プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

魂リーディング-(4)私の魂の役割

2010/04/07(Wed) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】私の魂の役割

■導く人-------------------------------------------------

で、導く人なんだそうだ。
なぜなら、何かに囚われていたら導けないから。
自由でなければ導けないから。
(な~るほどね)

その代わり、誰も前にはいない。
道は自分で切り開かなければならない。
決断はすべて自分でしなければならない。

体当たりだから失敗もある。
そして、失敗を自分の力で昇華する強さを持たなければならない。


―あぁ、これらのこともよくわかる。
気持ちを行動に移してきた。諸状況で直ぐに実行できなくても、その気持ちを暖め続けて実行してきた。自分のペースだから、必然的にレールに乗れなくなる。そしてレールから外れると我が侭といわれた。そのようなプレッシャーの中で、常に自分で道を切り開いていかなければならなかった。

ただ、それは自分個人の生き方の道であって、集団の中にあっては、確かに高校の文化祭にしろ、組織改革にしろ、訪問カウンセリングのスタイルにしろ、モデルはなかったが、自分がかかわる人々の気持ち(望み、要望)に応えることで自然と形ができていった。

たとえば、十分に聴いてそれを整理していくと、そこにとても合理的なものが出てくる。プロジェクトメンバーの気持ちを聴くことによって、リッカートが最高の組織形態としたシステム4を期せずして発明していたように。

つまり、道を切り開くと言っても、たった一人でやってきたのではない。常に周囲の人自身が望む方向へと導くだけで、みんなが望むからこそ力が結集し、必然的に成功してきたのだ(もちろん抵抗勢力との闘いは常にあったが)。

だから、導くといっても私が答えを持っていてそちらに導くのではない。
答えは常に内側にある。会社なら社員が持っているし、個人ならICに聴けばよい。私は、その内なる声を鏡となって表現しているだけなのだ。だから、カウンセリングで私が返す言葉は、ほとんどその人のICの言葉なのである。

チャネラーがその人の魂の言葉を返してくれるなら、
私はその人の感情(IC)の言葉を返しているわけだ。



■触媒-------------------------------------------------

そういえば、会社の上司に「中尾君は“触媒”だ」と言われたことがあった。触媒とは、単体では何の働きもしないが、「化学反応を活性化させる物質で、自身は反応の前後で変化しないもの」。私といると気持ちが活性化されてつい乗ってしまう―そういうところから言われたのだ。

私の場合、FC(フリーチャイルド)やIC(インナーチャイルド)の気持ちを代弁するから、FCやICを活性化させる触媒なんだろう。だから、同じ相談者の方でも、IPが強くなっているときはIPが警戒してぎこちなくなっているし、FCになっているときは笑いが止まらないようなエネルギーが出ている。

以前書いたが、人と接すると「創発」が起こる。普段エネルギーを殆ど使わず静かだが、何かに接すると一挙にイマジネーションがわき起こる感じ。やはり、自分のあり方が触媒的だなぁと思う。
「親の投資」という概念から脱却し、創発的人間関係へ



---------------------------------------------------------
・魂の生き方―流れに逆らう
・魂の性質―自由人
・魂の役割―導く人

過去生でもいろいろな国や社会体制があったことだろう。
民族主義、国家主義、君主主義、独裁主義、法治主義、宗教主義、共産主義、社会主義、自由主義、民主主義―まぁ、そのどれもが人類のみを対象とした思想であって、生態系全般にわたるものではなかった。

つまり、ちっぽけな人間のエゴであり、そうである限り対立を生み、支配と服従の体制ができ、自由な人などどこにもいなくなる。だから、自分が自由でありたいと思っている限り、恐らくいつの時代、どの国に生まれていても必然的に“流れに逆らう”ことになっていたのだろうと思う。

そして、導く人と言っても、自分が自由になるためにはみんなも自由にならなければならないわけで、「自由になろうよ」と言ってただけなんだろうね。そういえば、今でも子どもの躾に関して「オールフリーでいいです」と言ってるもんね。ほんとにそれで、子どもは真っ当になるんです。

で、辿りついたところが「普通」

では、今生の目的は、一体なに?


関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

何でしょうね(^^)

本人の魂のみが知る、、、。地上に光をもたらす人をスピ界では「ライトワーカー」と言いますが、まさにその役目の人だとは思います。中尾さんは「感情=光」と例えられていますよね。
皆の感情を取り戻す、、、まさに、ライトワーカーという役目はドンぴしゃりかな?と。

そしてきっと、インディゴという種類の人なのかな?宇宙人の魂かもしれないな、と、、、。勝手な憶測をしてみました。たまにはこういうのも楽しいですね。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード