修復」などと曖昧な表現を使っているから、実体が見えなくなる。親が治療されなければ修復はありえない。親の治療と子の治療をそれぞれ行い、治療を受けた親子が一緒になって、はじめて修復がなされるのだ。

このような施設には、是非家族相談士を配置してほしい。子を施設で預かり治療する間、家族相談士は親のカウンセリングに当たる。そういう態勢を是非とってほしいと願う。



--------------------------------------------------------
「児童虐待に関する相談件数は増加の一途をたどり、児童虐待問題は社会全体で早急に解決すべき重要な課題だ」【2009年版「青少年の現状と施策」(青少年白書)】(7/3内閣府発表)というのなら、予算を割け。

然るべき対策をとるために実態を把握するわけだろう。単なる発表のためだけに調査しているわけではないだろう。対策をとるということは即ち、そのために行動できる人を配置するということだ。人件費コストをかけるということだ。そのために税金が使われることを嫌がる人間はいない。

会社、学校、病院、家庭……もはや、ハコの中身はガタガタである。
児童虐待相談数が4万件突破、自殺者10年間3万人超のディスカウント大国日本。心を亡くし、身を滅ぼし、国の宝である子も失っている。にもかかわらず、亡国の道をひた走っている。

117億円かけて「アニメの殿堂」を建設するくらいなら、アニメーターの超低給与を上げるとか、このような心の問題に対応できる体制及び人を増やすなど、国としていくらでもやるべき事があるだろう自民党!!!



関連記事
 
Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 


>情緒障害…病院でカウンセリングを受けていた時、カウンセラーに言われた言葉です。

>自分に関係の無い、他人事みたいに聴いていたけど、その時よりはその意味が理解できる気がします。

>「親はいつも上だということを、思い知らせる必要がある。」

>忘れていたけど、幼い頃、父がしょっちゅう口にしていた言葉です。

>そういえば、母も言ってましたね。


 

>“犬のしつけ”

>今は問題を感じていないし、将来怖いとすれば家庭内暴力の問題だけ。だから、親はいつも上だということを思い知らせておく必要があるという。

 あ。うちの父と、同じ考え方だ。
そう思いました。
 
 でも、それに私が大きく疑問を持ってなかった事にもビックリです。
 それが、普通なのかな。そういうものなのかな?くらいに思っていたから…
 
 父の言葉を疑わずに生きてきたので、どんどんひっくり返る価値観に目の鱗が落ちる想いです。
 
 その後に残る「なんてことをしてくれたんだ!」という怒りの気持ちと共に…
 

 

はじめまして

私もテレビ見ました
自分もまだ母親になって1年なので毎日試行錯誤ですが親になって一番感じたのが『親が子供を思う気持ち』はたしかに底なしだなって思います。でもそれ以上に『子供が親を求める気持ち』ってすごいんだなってことです。あの小さな体全身で求めてこられると多少イライラしててもいとおしくなります
だからテレビでハヤト君が『親が好き』『もっと親を大事にしたい』って言ってるのを聞いて泣けてしょうがなかったです

親になる前は自分の子供が被害者になったら・・としか考えることがなかったのに特に息子の産まれた年は通り魔てきな事件が多く私の間違った愛情で加害者になってしまう可能性があると思うと一人の人間の人格形成に深くかかわっている責任を感じるようになりました
私にできることは毎日毎日むぎゅーって抱きしめるだけなんですけど(たまに拒否されます(笑))

これからも先生のブログ参考にさせていただきます
いつもありがとうございます

 

専制君主からの配給ビール

「真空の時間」(08年12月)「事件は家庭で起きている?」(09年1月)、「高齢の親による子殺し」などのタイトルで投稿した者です。

60数年前の戦中・戦後を生き抜いた今の70代から80代の高齢者は、想像以上にタフで強烈なパワーを持っています。それは若い核家族だけの家庭には想像もつかないくらいの一種の凄味があります。だからこそ、敗戦国だった日本が一気に高度成長期に突入できたのかもしれませんが。


我が家ではモラ母の意向で近年、夕食の晩酌タイムが午後15時台に繰り上がりました。私は休肝日を作らなければまずいし、夕方早くから飲酒する習慣がつくとイヤなので、時々拒否するのですが…その時間に缶ビールを呑まないと、モラ母がキレてロボット父や私に喚き散らします。

「せっかく買ってきてやったのに要らないとは、何様のつもりだ!!」
「呑んで、せいぜい憂さを晴らしたらいいだろ!!」

これは78才になる高齢者(モラ母)のお言葉です…
それにしても、我が家はなんと不可解な家庭でしょうか?

モラ母が怒り狂っているのは、きっと家族の《餌付け》スケジュールに狂いが生じたからなのだと思います。私は半強制的にアルコール中毒への道をたどらされているような…それで親から「アル中娘」として撲殺されたら、ホントいい面の皮ですよね。

世間からは「娘さん、アル中だったっていうじゃない。親御さんも悩んでいたのよ。仕方がないわよ」で話が済んでしまうのかな? 理不尽だ。

 

先日も

86歳の母親が58歳の息子を殺害したというニュースがありました。
仕事が続かず、アルコール依存症で、母親に乱暴な口を聞くことがあり、その老母は「悩みを一人で抱え込んでいた」「息子が心配で心配でしょうがなかった」「自分さえしっかりすればよいと黙々と働いていた」などと、さも母親が最大の被害者であるかのような報道でした。
息子はアルコール依存から病気になり、杖をついて歩くほどでしたが「飲まずにいられないんだ」と周囲にもらしていたそうです。
母親は息子が『布団に横になってテレビを見ているところ』をひもで首を絞めて殺害したそうです。

なんという『枠』のおそろしさ…身の毛がよだつ思いでした。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード