プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

魂リーディング-(9)光と風

2010/04/12(Mon) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】夫婦のあり方

■そして、私-----------------------------------------------

息子とのことが私を成長させる。個人としての成長を押し上げる。
カウンセラーとしての自信もそろそろついてきた。

だから、カウンセラーと中尾英司という個人を分離させず、ただの一個人として生き始めればよい。

そして、本当のことをわかりつつ、自分を楽しんでいく。
俺って無力だけど、無力じゃない。

それでいい。



■そして、私と妻-------------------------------------------

もっと奥さんへの思いを素直に言葉に出すこと―


これまで、無意識に母役を押しつけてすまなかった。
ICの怒りをぶつけ、願いを託していた。

もう、俺の母親である必要はない。
ありのままのあなたが一番好きだ。

これまでありがとう。

それから、不安なとき、心の支えになってくれた。
ありがとう。

でも、まだまだ俺の中に寂しいチャイルドがいる。
安心して優しく包まれたいチャイルドがいる。
それに気づいた今、ようやく本当の夫婦になっていけると思う。

これからも、よろしくお願いします。



■光と風-------------------------------------------------

妻は光そのものであり、
私は風だという。

どちらも捕まえられない。
どちらも枠に収まらない。

私は、時に嵐となり、時に凪、時に冷たく、時にあたたかく、そして心地よくそよ吹く微風ともなる、自由気ままな風。
妻はそのすべてをあたたかく包み込む太陽。

枠に収まらないことを認め合うこと。
つかまえることが出来ない同士だけれど、一緒にいることが出来る。


小さな旅を続けていきたい







【光と風の四季】






その日の夜、シンクロ(?)がありました…



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

光と風

中尾先生が「さわやかな風」
奥様が「あたたかい光」

あぁ、そうだなぁ。

どこまでもどこまでも、続いている…

そんな光と風。
緑の草原に立って感じたい。
そう思いました。

そして
私は光になりた~い(*^^*)

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード