プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

子育て心理学:第2部 2)生後3ヶ月で学ぶ自分の「Be」と「Do」

2009/11/21(Sat) Category : 心理学
子育て心理学
第2部-人は「どのように」育っていくのか?(人生脚本編)

■2)生後3ヶ月で学ぶ自分の「Be」と「Do」

片や無表情・無感動で、片やあやし甲斐のある笑顔。同じ時期にこの世に生まれ、祝福されてわずか3ヵ月後についたこれだけの差。このわずか3ヵ月の間に2人の赤ちゃんは、一体何を学んだのでしょう。

Aちゃんは、次のようなことを学びました。
①自分の居場所がある(この世は自分を受け入れてくれるところ)
②ありのままの自分(Be)でいい
③自分を表現して(Do)いい

Aちゃんは叩かれることはありませんから、先ず生きる上での最低の基盤である「居場所」が確保されています。そして、親がいつも笑いかけてくれ、お漏らししてもあららと嬉しそうに世話してくれますので、この世は自分を受け入れてくれていると感じるでしょう。ですから、ありのままの自分でいられます。そして、自分の仕草や表情(自己表現)も喜ばれますから、どんどん自分を出して(自己開示)いきます。

つまり、
①から、Aちゃんは人と社会に対する基本的信頼を置き、
②で自分の存在(Be)、
③で自分のすること(Do)の両方について自己肯定感を得ます。



---------------------------------------------------
一方のBちゃんは、次のことを学びました。
①自分の居場所がない(この世は自分を受け入れてくれていない)
②ありのままの自分(Be)ではダメ
③自分を表現して(Do)はいけない

叩かれるBちゃんは、先ず生きる上での最低の基盤である「居場所」が確保されていません。この世に自分が安心できるところはあるのだろうかという不安の中に置かれることになります。そして、叩かれる自分は、恐らくこの世に受け入れてもらっていないと感じるでしょう。ありのままの自分はダメな存在ですから、自分をそのまま出すのは怖くなります。

つまり、
①から、Bちゃんは社会に対する根源的不安を抱え、
②自分の存在(Be)、
③自分のすること(Do)の両方について自己否定的な感覚の中で生きていくことになるのです。






★「Be」と「Do」
「積み木崩し」をしていたMr.マリックからのメッセージ
恋愛依存からの離脱
見守る親の愛を見せた植田監督の父
「いじめ」って何?(1)-感情吐き出しのバケツリレー
どー(Do)していいのか分からない親へ



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード