プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自分を守れ!

2006/04/10(Mon) Category : 心と感情
残念ながら人間は、どのような環境にも慣れることができる。
環境馴化(じゅんか)―それは、生物の本能だ。

環境からスピンアウトするにせよドロップアウトするにせよ、その環境から逃げ出す“亡命”者は0.001%くらいだろうか(←根拠なし)。いずれにせよそれくらい、人はいったん慣れた環境からは飛び出そうとしない。

そう、書いた。


悪化していく環境下でも2:6:2の正規分布が現れる。
環境最適を目指す群と、環境にレジスタンスする群と、その中間で迷う群。

その2:6:2を、いまだに「能力」の正規分布と見ているこの社会!
人の能力に、そうそう差があるものではない。

モラルを失った環境下で2:6:2を考えてみると良い。
人間らしい感情を捨てて環境最適を目指す2と、積極的ないし消極的に抵抗する2と、その中間で迷う6がいるだけだ。


軍隊を例に挙げると分かりやすいだろう。
殺人マシンはエリートだ。人を殺せない人間は無能者、脱走兵は非国民だ。
人間性や能力で評価されているわけではない。環境が求める能力を発揮しているかどうかだけで評価されるのだ。


だから、「考えるな。従え。そのほうがラクに生きられる」-モラルを失った会社は平気でそういうことを言う。
そして、心を眠らせ、“機能”としてのみ生きようとする。―そう、「マトリクス」の世界。
心を失った人間はもはや人ではない。記号だ。

6の迷える子羊たちは、
その環境下で評価されるために、
その環境下でキャッシュを得るために、
そして仲間はずれにされないために、ずるずると…。

かくして、巨大な抵抗勢力が出来上がる。
その巨大な渦の中で、身動き取れずに疲弊していく…


ここで言いたいのは、「人間は環境の動物」だということ。
だから、人間にとって環境が大事だということだ。


しかし、再び言う。
もし守るものがあるのならば…

「Getaway!」(逃げ出せ!)


そして、付け加えよう。
あなたは、守るべきものを既に持っている。
それは、感受性だ。




自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード