プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

Let,s Try 虎井まさ衛リーディング-(1)守護霊とは

2009/10/13(Tue) Category : 宇宙・スピリチュアル
事前に「私の生きる姿勢」をお読みください。


★自動書記------------------------------------------------

突然、山田泉さんの講演会のご案内をいただいて、その主催者の虎井まさ衛さんを知ったのが2007年10月のことでした。

その年の12月30日の夜。虎井さんにいきなり自動書記が始まります。それは、虎井さんが自分の守護霊に会いたいと願い初めて20年ほど経った日のことでした。自動書記とは、天上の人が自分の手を使ってものを書くこと。彼の場合は、自分の守護霊が書くそうです。

何事も自分が確信するまでは信用しない虎井さん。9ヶ月間ほどは疑心暗鬼の目で自分を眺め、悪霊払いのようなこともしてもらったそうです。にもかかわらず自動書記の能力は徐々に強くなっていきました。というのも、守護霊の側が、だんだんと肉体の腕の扱いになれてくるからだそうです。

脚本家の倉本聰さんが、「創作するときに自分で書いている気がしない」ということを仰ってましたね(オーラの泉)。憑依されたように書いた作品で賞をもらったとき、「この賞は誰がもらったんだろうか? 俺でいいんだよな…」と思ってしまった後、4年間書けなかったそうです。そのとき、番組で棟方志功さんが神に作らされているというのを聴いて、「神に奏でられやすい澄んだ楽器であればよい」という境地に達せられたそうです。

虎井さんも、ちょうど同じような心境なんですね。こうして虎井さんは、守護霊と交信する中で、その存在を確信されていきました。その日常を下記のブログに面白おかしく書かれています。
虎井まさ衛の閲覧室

虎井さんは、自分は霊能者でも何でもなく、ただ自分についている守護霊の方々のメッセンジャーでしかない、と言っています。では、どんなメッセージを彼の守護霊は送ろうとしているのか。

それは、
自分がおおいなるものに生かされていることを知ること。
一人で生きているわけではないことを知ること。
おおいなるものに生かされているもの同士愛し合うこと。
その知恵にもとづいた生活を実践すること。
―このようなメッセージです。


これはまさに、様々な宗教で言われていること、そのままではないでしょうか。誰が唱えたのかやどの宗教が言ったのかが問題ではなく、愛に基づいた生活を実際にしていること―それこそが大事なのだと思います。




★リーディングに行く---------------------------------------

ある日私は、興味津々リーディングをしてもらいに出かけました。彼は、守護霊の方々から「リーディングで料金をもらうな」と言われているそうです。流石は托鉢して歩いた宗教家チーム(←後で述べます)。カンパとして後日振り込みの形でお金を受け取るのはよい―なぜなら、わざわざそこまでしてお金を振り込んでくださる志は本物だから、とのことだそうです。

しかし現実問題、虎井さんにも生活があります。リーディングしていただく時間は、わざわざ私のために彼の生活時間を割いてもらうことになります。その時間でお金を得ることが出来なければ、彼の生活は立ちゆきません―と、そのようなことを虎井さん(の後ろで聴いているであろう?守護霊さん)にも言いました。

そこで私は、私がカウンセリング料金としていただいている1時間8000円の料金をお支払いすることにしました(散髪などのサービス業の料金は、よく10分1000円と言われていますしね)。

さて、いよいよ始まりです。
まず、虎井さんの説明を元に、守護霊についての基礎知識をまとめておきましょう。





★守護霊とは---------------------------------------------

よく守護霊と言いますが、現世に生きる個人を守っている霊は一人だけではなく複数いるそうです。その数は、その時々、もしくはその個人の魂の成長の度合いに応じて増減します(一概に多ければよいというものでもないようですが)。増減するというのは、現世に生きる魂(個人)は、成長もすれば没落もするからです。

成長するときは、あちらの世から見れば赤子のような魂だったものが、何かに気づき覚醒して一気に少年になったり青年になったり、一方で、煩悩に惑わされて一気に闇に沈む魂もあるとのこと。

で、その増減する守護霊さん達ですが、次の4つに分けられます。
「主護霊」
「支配霊」
「指導霊」
「補助霊」

主護霊、支配霊は変わらないので、増減するのはその他の霊ということになります。

以下、組織改革をやった私の解釈の仕方で、組織人にもわかるように書いてみますね。お楽しみに。



<つづく>





【虎井まさ衛リーディング 目次】へ


関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

虎井さんリーディング

昨年 虎井さんがリーディングできるようになったと聞き 実際自分が受ける迄半信半疑でした。虎井さんとかかわりを持つようになって10年、実際お会いして北海道での講演会を企画するようになって5年近くたちました。
もともと スピリチュアルな事には関心があったので受け入れるまで時間はかかりませんでした。
今年 札幌と北見のリーディングを企画し 時間はかかりましたが 開催前に満員となりました。札幌はキャンセル待ちがでるほどです。一度受けた方から また北海道にきて欲しいと言われています。
微弱ながら今後 北海道でリーディング開催のお手伝いができればと考えています。

 

ご縁

もう10年くらい前になるでしょうか。
身内のことで悩み、不安の中、虎井さんの著書を何冊も夢中で読みました。
どんなに心強かったことか。
こちらで、また虎井さんに繋がれるとは思ってもみませんでした。
ありがとうございます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード