プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

私は、なぜ生まれようと決めたのか

2009/09/11(Fri) Category : 心の闘い物語
このブログを読まれている方は、私のカウンセリングはまさに「生まれ直し」であり、「生き直し」であることがおわかりだと思います。

この世に生まれて植え付けられた「存在不安」や「IP」を取り除き、
封じ込めていた「IC」を救い出して心のコップに溜まった感情を空にし、
これまでの「人生脚本」を白紙に戻して、
まさに生まれたときの自分に立ち返って、自分本来の人生をスタートさせること―それが、私が行っているカウンセリングです。


と簡単に書いていますが、とてもとても手強い道のりです。
生まれたときから当たり前と思っている感覚や感情、思考パターン、
それらを無意識に支配しているドライバーや禁止令、
親の無意識レベルの望みに応じて無意識に作ってしまっている人生脚本、
そして、それらすべての構築の土台になっている存在不安。
個人の内部にこれだけの「敵」がいます。

さらには、自分や自分の家族を取り巻く親族や地域、学校や会社などのすべてのシステムが、今や不安を土台に構築されている共依存システムですから、本当の自分を取り戻すということは、今馴染んでいる社会から孤立することでもあります。その上、その社会の中で何らかの役割を押しつけられており、その役割を降りることになりますから、周囲からも非難を浴び、逃げるな!とあちらからもこちらからも追っ手が来ます。
個人の外部も敵だらけなのです。


これほども内外に敵を抱えていますから、半端な覚悟で挑戦できる課題ではありません。逃げることができる限り、人は無意識に逃げ続けようとします。ですから、思考、感情、行動がバラバラであってもそのことがわかっていない人、意識とは裏腹に無意識に突き動かされている人がとても多いにも関わらず、気づこうともせずに日々年老いていきます。そして、気づかぬままにいつの間にか自分自身がブラックホールとなって世代間連鎖をつないでいき、結局自分の生を一歩も生きないままにこの世の人生を終えてしまうことになります。


こういう中から、闇に飲み込まれかかっているICが、「生まれたい!」と願って本人を突き動かし、カウンセリングが始まるわけですが、カウンセリングが進んで自律への道筋が見え始めると、今度は「自律すべきかせざるべきか?」という問題にぶつかります。

もちろん自律のためにカウンセリングを始めたのですが、いざ自律が見えてくると、このカウンセリング関係を失いたくない、という思いが出てくることがあるのです。自律にいたる最後の関門の一つといってよいでしょう。

このとき、どのような思いになるのか、ある方のご協力を得て掲載したいと思います(少し変更してあります)。これから掲載するのは、カウンセリング過程の最後の部分で心をよぎる思いです。それを乗り越えるとき、自分をカウンセリングに向かって突き動かした「生まれたい」という思いの本質にも気づくのです―。



私は、なぜ生まれようと決めたのか

 (1)自己卑下と見捨てられ不安
 (2)人のことを考えろというIPの呪縛
 (3)深海から海上へ
 (4)自律の覚悟
 (5)いのちをそのまま生きる
 (6)決めた!はじけた!!
 (7)突如現れたモンスター
 (8)認め合う愛を体験したかったから
 (9)「愛」という時間で時を過ごす




関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

自分自身が「これからも逃げ続ける人」なのか、「逃げることをやめた人」なのか…他の方のコメントを拝見することは、自分の思い込みや迷いを見直す貴重な機会となっています。

「雌伏十年」という言葉がありますが、もちろん私には10年の年月は長すぎます(笑)。《脱獄》目指してほふく前進?しようと思っているところですが…視界甚だ不良につき、現在、肝心のバッテリーが死なないように保守点検につとめつつ、手元の暗視カメラのレンズを磨き直しているところでしょうか。

《死線》を超えた?方についての掲載記事、私も興味深く読ませて頂きます。

 

Lucyさん

ありがとう。

これからも逃げ続ける人が、逃げることをやめた人に言いますよね

モヤモヤとひっかかっていたいくつかのことが、この一行でリバースされました。

感謝です。

 

 そうなんです、内も外も敵だらけ。ほんと共感します。「逃げるな!」って、これからも逃げ続ける人が、逃げることをやめた人に言いますよね。これから掲載される記事が楽しみです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード