プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

政治家にカネを使い方を変えろと突きつけた国民

2009/08/31(Mon) Category : 世相・社会
医療費削減のために医師削減
★産婦人科、小児科―子供を産み育てる安全と安心を切り捨てた

「数値目標」を掲げることで、餓死者、いじめ自殺者を出した
★生活保護者、子供を切り捨てた

障害者自立支援法、生活保護の母子加算廃止
★障害者と母子家庭を切り捨てた

後期高齢者医療制度、改正労働者派遣法
★高齢者と若者を切り捨てた

医療費削減のために病院&療養病棟削減
★がん難民、脳卒中棄民、介護難民、患者漂流―病人、老人を切り捨てた

薬害エイズ、薬害肝炎
★企業益優先のために血液製剤を使う人を殺した

米を作らなければ補助金を与える=働かなければカネを与えるという働く人を馬鹿にしたノー政。自殺するリンゴ農家。自給率4割。
★農業を切り捨てた

大手ゼネコン及び天下り官僚を養うために大型のハコモノばかり作って、市民生活のためにはなっていないとハコモノ行政を見放した中小土建業者。自殺する中小企業経営者。
★土建業を切り捨てた

例えば、八ツ場(やんば)ダム―本質的に不要でありながら4600億円という日本一の事業費をかけ、その後は維持費だけがかかり続ける。
★人にたとえると、年収600万。浪費1088万円。借金累計1億!。借金利払いだけでも年230万という借金地獄日本。ダムの維持費はさらに人口減少する将来の日本人につけ回される。

平成の大合併(地域の捨象)
★投票場所を切り捨て、違いを切り捨てた

12年連続自殺者3万人
★経済的に追い詰められているだけではなく、心を切り捨てられている

定額給付金
★生活を追い詰めておいて、選挙のためだけにカネで人心をつかもうとした

郵政民営化
★追い詰められた国民の虎の子のカネを米国に流そうとした

年金問題
★国が国民の信頼を裏切った象徴


……まだまだあるだろう。
私たちの生活が、政治によって追い詰められてきたことがわかるだろう。生まれてから死にいたる私たちの人生が、自公政権によってその安全と安心を奪われてきたことがわかるだろう。私たちは、生活を家族を人生を、自由に活き活きと生きることを、奪われてきた。

なんのために?
カネの流れを見れば一目瞭然である。
生活の場からはぎ取られ、窮乏した人々を自殺に追い込んでまでいるカネは、最終的に武器を買うことに使われている。

その象徴が、「憲法前文」の理念がないがしろにされ、「生存権」が脅かされ、「憲法9条」が改正されようとしていることに現れていた。さらに、国民を体制に巻き込んでいく「裁判員制度」も施行された。



-----------------------------------------------------
それらすべてのことに国民は断固たる「No!」を突きつけた。
それが、2009年衆院選結果である。

自民党は、現職党三役の落選、元首相や党幹部、閣僚経験者らベテラン15人中12人落選に象徴される大惨敗を喫した。
定額給付金という手前勝手な施策をごり押しした公明党は全滅した。

これらの“結果”は、自分たちがやってきたことが自分に返ってきただけのことだ。大敗した政党の個々人は、「不徳の致すところ」などという言葉で終わらせないで、人の幸福に資するという政治家の職分をきちんと果たしてきたのかどうかを真摯に自らに問うてほしい。



「カネの使い方を変えろ!」
簡単に言えば、国民は政治家にそう言ったのである。

そのために、古い世代が淘汰され新たな世代を登場させた。
また、当選者全体に占める女性の割合は11.25%で、初めて2桁になった。若者と女性が、硬直化した老人の政界を切り開いていく。

さて、その受け皿となった民主党は「モノから人へ」「コンクリートから人へ」「企業から人へ」お金のかけ方を変えると言う。いいことだと思う。

すべての施策を、それを実行すれば人を自律に導くことができるか?というただ一点から判断して決定してほしい。人が自律すれば、国は勝手に自律していく。






【蛇足】

「昨日は楽しかったね」と妻。

家族4人でなんだかんだとしゃべりながら、9時過ぎ頃からあっちこっちと中継を見ていたのです。何しろ、この顔はもうテレビで見たくない、という方々がことごとく落選していくのが痛快で(^^;)。

子供達はおちゃらけているので、話は脱線しまくり、肩の力が抜けて楽しいひとときでした。


まぁ、これまでの政治はひどすぎましたが、ともあれ変化の一石が投じられました。これからの政治の行方は、監視の目ではなく、長い目で育てるつもりで見守っていきたいと思います。






社会を人体にたとえてみよう

安全と安心の価値

効率至上主義が生んだ背骨なき「怒りの国」

先生を育てる社会



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

民主党かあ…

正直落胆しています。
民主党は、はっきり言って烏合の衆政党ですし、何よりも改憲政党です。
比例区の議席を減らして小選挙区を増やすとまで発言していますから、小選挙区における死票が増えるばかり。(これは二大政党への足掛かり)これでは少数意見が抹殺されます。
何よりも、様々な財源を確保するために配偶者控除の廃止を掲げている時点でアウトです。子どものいない夫婦だけの世帯には負担増ですし、その中には低所得者もいますから。

私は、自公民にはノーでした。他の政党に入れましたが…今の制度ではその野党の議席を伸ばすことは難しいでしょう。
意志ははっきり表明しているというのに。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード