プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

Let,s Try 虎井まさ衛リーディング-(7)指導霊団

2009/10/20(Tue) Category : 宇宙・スピリチュアル
事前に「私の生きる姿勢」をお読みください。

★指導霊団--------------------------------------------

指導霊の方は全部で19人いるそうです。私の人生をご指導いただく指導霊の方々のチームを指導霊団と呼ぶことにしましょう。さて、前回ご登場いただいたのは、三味線弾きのロクネンさん(富山)、十手持ちのタジロウさん(江戸)、武士のツヅキタイゾウさん(大阪)でした。他の16名の方にもご登場願いましょう。

武士―大阪、大阪、大津
農家―福岡、茨城、那須、ナイジェリア
商人―大阪、大阪、堺、オランダ貿易商
宗教家―奈良(僧侶)、鳥取(神官)
医師―大阪
その他―アイルランドの革命家、アフリカからの奴隷(先生)

士農工商のうち、士農商が4名づつ。宗教家2名。あと、医師、警察、三味線弾き、革命家、奴隷となった方各1名。工がいませんが、なんとまぁ、バランスが取れたと言いましょうか、ユニークなチームだと思いました。

地域的に言えば6名が大阪。これに大津、堺、奈良も含めれば9名が関西です。
この中で私の類魂は、大阪の武士とアイルランドの革命家だそうです。つまり、19名の指導霊のうち、ツヅキタイゾウさんも含めて3名が私の前世の方ということになります。

実は、この19名、頻繁に“会議”を開催しているそうです。同じ類魂といっても性格は大きく異なり、アイルランドの革命家は“会議”の際によくしゃべり、一方の大阪の武士はほとんどしゃべらないそう。同じ集合的自分でも、性格は全く異なるんですね。人間くさくて面白いですね~(というか、肉体という器がなくなって、現世の性格のままが現れているそうですが…)。

大阪の武士の方は、島根の津和野出身で小西行長の家来となり、朝鮮出兵もして激動の時代を生き、その後穏やかな晩年を迎えたそうです(時代的には1500年代後半ですね)。

アイルランドの革命家は、1600年代の方。『この者の活躍がなければ、仲間の多くが死ぬ運命にあった』とのこと。奴隷反対の思想家でもあり、召使いを抱えていた人らしいですが、その召使いを友人として接していたそうです。

“つき方”で面白いなぁ、と思ったのは、アフリカでつかまり奴隷となった方。その方は、アフリカでは村の子どもに教えていた先生だった方だそうです。その方が捕まって奴隷となってしまったわけですが、その方の生まれ変わりが、なんとアイルランドの革命家の召使いの方(召使いの方の前世がアフリカから奴隷になった方ということ)。それで、“御礼”でついてくださったそうです。このように“御礼”でつくことがあるそうなんですね。

凄いですね~。
「天の倉に徳を積む」とは言われることですが、なんだか“実感”しました。前世の自分が積んだ徳が、生まれ変わった自分を守ってくれているわけですね。ありがとうございます。



-------------------------------------------------------
時間の関係で、その他幾人かについて聞いてみました。
奈良出身のお坊さんは、苔寺(西芳寺)で修行された方。
鳥取の方は八幡神社の神官の方で、社務所を開放して子供たちを遊ばせていた方だそうです。
大阪の医師は、「解体新書」の前野良沢の塾生で、蘭学を学び、故郷で漢方をされた方。
ナイジェリアの農家の方は、ボンゴ(太鼓)を叩くのが大好きで、18人という子だくさんの大家族。貧乏だけれど楽しい一生を過ごされた方だそうです。


いや、面白いよねぇ~。
私も製薬メーカーにいたので西洋医学の内側もよくわかる一方で東洋医学が好きだし、農業や宗教にも興味を持っているし、宗教も仏教と神道に興味があるし、商人の社交性やマーケティングのセンスも磨けばあると思うし、サムライ的なところもあるし、太鼓叩くの好きだし(^^)。そこに、世を変えたいという下からの目と革命的な目が加わっている…。

なんだか、この16名の方すべての特性が自分に現れている気がするのです。そういう意味で、自分は自分じゃない。類魂の一部でもありますが、指導霊の方々の思いの代表でもあります。この短い人生をあだやおろそかには出来ないとつくづく思うのです。現世的しがらみにとらわれず、自分に出来ることを精一杯やりたいと思うのです。

それから、ここでも嬉しかったのは、やはり上下の別なく人とつきあい、また子どもと関わりのある人が多いということ。嬉しかったです。

また、そのうち他の人についても聴いてみたいと思います。




<つづく>




【虎井まさ衛リーディング 目次】へ



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

失礼しました

ご指摘ありがとうございました。また大変失礼しました。津和野と言われて地理に疎い私が山口を付け加えたんです。すみません(m--m)。早速修正させていただきました。
津和野もゆっくりと訪れて風情を楽しみたいですね~。そのときは、この方(私の前世ですね)のことをもっとお聞きした上で訪れたいと思います。
ありがとうございました。

 

すみません!

津和野は山口ではなく、島根です~~(汗)
山口なら萩、ですね?
でもきっと津和野が正しいのでしょうね。
小京都、風情のあるよいところです。
先生と所縁があるとのことで、とても嬉しいです(*^_^*)

揚げ足とって申し訳ありませんm(__)m
でも故郷なのでここはスルーできませぬ。お許しを!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード