プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

色と心理―心が閉じる部屋と心を解き放つ部屋

2009/07/21(Tue) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

ここのところ自我形成と部屋の関係を書いており、自宅内外での「心の居場所」の見つけ方を書いてきたが、例えば部屋を持つことができたからといって安心はできない。
先ずは、部屋にどんな「色」が多いのか、から……。


【色】-----------------------------------------------

赤色の部屋にはいると体温が上がり、
青色の部屋にはいると体温が下がることが知られている。

それを目隠しで実験したところ、色が見えないにもかかわらず
裸の上半身に取り付けられたサーモグラフィは、赤色の部屋で体温が上がり、青色の部屋では体温が下がることを実証した。

つまり、人は目以外で色を感じていると言うことだ。

----------------------------------------------------
もとより、色は波動である。
色の違いは波長の違いだ。

赤はゆった~りとした長波長。
青は小刻みに揺れる短波長。

赤橙黄緑青藍紫
虹の七色は長波長から短波長へと並んでいる

その波動の違いを、人は身体全体で感じているのだろう。
ということは、人は色から大きな影響を無意識のうちに受けているということだ。



----------------------------------------------------
人体にも虹色に対応した7つのエネルギーセンター(チャクラ)があるという。
第1チャクラ:赤 基底部 (肛門部)
第2チャクラ:橙 仙骨 (性器部)
第3チャクラ:黄 太陽神経(腹部)
第4チャクラ:緑 心臓 (胸部)
第5チャクラ:青 喉 (咽頭部)
第6チャクラ:藍 第三の目(眉間)
第7チャクラ:紫 頭頂部 (松果体・脳) 

簡単に言えば、下半身は赤。
お腹は黄色で、胸は緑。
そして、首から上はクールな青系だ。
「頭寒足熱」だね。

以上のことを総合すると、例えば青色の部屋に入ると体温が下がり、思考が強化されることが分かる。



----------------------------------------------------
また、エニアグラムというのがある。エニアは9を表すギリシャ語。グラムは、エゴグラムのグラムと同じく図を意味する。
大きくは「思考」「感情」「本能」の3くくりになっている。
日本的にいえば「知」「情」「意」。

これに上記のチャクラを当てつければ、次のようになるかな。
頭-知(思考) 青藍紫
胸-情(感情) 緑
腹-意(本能) 赤橙黄

つまり、感情や直感などを強化するには暖色系がいいのだろう。
さて、色彩心理学を知らずとも、人は本能的にどういう色を用いれば情動を抑えることができるのか知っているかのようだ。家族カウンセリングで出くわした事例を挙げてみたい。





●1,IPに支配されている人は「青」が多い

母親が娘を自律させたくない場合の常套手段の一つに女性性を奪うことがある。女の子が女性性に目覚めることは自律へ導く道でもあるからだ。
だから、ショートカットや男の子のような髪型にしたり、ハーフパンツやズボンやGパンを押し付けたり、ださい服や可愛くない服を押し付けたり、男の子との交友を嫌悪したり嫌みを言ったり…まぁ、細かくあげれば際限なくいろいろなことをするが、色に関していえば「青」を押し付けることが多い。

「あなたは青が好きよね」って、誰が人の嗜好まで決めてくれてんだ!と怒りたくなるが、最初から決めつけで迫られている子どもは“あぁそうか”と、なすがままに刷り込まれていく。気づいたときには、自分で選んだ部屋の中のものがほとんど青で占められていたりする。

特に、部屋の基盤となる絨毯やカーテン、自分が向き合う机や椅子、テーブルや座布団、自分を包む衣服や布団が青となると、これはもう全身がIPにくるまれているようなもの。
目に入るメッセージ及び肌が感じる波動のすべてが「クールダウンせよ」というIP(思考)優位の環境を作っているから、このような部屋にいれば思考がやたらグルグルと回って、IC(インナーチャイルド)が出てこない。




●2,感情を封じ込める「黒」

思考(IP)で感情(IC)を抑え込もうとしているときは青だが、さらに心のコップがパンパンになって、もうこれ以上押さえ込めないようになってくるとクールダウンの青では間に合わず、すべての感情を塗りつぶす黒が多くなる。

「この部屋にいると感情が出てこないんですよ」と言うある青年。
それもそのはず、部屋の四隅に黒い服、黒い大きなバッグ、黒のケースなどが配置してある。おまけにカーテンがグレー系の格子模様(鉄格子)で、真ん中に置いてあるテーブルが黒とくれば、これは心を解放するための部屋ではなく閉じこめるための独房だ。

中央のテーブルの前に座った時点で、背後の二隅の黒に挟まれた三角形の結界の中に自ら入ることになり、それをさらに部屋の四角形が閉じこめる。おまけに、「あそこを見てご覧」

彼は、「えっ!!いつ掛けたんだろう??」と絶句。
なんと、ドアノブに小さな黒い紙袋がぶら下がっていた。

部屋は自分の心の現れ、そして、ドアは心の出入り口である。
そこに黒をぶら下げたということは、自ら心を外に出すなという禁止令を自分に課していることになる。

感情が出ないのも当たり前。IPの強い彼は、ご丁寧に三重、四重、五重に結界を張って、自らを閉じこめていたのである。

このように、無意識にIPに動かされているところがIPの真に怖いところなのだ。



----------------------------------------------------
あなたも部屋を見回してみよう。
もしかすると、IPのホームグラウンドになっていませんか。そこは、ICにとってはアウェー(away)です。ICのホームに作り替えましょう。

この世はカラフルな世界なのです。


violet, indigo, black and blue
flame, yellow, purple, sky blue,
pink, yellow green, ash, brown

あなたがあなたに贈る色は……?



再び贈ります。
カラフルな花(感情)の世界。



Superfly 「愛をこめて花束を」







「存在不安が強い人の家の結界」


関連記事
 
Comment8  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

>ショートカットや男の子のような髪型にしたり、ハーフパンツやズボンやGパンを押し付けたり、ださい服や可愛くない服を押し付けたり、男の子との交友を嫌悪したり嫌みを言ったり…まぁ、細かくあげれば際限なくいろいろなことをするが、色に関していえば「青」を押し付けることが多い。

まんま私の幼少期。カットしに行くときは必ず母がついてきて、前髪は眉上ギリギリにしてほしいと美容師さんにオーダーしても、母が必ず「どうせすぐ伸びるからもっと短くして」って。毎度ウォーズマンみたいになって、鏡見るのが大嫌いだった。大人になって、お化粧したら、お化粧した事を馬鹿にされて。派手な柄のワンピースを着たら、すんごい目で見られて。うーん…何なんだろうね。男の子が欲しかったんだろうか、とか色々考えてしまったけど、そんなの私の知ったことではないしね。そういえば、母が認める私の友達って、「自称サバサバ系」のただただ乱暴で下品なだけの腐女子が多かったな~。サバサバ女子って、もっと違うと思うし、品格があると思うのですが…。
女性性を認めたくない、というのは納得。女性としての門出を何度となく台無しにされていますから。自分の若いときは~とか言うけど、自分の人生の復讐を、子供にするなんて愚かなこと。

 

色の変化

ぴったり当てはまっていたので驚きです。

○小学校高学年~中学生・・・青
友だちから無視されたり悪口を言われ
ありのままの自分ではだめなんだと思い始めた時です。

○高校生・・・黒とレインボー
自分を抑えるのに心がパツンパツンでした。
一方それを開放しようとしていて虹色が好きになったのではと思います。

○大学生・・・派手な色
自分を開放しようとしていたのでしょう。

それで現在は黒が着られなくなりました。
下着も黒が苦手です。
閉じ込められる感じがします。

青みがかった白は脅迫的ですが
オフホワイトや秋のようなくすんだ色味が好きになりました。

 

私の好きな色は、赤、橙、黄 で、
好きじゃない色は、青、緑、茶。


部屋のインテリアなどは橙、黄。

でも着る服は地味な色ばかり。
黒、紺、紫、茶、灰・・・。


いつかピンク色の服を着て、可愛いスカートをはいて、目いっぱいおしゃれしてみたいなぁ。

 

じゃ、宇宙での青い地球という部屋は、思考による理性の星ということでしょうかねp(^^)q

 

黒ばかり着ています。
好みに従うのか
この好みが既に作り出されたものなのか…

 

不登校の子どもの部屋は水色・・青・・。
洋服は今、娘は黒です。
息子はグレー。が~ん・・。
娘は四つ葉のクローバーの小物が好きで、
息子は紫と金銀が好きなので、
少しは救いと思いたいですが・・・。どうかな・・。
わたし自身も水色につい目がいってしまって必ず身につけてる・・・。
でも寝具はすべてパステルピンクだ(子宮の中?)!。

 

色の不思議

ショートカットヘヤーとブルーの服!
母親から押し付けられたわけではないが
気がつくと、男の子みたいな髪型でパンツしかはかなくなっていました・・・・

色に興味を持ち始めたのは、娘が不登校になってから
すごくこころの状態とリンクしていると感じカラーセラピーの本など
読むようになった

今は娘と
「クローゼットレインボー計画」というのを始めました
これは確か絵本作家の五味太郎氏も言ってたが
こどもの洋服ダンスは
絵の具箱みたいにカラフルな方がいい
ってこと
もちろんこれは大人にも当てはまる

わたしの服は
高校の時は赤
20代は黒、グレー・・・
結婚直後はかなりいろんな色を着ていたのに
ちょっと前は、紺、グルーばかり
そして、別居直後は「真っ白」に惹かれ
夫のいない子どもたちとわたしのマンションの居間は
だいぶいろんな色が増えてきた!

最近で一番うれしかったのは
真ん中の息子のこと
あの家にいたときは服も靴も、かばんも携帯も黒黒黒・・・・

ところがここに来てから買ったスニーカーは
「ターコイズブルー」
黒よりもずっといい!
すこしずつだけど、息子も気持ちを出せるようになってきている

娘の服もブルーからピンクに変化

そしてわたしもこれからはいろんな色を楽しんでみたい!

 

青い部屋に住んでいました

初めてコメントさせていただきます。

今日の記事、びっくりしました。
私の、高校生~大学生までの部屋は、カーテン、カーペット、シーツ、クッション等、全部青系でまとめていました。
ちょうど、親から一番苦しめられていた時期でした。

就職してから、寒々しい部屋だと気づき、次は緑系でまとめるようになり、結婚した今は、オフホワイト~ベージュのものが多くなっています。
どの色でも、つい、その同系色でまとめたくなるんですよね。
これも、私の心の動きと何か関わりがあるのでしょうか。
とっても気になります。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード