プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

【衆院選】投票を契機に、決意を自分(IC)に示そう

2009/08/30(Sun) Category : 世相・社会
家族カウンセリングを通じて痛感していることは、現代社会が不安をあおって共依存を強制するシステムになっているということだ。

共依存社会は人を道具にしあう社会であり、人は与えられた道具としての役割から逸脱することは許されない。人は、役割という見えない檻の中に閉じこめられ、その檻が緊密に積み重なって社会システムが動いている。

さらにそれは国家にもおよび、国自体が人の幸福のためではなく共依存システム維持のために動いている。―そう、映画「マトリックス」の世界は、ある意味既に顕現していると言ってよいかもしれない。

国際分業とは、その国にも役割を与え、国と国とを共依存の関係に持ち込もうとするもの。
グローバル化とは、その国家間共依存システムを一挙に全世界に広げようとしたものに他ならない。

しかし、破綻した。
なぜなら、人を道具にする共依存システムの中では、人は「支配と服従」の関係でしか人とつながることができないからだ。そこに棲む限り、人は空しいコントロールドラマの中で時をつぶすだけの人生を送ることになる。そして、画策と防衛と闘いの人生を送った挙げ句、「孤独」以外に何も手に入れることができない人生を終える。



「支配と服従」の世界が、「愛」の世界からもっとも遠い世界であることがわかるだろう。それは、幸せではない―そのことを、人々が理解し始めた。



共依存社会の中には、「私はなぜ生まれてきたのか?」「生きるとはどういうことか?」「私にとっての幸せとはなにか?」という問いはない、もしくはしてはならない、あるいはする暇も与えられていない。

また、そのような思いを持っても、その思いで行動してはならない。なぜなら、自分の思いで行動することは与えられた役割を逸脱することであり、システムの均衡を崩すからだ。それは不安を呼び起こす。不安のただ中に生きている共依存者たちにとって、不安を呼び起こす行為をする人間は「敵」であり、「非国民」なのである。

だから、気持ちを言うという当たり前のことさえ「わがまま」と言われ、「気持ちのままに行動すると社会は収拾がつかなくなる」という迷信を信じ込まされてロボットになることを強制される。
そして、気持ちを抑圧したり、切り捨てたり、コントロールしたりできることが「大人」とされ、感情を制御するスキルを紹介した本やビデオやセミナーは活況を呈する。

こうして人々は自らを訓地し、ロボットに近づいていこうとする。そして、感情を交えない“冷静な”対応ができることで評価され、そういう“評価”を受ければ受けるほど、社会システムは非人間化して、誰一人幸福ではない相互監視の監獄社会が進展していく。

その実態は、閉じこめられているICが、他人を妬みそねみ恨み辛み、自己投影し、比較や競争の中でのたうちまわるグチャグチャした世界だ。“大人”とか“いい子”などの仮面の下に隠れている大きな子供―そうアダルトチャイルドの世界が、現代社会である。



----------------------------------------------------
自律し始めると、人はこのシステムから一抜けしていく。
そして、与えられたただ一度のこの人生を、自分の“個性”を発揮して生き始める。それが人のためにもなる。自分が幸せであり、人をも幸せにする。孤独は消え、不安に追われることもなくなり、愛に満ちあふれる―そういう人生だ。


さて、私が人を自律に導くときにまずやっていただくのは、「決意」である。決意に至るまでも、いろいろとドラマがあるが、ともかく「自分で自分(IC)を救う決意」をしなければ、何事も始まらない。

しかし、ICは自分を信用していないから、自分がICを本気で救おうとしていることをICにわかってもらう必要がある。それは、「行動」しかない。なぜなら、ああだこうだと考える「思考」はほぼIPに制圧されているからだ。だから、ICは「思考」など信じちゃいない。あれこれ考えさせて行動させないことがIPの役割だからだ。

だから、座っていないで一歩足を踏み出すこと。
それが、自分が自分(IC)を取り戻す第一歩となる。




----------------------------------------------------
さて、衆議院選挙2009―

これは、共依存システムを変えていく第一歩となる選挙だ。
私は、政党に過大な期待はしていない。なぜなら、自律とは自分の問題だからだ。

だが、自律に至るまでには、「IP(インナーペアレンツ)」「存在不安」「人生脚本」の強大な連合軍との戦いがあり、さらに「IC(インナーチャイルド)」の激情の嵐に翻弄される。人という宇宙の中で熾烈なスペースウオーズがくり広げられるのだ。これが並大抵な闘いではないことがわかると思う。

この神聖な闘いを邪魔しているのが現社会システムだ。否、邪魔どころかIP側に荷担して人をロボット化しているこのシステムを、一度壊さなければならない。そのためには、政権を変えると言うことは必須だと思う。



----------------------------------------------------
あなたは言う。
どうせ変わらないと言う。
政治には裏切られてきたと言う。

しかし、あなたはこうも言う。
こんな暮らしはうんざりだと。

私は言う。
あなた以外の誰が、この状況を変えられるのか。
あなたの未来は、あなたが決める。

そう気づいた時、つぶやきと舌打ちは、声と行動に変わる。
そしてあなたは知る。
あなたの力で、世の中を変えた時の達成感を。



----------------------------------------------------
上記は、今朝の民主党の新聞広告である。
その通りだと思った。

私の考え方は、既存の政党にはないだろう。
そして、多くの方にとってもピッタリくる政党などないだろう。
でも、まずは状況を変えなければならない。

白紙でもよい。
自分の足を運ぶことで、あなたは他でもないあなたに決意を示すことになる。

それは、自分が自分を救うという決意だ。


雨が降り始めた。

傘をさして、是非投票に行ってほしい。




関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

そうだね

クインテットさん

とってもいい文章です。素敵だぁ!
メモってお財布に入れておきます。

 

昨日の投票、共依存社会にNo!の気持ちを込めました。

>現代社会が不安をあおって共依存を強制するシステムになっているということだ。
>人は、役割という見えない檻の中に閉じこめられ、その檻が緊密に積み重なって社会システムが動いている。

その通りだと思います。
社会全体が幾重にも折り重なった共依存の檻で囲われてしまっているから、こんなにも閉塞感で息がつまりそうな世の中になってしまっているのでしょうね。

それを打ち破ることができるのは私たち一人一人の自律だけ。
水戸黄門様のような救世主の到来やお上からのご慈悲のお達しなんて、いくら待っていても来る訳ありません。
草の根運動のように人知れず地道に、でも着実に家庭の中から変えいかなくてはならないのですね。

私にもようやく分かってきました。
他人に期待し、他人を動かし、他人を巻き込み、他人に腹を立てていた、以前の私。
今は自分に期待し、自ら変わり、自ら動き、自分を肯定し、自分の気持ちを大切にするようにしています。
生きることが楽しくなりました。何より楽になりました。

3歳の息子に私がしてやれる最大のことは、自己肯定感を育むことだと思っています。
甲殻類ではなく、立派な背骨をもった人間に育てたい。
私と同じ生きづらい人生を歩ませたくない。
自分を信じて社会に出ていける人間になってほしい。

そのためには、まず私自身が自分の人生をしっかり楽しめる人間にならなくては、ね。

 

ハグできました。

お盆に帰省した息子をやっとハグできました。
嫌がるかな?振り払うかな?とか、二人きりの、やっぱ恥ずかしいので、時をじっとうかがっていました。小さいときの作文に、おかあさんたちに迷惑をかけないよう、とか書いてあって、こんなこと考えてたんだ、なんにもみてやってなかったねと、泣きそうになりました。
情けないねえ。私より大きい息子を上から抱えるようにして、彼はじっとしてました。自分の気持ちをなかなかいわない黒い服ばかり着る息子さん。愛することの下手な母さんの気持ち。伝わったかな?

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード