プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

時を味方につけよう

2010/03/28(Sun) Category : 心の闘い物語
そう、敵はあなたの中にいるIP。
その強大なIPより強い敵が外にはいないことが、もうわかっただろう。

だからこそ、このがっぷり四つの横綱相撲を制したとき
どれほどのエネルギーが自分に満ちあふれるかがわかるだろう

そして、そのとき、世界にもはや怖いものがないことが想像つくだろう



そのIPの本性は、世代を超えて連鎖してきた呪い
あなたが闘っている相手は、いわば時の流れそのもの

あなたの祖父母も親も、否、もっと前の世代から、その時の流れに飲み込まれていった。手強いはずさ

だが、
それに気づいたあなたは負けない


時を味方につければいい

それは、
常に時とともにあること

気持ちのままにある(Be)こと
それが、時とともにある(Be)ことだ

アトサキ考えるのはIP
先のことを心配し、過去のことを悔やみ―そのように時間を使うことで「今」を生きさせないようにし向けているのはIP
先のスケジュールを埋め、過去のモノに執着させ―そのように過去にも未来にも自分を縛り付け、「今」を生きさせないようにし向けているのはIP


常に、気持ちとともにあれ
それが、時を味方にすることであり、IPとの闘いを制する王道だ



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

IPからの解放

2度目のコメントです。
ハマコーさんこと浜田幸一さんがツイッターで心強い言葉を書いておられました。

 決して自分を責める必要はない。
 その時が来れば勝手に他人は責めてくる。

IPが自分を責め続けることから解放してくれそうな、力強い言葉でした。
感銘を受けて、調べたところアインシュタインさんの言葉だったんですね。
(知らなかったのでちょっと恥ずかしいですが…)
三十路も半ばになり、そろそろ、こういうしぶとい強さを身につけたいと思います!

 

そうだ!!

今この時を生きる。
自分の気持のままに。

IPに押されそうなときも
この言葉を胸に常に
携帯します!!

 

シンプルで心強い!

心強いメッセージありがとうございます。
敵の正体と戦い方わかれば安心して生きられます!
しかもそんなに手強い敵じゃないみたい。

 

ありがとうございます!

そうか。そうなんだ!
アトサキ系が脳味噌に現れるのは、IPだったんだ!過去の悔やみが脳味噌の中で大きくなるのも、IPの仕業だったんだ!!
ヒントをありがとうございます!


最近、今までずっと感じたかった系の気持ちと、たっぷり過ごしている様な気がします。それは、たっぷりバンバン心に溢れます。涙も出るけどしょっぱくて、水泳を我武者羅にしている時のような息継ぎで、呼吸が苦しいです。運動してるみたいです(笑)

IPはうざい。やり方がワンパターンでもまどろっこしくてうざい。でも、もう気持ちを手放したくない。私の気持ちは私で救う。私の気持ち、IPになど渡さない!!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード