プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

成人、おめでとう

2010/01/11(Mon) Category : 家族小景
妻と二人で家族心理士、家族相談士の研修に行ってきた。
私が資格を取ったのが12年前。
妻は、5年間かけて放送大学を卒業後、1年間の家族相談士養成講座を経て昨年家族相談士の資格を取得した。その後、妻は継続して研修を受け続けていたが、今日始めて二人で公開研修に参加した。

研修帰り、居酒屋に寄る。
ある設定の5人のロールプレイで、私は妻役、妻は夫役をやったのだが、妻がどうだった?と訊く。そういえば、自然体だったね~。


おりしも「成人の日」。
そうか、と思う。
二人とも成人したんだね。


二人とも癒えていないIC(インナーチャイルド)はまだいる。
だからムッとくるときもある。

が、それは自分の中の問題だとすぐに分かるのである。
自分の中にある親に向けたい感情―それぞれが、そこに目がいく。
そういえば、こうだったなぁと思いが至れば落ち着くのだ。
それを言葉にすると落ち着きが早い。


でも互いに言い過ぎるときもある。
そのときは、相手に「ああ言われて傷ついた」「哀しかった」と言って、相手が黙って受け止めて終わる。それぞれが言いすぎたことをわかっているから受け止めることができるのだ。
相手にちゃんと伝えることができるし、相手もきちんと受け止めることができる。だから、長引かない。


また、相手がまだ分かってないな、と思うときもある。
が、ここまでくると勝手に気づいていく。それも、気づくまでのスパンが短くなっていく。だから、ことさら言うまでもないなと思う。

相手は相手のペースで気づいていけばいい―互いにそのように眺められるところにきたので、とてもラクだ。

ようやくここまできたんだなぁ、と思う。


成人、おめでとう。



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

自分の中にある親に向けたい気持ち―っていうのが、少し心に落ち着いてきたというか、なんというか、相手に強いストレスみたいなものを感じて感情がヤカンのお湯みたいにボコボコ言ってて、でもその感情に入ってるときは何がなんだかわかんなくなっていたけど、ちょっと冷静になってその相手との事をみようとしたら、やっぱり昔の親と自分の事で重なった寂しかった部分がありました。
何度も聞きたり先生のブログを読みながらだったけど、実際感情がカーッて沸騰してる時は、親と自分のことなんかだと思えなかったです。
その繋がりが早くわかるといいんだけどなぁ。
つかれたぁ~。

 

焦っていました

>二人とも癒えていないIC(インナーチャイルド)はまだいる。
えー、中尾先生でも、そうなの?と驚きました。

私は、早く良くなりたいと焦ってしまうことがあります。
このところ、無意識に頑張ってしまっていたようで、一昨日どっと疲れが出て、一日中寝ていました。昨日もゴロゴロ。
昨日、先生のブログの過去の記事を読みました。
焦らない、とことん病人になる、みたいな記事を読んで、あぁ、このゴロゴロは必要な状況なんだー、と、肯定的に捉える事ができました。
一昨日も昨日も、夫と子供だけで出かけて行きました。
今までそんなことなかったんです!子供は、私よりも財布のひものユルイ夫と出かけて、満足して帰ってきました。
ゴロゴロもいい機会になりました。

 

成人、おめでとうございます☆

そっかぁ、先生と奥さまもそんな風に思ったりするんですね。
私の中で勝手に聖人君主に仕立てあげてしまうことがあります。
自分とは違うんだ、自分は先生みたいになれないなぁ、みたいな枠を、頭ん中で勝手に作ってる時があるみたい。
でも人間なんだもん、人と関わってて色々思うのが当たり前なんだよね。
テレパシーで相手のキモチがわかるんじゃないし。
自分の気持ちを先ず自分で知って言わないと伝わらないよな。
そんでもって不快に思ったことは思っていいんだよね。
相手に不快に思ったときに、それを『悪』だと自分を責めて苦しくなって、人と付き合うのが嫌になってしまう。
全然悪じゃないのになって思いながら、苦しくなってる。

なんか付き合いが浅い人とかで不快に思ったときとか、こんなこといっていいのかなぁとか余計思ったりする。

あっ、まず自分自身があの人にそんな気持ちを持つなんて!って気持ちを選り好みして自分自身が否定してるんかな?

なんかモヤモヤ思ったことそのまま出していました。
そっか。出したかったのかな。

くっそー。まだまだ思考だらけでムカつくーっ(>_<)!!

どんな気持ちも全部思っていいし、全部自分自身なんだよね!


 

おめでとうございます!!!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード