プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

娘の東南アジア放浪の旅

2009/09/26(Sat) Category : 旅行記
「今、駅に着いた」というので、車で迎えに行った。
ロータリーの前で、リュックを背負ってアジアンテイストのパンツをはき、帽子をかぶって、いかにも旅人らしい様子でたたずんでいた。

「おかえり」―3週間ぶりである。
なんとまぁ、右肩から腕にかけて蝶の入れ墨のペイント!
「ほら」と、帽子を取るので見ると、なんと頭の右半分に幾筋かの稲妻模様!! ドレッドヘアーというのだそうだ。

帰国直前の空港近くの店でやったのだという。
飛行機の中ではスチュワーデスに英語で話しかけられたそうだ(--;)

「本物かどうか確かめるから、生年月日と名前を言え」というと、笑いながらちゃんと答えたので助手席に乗せた。



------------------------------------------------------
ベトナム、タイ、カンボジア、ラオスを巡る女二人旅。
大雑把な行程は決めていても、飛行機で1.5時間のところをバスで38時間かけて行ったり、気ままに変わる旅。川で子供たちと遊んだりの現地密着旅行だから、旅行会社お任せではない。ツアーの日本人観光客が5000円払っているのを800円で行けたりする(何のツアーだったか忘れた)。現地にいる日本人や旅行者とも出逢いの多い旅だったようだ。

1000枚以上のデジカメ写真を見ながら、いろいろと話してくれた。
カンボジアはゴキブリも食べるという最も貧しい国だが、人はとても親切だったという。
ラオスは緑も多くて大気も清み、流れ星もたくさん見えて、「家族で来たい」と思ったそうだ。



------------------------------------------------------
以下、幾つか写真をピックアップ。

こういうのんびりした風景がいいねぇ↓。
E-Asia01

E-Asia02




一度は行ってみたいアンコールワット。
E-Asia03

E-Asia04




清んだ大気を感じさせる空と、眼下(左下)に雲。
E-Asia05



山の端にかかる夕陽。
E-Asia06




川面に映る黄金ロード。
E-Asia07



心が洗われました。
E-Asia08





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード