プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

心を取り戻せ

2009/07/08(Wed) Category : TV.本.漫画
【ワンピース第48巻「オーズの冒険」より】

穏やかなチョッパーがドクトル・ホグバックに怒る!

「一緒に生まれて育った“心”はもう死んでいるのに、体だけは人の言いなりに動かされるって、一体何だ!!?」

「動いたらそれでいいのか」

「人間ならもっと自由だ!!!」

「お前が一番人間扱いしてないんじゃないか!!!!」




ドクトル・ホグバックは言う。

「主人に服従することのみが貴様らゾンビの存在意義だ!!!」

「一体誰のお陰だと思ってんだ!!?」




チョッパーが叫ぶ。

「腐ってんのはゾンビよりお前らの頭の中だ!!!」







ドクトル・ホグバックと彼が生み出した子ども(ゾンビ)たち。
まるで、りょう先生と諒君を見ているようです。

そして、それは現在の悩める多くの親と子の関係でもあります。
また、会社のパワハラ上司と部下の関係でもあります。


さらに、私たち一人ひとりも、気持ちで動かずに、ドライバーや禁止令によって動かされていることが多いのです。体がIP(インナーペアレンツ)の言いなりに動かされています。IPに支配されている私たちの頭の中も、相当に腐っています。

そして、

自分の気持ちで動けなければ、怒りと恨みの塊になっていきます。
そう、シンドリーのように。

そのシンドリーが、
自分の“心”に目覚め、初めて流した涙。
自分の“心”で、初めて動いたときの笑顔。




心を取り戻せば、誰もが自由な人間に戻れるのです。

ほぼ、ゾンビ化しつつある人でさえ。



アトサキうるさく言うのはIP(インナーペアレンツ)

キモチのままに行動することが、あなたの夜明け

自分を信じて、檻から出よう!







Folder5 「Believe」


夜明けを呼び覚ますような燃えるキモチ

アトサキなんて今は知らない

退屈な時間よりも

ドラマティック 手に入れるまで Belive In Wonderland!







関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード