プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

第8部-5、問われる裁判の役割

2009/07/06(Mon) Category : 仮面の家
第8部 愛情飢餓連鎖を断つために

■5、問われる裁判の役割--------------------------------

「仮面の家」のストーリーを読まれて、どうお感じになったでしょうか。

りょう先生夫妻は一貫しています。
枠に徹しきった両親が“人”を追い出すか殺すかに至るのは、必然の帰結でした。言ってしまえば、諒君を生んで殺害に至るまで一貫しているのです。

一方の諒君はのたうち回っています。
それも、なぜ自分がこんなに生きるのが苦しいのか、その理由もわからずにのたうち回っているのです。

近所の人は、その苦しさのあまりの暴言やモノを破壊する音を聞いているでしょう。だから、真面目な先生と良妻賢母と評判の高い母親への同情が集まります。そこに長男の心情などわからない弟や、外で負けるわけにはいかない諒君を「自信家だった」と証する友人の証言が加わります。

すると、次のような判決が出ます。
『長男の立ち直りは極めて難しく、それまでの親の接し方にも間違いはなかった。長男の精神荒廃が極限の状態では、家庭が崩壊させられるか、長男を殺害するかしかの選択しかなかった』(浦和地裁)

まるで両親の言い分をそのまま追承認しただけのような陳腐な判決です。



-----------------------------------------------------
二審の東京高裁では、父親は『社会経験が豊富で物事を冷静に判断できる立場にあった』『「家庭内暴力が始まってから事件まで1年もたっておらず家族への危害はなかった。社会への適応能力もあり、治癒可能性は十分にあった」と延べ、刑事責任の大半を父親が負うべきだと結論付けた』。

が、この二審とても、父親がまともで、子が病気だったという観点に立っており、だからこそ父親に責任を押し付けているわけです。この判断基準でいけば、子が社会適応できないくらいに苦しみ、家庭内暴力が続いていれば親に対する温情判決が出るということです。


このシリーズを読まれた皆様は一体どのように思われるでしょうか。
父親がまともで、諒君は家庭が崩壊させられるほどに精神荒廃が極限、あるいは病気だったでしょうか。そして、責任は父親のみでしょうか。

いずれの判決も真相を明らかにはしていません。
両親や諒君の言動に現れている深層心理を丁寧に分析していかない限り、当人でさえわかっていない真実に到達することはできないのです。

そして、真実に到達できない限り、社会はこの事件から学ぶことができず、結局人間社会は心の進歩がないままに同じ悲劇を繰り返し続けることになります。

裁判の役割とは、一体なんでしょうか?




-----------------------------------------------------
いずれも真相を明らかにはしていない判決。
にもかかわらず、判決というのは一人歩きしてしまいます。

一審が通ってしまえば、家族内で事件が起きたとき、親が目に見える暴力でも振るっていない限り、子は圧倒的に不利な立場に立たされ続けることになるでしょう。二審においてさえも、親の正常性を前提にした判決ですから、先に見たとおり、子が社会不適応なくらいに荒れていた場合は、親に対する温情判決が出るでしょう。

いずれの判決も、私から見ると「ガリレオの宗教裁判」と同じなのです。(第6部-3、親が正当化される背景


このように、判決というのは社会通念を前提として判決が出されますし、またなされた判決が社会の考え方に方向性を与えてしまうのです。

例えば、この7月2日にも、86歳の母親がアルコール依存症の息子(58)の首を絞めて殺したという事件がありました(京都府綾部市)。居間でテレビを見ていた無職高雄守さんの首を、ひものようなもので絞め殺した母親は、親類に対し「息子の将来を悲観して、思い余ってやった」と話しているそうです。

いろいろな実体に接してきた私には、この記事だけで様々なことが想起されますが、この裁判に果たしてどのような判決が下されるのでしょうか。また、裁判員はどのように判断するのでしょうか。

そして、その判決もまた、一つの判例として社会に影響を与えていくのです。



-----------------------------------------------------
子が荒れれば荒れた子が悪い。子が親に殺されても、殺される理由のある子が悪い…。子のせいにしてしまえば、親は責任を逃れられます。親が責任を逃れられるのなら、私たちも他人事として傍観していられます。

が、親の責任も問われるとすれば、私たちも傍観していられません。
なぜそうなってしまったのか、我が家は大丈夫か、と自分たちの姿を見直さなければなりません。

それは、夫婦のあり方や家族のあり方を問い直すことになり、一人ひとりの生き方を問い直すところに行き着くでしょう。そうやって深く気づいていけば、何より気持ちが大事であること、モノや効率はむしろ気持ちを疎外するものであることに気づき、働き方もお金に対する価値観も変わってくるでしょう。何より、幸せとは何かという価値観が劇的に変わるでしょう。

そして、GDP(国内総生産量)を目指すことの無意味さ及び弊害に気づき、GNH(国民総幸福量)という目標に変わるでしょう。目指す目標が変われば、自由競争の価値観や市場主義、拝金主義、資本主義の文明のあり方まで変わっていくのです。

つまり、「子は親の鏡」「親の背中を見て子は育つ」「若者は社会の鏡」「人は自分の鏡」「現象はサイン」……このような見方が一般化すれば、自ずと社会は背筋の伸びたまっとうな社会へと変化していくでしょう。

それは、あるがままの自分で生きられ、楽しんで個性を発揮し、気持ちで人とつながることのできるワクワクする社会です。



-----------------------------------------------------
かつて社会に生きていた「子は親の鏡」という昔ながらの知恵が廃れ、一国の首相までが「自己責任」という無責任なことを臆面もなく口にするほどにこの国が堕落してしまったのも、偏に現代文明のあり方がおかしいからです。トップから末端までが、このおかしなあり方に踊らされています。

裁判所もまた同じ。すべての機関は、その社会システムを維持するために機能しています。私たちの思考がIP(インナーペアレンツ)に支配されているように、社会の仕組みも、置かれる機関も、パラダイム(時代の枠組み)に支配されています。

しかし、ソ連及び米国の相次ぐ崩壊によって、所有という文明のあり方(私有=資本主義、共有=共産主義→いずれも、「所有」という概念に立つ上で同じ穴の狢です)が、もう行き詰まっていることが明らかになってきました。銀行や企業が国営化される原状は、私有だの共有だのいっていられない混沌ぶりを示していますが、要は、子を天からの授かり物ではなく自分の所有物とまで見なすに至った所有文明がどん詰まりに来ているのです。
家族カウンセリング的に見た日本5-田口ランディさんの兄


その上、今やこの文明のあり方は地球自体を追いつめるところにまで来ていることが、気候変動という形で誰の目にも明らかになりつつあります。天動説が地動説に変わったようなパラダイム大転換の時が近づいているように思います。
巡る因果:カトリーナと14号
アグロフォレストリーがアマゾンを救う




-----------------------------------------------------
しかし、まだほとんどの人々は、りょう先生夫妻が脳内現実の虚構の中で生きたように、所有文明という虚構の中で生きています。そして、自由競争という価値に踊らされ、その価値観の元、子どもの尻を引っぱたいています。(4日に書いた記事―ピンク・フロイドの「Another Brick in the Wall」に見事に表されていましたね)

だからこそ、今この社会のレールからドロップアウトしている人達、苦しまれている人達、今の家族や地域や社会を呪う人達が、新たな社会の担い手になる可能性があるのです。不登校、引きこもり、ニート、非正社員の方々が新たなコミュニティを創り上げるコアとなっていくでしょう。

戦争によって強く存在不安を植え付けられた第一世代は、その不安を見たくないが故に欠乏欲求の所有文明を後押ししました。そして、時間と空間を分断し埋め尽くし、その心を亡くしたハコの中で育った第三世代が苦しんでいます。第二世代は、支配しようとする第一世代と苦しむ第三世代の間に立って右往左往しています。

これから、第一世代が急速に影響力を失っていく向こう10年の間、社会は混乱の中にぶち込まれるでしょう。その時に支えとなるのは、自分自身を取り戻した人達です。自分を取り戻すためには、自分自身と闘わなければなりません。そして、自分の中で上の世代(インナーペアレンツ)の支配を断ち切らなければなりません。

これはとても苦しい闘いです。半端な覚悟ではできません。
ですから、人は自分と闘うことから逃げ続けます。今苦しまれている人は、自分から逃げることができないところに追いつめられた人々です。だから自分を救うために、上の世代を断ち切る決意ができるのです。

そこを闘い抜いた人達が、これからの時代を築いていきます。


だから、生き抜いてください。





-----------------------------------------------------
それました。

裁判の意義が問われています。
裁判が、単に犯人を特定し、量刑を定めるためのものであれば、社会システムにいいように使われていくでしょう。そういう姿勢の中で、事件を主義主張の道具にしたり、冤罪事件が起こったりするのです。

「光市母子殺害事件」(4)-「人」を「道具」にしてはいけない
足利事件―虚偽自白だれにも起きる監獄社会



裁判は何よりも、なぜ事件が起こったのか、その心理を解き明かし、もって再びそのようなことが起こらない社会を作っていくためのものでなければなりません。

『どうすれば犯罪の被害者も加害者も生まない社会を作るのか、どうすればこういう死刑という残虐な、残酷な判決を下さない社会ができるのかを考える契機にならなければ、私の妻と娘も、そして被告人も犬死だと思っています』 ―これは、「光市母子殺害事件」の原告、本村洋さんの言葉です。
光市母子殺害事件死刑判決に思う


『結局、加害者がなぜそうしてしまったのか、そこが加害者自身にも本当に分からない限り、反省は生まれない。 自分のやったことの意味が分からずに、反省のしようもないからだ。そして、加害者が自分のやったことの意味が分からない限り、被害者は本村氏が言うとおり「犬死に」になってしまう』のです。
加害者心理が分からなければ被害者は人生を再スタートできない



そのためには、なによりも裁判という場が真実を追究する場でなければなりません。そういう観点から、裁判のあり方そのものを問い直すべき時に来ていると思います。

この本質的議論をしないままに、安易に裁判員制度を実施することは、とても危険なことなのです。













★おわりに----------------------------------------------


『「仮面の家」の裁判員できますか?』
1ヶ月半の長きにわたってお読みいただき、まことにありがとうございました。

最後は、文明のあり方の転換にまでなってきておやおやと思われた方もいらっしゃるでしょう。

でも、ね。私が組織改革を始めたときも、1人で「おはよう」と挨拶に立つことからでした。それが、3年後には1000人が動く改革になっていったのです。

1人と信頼を結ぶことができれば7人が動きます。すると、その7人それぞれの周囲の7人(計49人)が動きます。さらにその周囲の7人が動き(計343人)…という具合に幾何級数的に増えていくのです。
大切なことは、最初の7人にしっかりとポリシーを内在化していくことです。

組織風土の改革よりも難しい家族風土の改革。これも、母親が変わることにより、子が、夫が変わっていく様を、私は見ています。
また、その変化に触発されて周囲の人が変わろうとするのも見ています。一人が変わることで、周囲が変わるのです。皆さん一人ひとりが、実は物凄いパワーを持っているのです。

私は常に現場に立っています。
そして、現場を見続けています。
そこで、人の持つエネルギーの凄さを実感しています。

だから、あきらめていません。
何しろ、「あきらめの壁をぶち破った人々」を書いた本人ですから、あきらめるわけにはいきません(^^)。


「あきらめたらそこで終わりです」【スラムダンク】

「しかたかなくなんかない!」【最終兵器彼女】

「あなた達の生きる未来を!! 私達が諦めるわけにはいかないっ!!」 【ワンピース】



だから、今苦しまれている方も、あきらめないで。

そして、

誰のものでもない自分と

誰のものでもない地球を

取り戻しましょう。










Cocco The hill of Dugongs「ジュゴンの見える丘」




2匹のジュゴンは、絶滅しかけていた「心」

きれいなだけで空虚な海に心が戻ったように、

きれいなだけで空虚な街にも、心を戻しましょう。



そして、

正しいやさしさが満ちあふれる社会に―






関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

アブラハムの宗教のキリスト教は人口の1%ですが外務省宮内庁最高裁裁判官等の多数派です。歴代最高裁長官の半数も信者で、戦前の大審院時代からそうだったのは、 「神学のキリスト教」と呼ばれた日本のキリスト教の信者が行う裁判で、 民をオホミタカラとする天皇の臣民を、計画的に残虐に

被害者の命乞も冷酷に無視して執拗に犯行を継続して殺害した被告人が、
「自分もアブラハムの立場だったら迷うことなく息子を神に差し出すだろう。男というものは義のためには我が子を犠牲にしなければならないこともある」とする信条の持ち主である事により、
有利な扱いを受ける事等有り得なかったからです。

1986年日本基督教団は、大東亜戦争中に再臨ハルマゲドンを切望しハルマゲドンの戦争への参加を呼び掛ける政治運動を行う団体(ハルマゲドンの戦争への参戦とイスラエルへの武器援助を呼び掛けるビラ配り)を治安維持法違反容疑で取り締まったホーリネス事件で当局を支持した事を謝罪します。
異教徒隣人の大量虐殺を望む者達の信仰も、同じ神を信じているという理由で正しいとする信仰義認を認めた訳で、日本のプロテスタント系キリスト教は根本主義の誤りと暴走を咎める手だてを失います。神学の崩壊です。これを支持した米の神学も崩壊です。

同じ神を信じぬ国民が大量虐殺される時期を早める事を望む者の結社や団体行動の取締りを戦時でも許せないとした訳で、国の最高絶対の目的を国民の福利とすることを命じる、人類普遍の憲法の原理の真っ向否定でもあります。

前憲法で「万世一系」の美称で形容されている天皇を国と国民統合の象徴とすることを総意とする日本人とその国家を根本主義は敵視します。強く敵視する者の方が信仰が強く、信仰の弱い者を指導すると言う主張もまかり通ります。
一世は30年、万世は30万年。万世一系達成迄再臨とハルマゲドン戦争を29万8千年程待ってくれればいいんですが。

一刻も早い世界の滅亡とキリストの千年王国の到来を強く望み、神学を無視した聖書の拾い読みに基づく主張を繰り広げる根本主義では、
これらは、切望する終末が近づいた事を告げる善き知らせで有り得、横行させる事により、神の国を引き寄せる事が出来る、望ましい行為で有り得ます。

マタイによる福音書10章21 兄弟は兄弟を死に渡し、父は子を死に渡し、子どもたちは両親に立ち逆らって、彼らを死なせます。
24章8国は国に民は民に対して立ち上がるだろう。
マルコ13章12また兄弟は兄弟を死に渡し、父は子を死に渡し、子は両親に逆らって立ち、彼らを死に至らせます。
ルカ21章16、17しかしあなたがたは、両親、兄弟、親族、友人たちにまで裏切られます。中には殺される者もあり、わたしの名のために、みなの者に憎まれます。

 

ありがとうございました

>1ヶ月半の長きにわたってお読みいただき、まことにありがとうございました。

こちらこそ、この連載を日々心待ちにし、読ませていただき、私の思いや言い分を更に詳細に分析・整理することができました。
私の思いを代弁し、仇をとってもらったような気持ちでもいます。

>枠に徹しきった両親が“人”を追い出すか殺すかに至るのは、必然の帰結

私は両親のみならず、就職先やプライベートの人間関係でも自分が気付くまで、全てこういう人の姿形をした心なき卑怯なロボット(やっている本人はロボットだから卑怯とか恥の意味がわからない。)に囲まれて多大な理不尽や暴力を受けて生きてきました。

魂の殺人は、それこそ相手が枠の中で生きているのだから常時行われている状態だった。自分は被害者なのに誰もこの理不尽な魂の殺人を理解せず、私が加害者として責められるばかり、戦いの人生、理不尽の連続だった。

潜在意識にがっちり根付いた自分も他人も受け入れられない思いやフラバに今も苦しみ続けている。この思いを生きている間に片付けられるのかが私の今回の人生の課題なんでしょう。荷が重いです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・フォト蔵の不具合により、アルバム及びブログ内写真が見られない場合がありますが、その際は復旧までお待ちください。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード