プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ヘンゼルとグレーテル

2006/03/23(Thu) Category : 虐待
“自分が生きる(食べる)ために”子供を捨てた夫婦。
“自分が生きる(食べる)ために”子供を育てる老婆。

「ヘンゼルとグレーテル」は、食物飢餓時代のドイツの童話。
「ヘンゼルとグレーテル」は、心の飢餓にある現代日本の実話。

“飢餓”に陥った時、人は手近な我が子を利用する―


甘えられなかった自分が甘えるために、子を育てる。
子は、親の「親代わり」。

自分の愛情飢餓を癒すために、子を利用する。
子は、「愛玩動物」。

自分の存在価値を証明するために、巧妙に共依存関係を作る。
子は、「自我侵食」され、精神的な成長が出来ない。

背骨がない自分を支えるために、関わる人全てを甲殻にする。
子も、その「甲殻」の一部。

自分の人生脚本の完成のために、人を巻き込む。
子は、その脚本に従うことを強制される「操り人形」。

自分の体面を保つために、レールを敷く。
子は、選択能力が身につかず「生きる力」を失う。

自分の苦労をさせたくないと言う理由で、レールの上を突っ走らせる。
子は、「生きる意味」を失う。

あなたは、
「自分のために」を、「子のために」に巧みにすり替え、
自分自身までも誤魔化して子を利用していないか。

人を道具のように利用する人間には、いずれ罰が下る。
今や、日本の多くの親が、将来の修羅場を抱える可能性を持っている。


人がどのように人生脚本を作っていくのか、
どのようにその脚本に従って人生を歩いていくのか、
そして、どのように子供を巻き込んでいくのか…

その結果、何が待っているのか。

本気で学んでほしい!



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

それは人が人に一番してはいけないこと。

 「お前のために」の病理に気づいた子どもはわたしの住んでいる地域では大罪人でした。(そしてその大罪人がわたしです)それだけ満たされぬ人が密集した地域社会です。
皆哀れなゲームを一生し続けて死んでいく......。それが美徳というのもまったくおかしな話ですが。

 劇場版Ζガンダムでのやりとりが実は餓鬼人間の親に対する断罪も含んでいたように思います。

「あなたはいつも傍観者で、人をもてあそぶだけの人ではないですか!!」

「私にはそういう資格がある!」

「その傲慢は、人を家畜にすることだ! 人を道具にして! それは一番、人間が人間にやっちゃいけないことなんだ!!」

 人間がやっちゃいけない事が肯定される地域社会でつながりを持つのは地獄です。そして、やっちゃいけないことをされている人間はそこにいる限り死ぬまで肯定されることはないのでしょう。

 田舎の過疎化には、田舎の異常性から離れる人が多くなったことも影響しているのではないでしょうか。むしろそれはいい傾向と言えるのかも。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード