プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「ありがとう」ろうそく

2009/09/22(Tue) Category : 家族小景
とあるきっかけで、妻がおよそ10年ぶりに私の実家へ行った。

昨年あたりから徐々に兆しが見え始めた妻は、今年が変化の年だった。この夏は、自分の実家にも一人で2週間ほど帰ったし、私の両親にも会ってみようかな、と言っていたところだった。今の妻は憶するところもなく、また眺める余裕も持っている。

私は訪問カウンセリングなどもあったので、妻一人で私の実家へ。
源家族、そして義実家からの自律を証明する、いわば卒業旅行である。


本日帰宅し、長い話を聴かせてくれた。

最後に、お土産があるという。
私への感謝だと―

「ありがとう」ろうそく


へぇ~、こんなのあるんだね~。

ThankyouCandle4





『日本一美しい言葉「ありがとう」
 そんな灯火があれば
 宗教・宗派・人種等すべてを超えて 
 活用していただけると考えました』
―素晴らしいね!

ThankyouCandle3



私の両親も、存在不安の塊だ。
私も妹も連鎖を背負い、妻も子も苦しんだ過去がある。
が、「悪い人はいない」―妻の言うとおり。
両親も妹も、妹や私たちの子供たちも、その精一杯を生きている。
そして、妻の親族も。


胸の奥に少し哀しみがある……



妻は帰り際、母と父を抱きしめたという。
母はしっかりと抱きしめてくれたそうだ。
父はとまどっていたそうだ。
よくやってくれた。


火をともし、二人でみんなに感謝して手を合わせた。


ThankyouCandle1





暖かい光だ。
この光が、みんなの心に届くといい。



ThankyouCandle2



ありがとう




関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

そして…

このblogの人は幸せになれると思いますか?
http://blog.crooz.jp/usr/sosite/x008/?guid=on

 

私は…
あ、何か言おうとした。
急に訳が分からなくなって涙が止まりません。

ありがとうのろうそく、
暖か過ぎて、痛いです。
ありがとうを手渡せる人がいない。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード