プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

気骨の裁判官―吉田久

2009/08/16(Sun) Category : 人物
遅い夕食をとりつつ「気骨の判決」を見た。

時代がおかしくなれば、その中で真実を通そうとする者は「非国民」となる。

その被害は、自分のみならず家族や同僚にまで及ぶ。

数に力を頼んで匿名で圧力をかけてくる卑怯者達。

しかし、その者達はそれが正義だと思っている。

正義だろうが、大義があろうが、暴力や脅迫に訴えるという行為自体が卑怯者だということに気づかない。そういう「弱き者」の集まりだ。

天皇の名を持ちだし、総理の名を持ちだし、警視総監やら知事やら…とにかく組織という組織、国全体が―つまり、弱き者が真実にとっての「敵」なのだ。

難敵と闘うには原則に立ち戻るしかない。

そこにしかスタンディングポジションがないからだ。

そして、吉田久は判決を下した。

東条英機と正面対決の判決だった。



時代の激流に逆らっても流されるだけという大人の意見もあろう

しかし、そこにたった一人屈しなかった人間がいたという事実が、私たちに勇気と希望を与えてくれる



今も同じような構図が至るところにある。

私たち一人一人が、どこかで気骨を示さなければならない場面があるだろう。

何より、子供を守ること、気持ちを守ること―この二つは同義―そこをスタンディングポジションにすべてを判断しよう。時に、その判断が組織に反するものであってもだ。

気持ちや子供以上に守るべきものはない。

気持ちや子供を脅かすのなら、組織もまた敵なのである。

自分の気持ちとともにあろう。




*番組終了時に、NHKが「戦争証言アーカイブス」を公開したとありました。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード