プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

あなたの生活にかかわる最高裁裁判官の国民審査

2009/08/29(Sat) Category : 裁判員制度
衆院選いよいよですが、今回は、もう一つ大事な投票があります。

最高裁裁判官の国民審査です。

私が尊敬する裁判官は、あの「気骨の判決」を下した吉田久氏です。
気骨の裁判官―吉田久

裁判官一人の力はかくも大きいのです。
判例は、その社会が向かう方向性まで決めてしまいます。


----------------------------------------------------
これまで私は、最高裁裁判官の国民審査をさほど考えておりませんでした。そのことが、自分が生きやすくなったり、生きにくくなったりすることに直結するとは深く考えてもいませんでした。反省。

しかし、今回は裁判員制度の問題があるため、無関心でいるわけにはいかないので、ちょっと調べてみたわけです。すると、日本民主法律家協会のHPによれば、この「国民審査」のあり方そのものにとても問題があることがわかりました。

「国民審査」は実質骨抜きにされながら、でも、“あなた方が選択したんですよ”と責任のみ押しつけられる制度になっています。この方法論が法律界に行き渡っているとすれば怖いことです。吉田久氏も嘆かれることでしょう。まぁ、下記ページだけでも是非ご一読ください。
http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/2009shinsa.html


裁判員制度は、国民を巧みに国に巻き込んでいくための下地作りの制度だと感じていますが、そのルーツは既に国民審査にあったわけですね。それにしても、『裁判員務めた市民に記念「バッジ」贈ります』というのには、本当に驚きました。このバッジの意味をよ~く考えてみてください。




----------------------------------------------------
いずれにせよ、現在選ばれている裁判官は国民が「No!!」を突きつけ崩壊しつつある現政権が選んでいるということ。

現行の法律界が、人の心は見ずに政治力学で動いていることは離婚調停や裁判などを見ていても実感するところですが、そのようになっていく根本原因が、裁判官の人事が政治的に上から決まっていくこの法律界のあり方にもありそうです。


ともあれ、個々の裁判官の経歴も上記サイトにありますので、各自よく考え、そして記載方法を間違えずに、こちらもしっかりと投票したいと思います。

投票という行動の持つ意味の重さを改めて考えさせられました。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード