プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

人事部がチェンジモンスターとなる理由(1)-内向きの職種であること

2009/02/18(Wed) Category : 会社・改革
人事部がチェンジモンスターとなる理由

■1,内向きの職種であること

私は、石油化学プラントでモノの管理をしたことがあるが、
生産管理の相手は石油精製メーカー、原料輸入商社、工場のオペレーター及び各セクション、本社生産管理部。
物流管理の相手は、船舶代理店、輸出入業者、税関・税務署、運送業者、製品ユーザー、本社営業等、多岐に渡った。

直接パイプでつながっている原料メーカー、製品ユーザーとは一蓮托生。いずこかのトラブルが待ったなしでこちらに影響した。いきなりのオーダー、工場トラブル、品質トラブル、入出荷トラブル、運送トラブル、ユーザートラブル等々、変数は無数にあり、それに天気が加わった。

少しでも風が吹くと船舶を桟橋に着けられない。
原料タンクが小さいために、早く来ればタンクに入らず、空になれば操業ストップ。そうならぬように船を手配するのだが、その微妙なポイントも風の影響で大きく狂う。

高圧密閉された化学反応の世界にありながら、一日たりとも天気のチェックをしない日はなかった。お盆も年末年始も一切関係なく、毎日天候とにらめっこ。いかなる産業も“お天気”産業だと思ったものだ。気候変動と無関係な産業はない。

天気と風のチェックで朝が始まり、
原料・製品のタンク在庫のチェックで1日が始まった。

そして、1日1日が勝負。
さらに、一瞬一瞬が勝負である。
実際、決断に次ぐ決断で5本くらい同時に電話を取ったこともあった。



かような仕事から一転、
人事に移った時、その間延びした仕事ぶりに驚いたものだ。
いわば、波長が超短波の世界から極長波の世界に移行した。

同時に、毎日の天気を気にしなくなった。
それ象徴されるように、常に外に向かってアンテナを張っていた世界から、内側にアンテナを張る世界にガラリと変わった。

その後は人事畑を歩むわけだが、2つの職種を経験して思うのは、人事オンリーで育った人間は外に対する感度が極めて鈍い、あるいは、外に対する感度がないと言うことである。

これが世の中の動きから取り残される一つの要因である(仕事柄:職種要因1)。


(続く…)


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード