プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

魂リーディング-(11)川の流れのように

2010/04/14(Wed) Category : 宇宙・スピリチュアル
魂リーディング】川の流れのようにゆっくりと歩いていこう

■父親ということ-------------------------------------------

私は、家族から父親に育ててもらった。
が、私自身はまだ父親という気がしていない。

まだ間借り人のようなところがある。それは、夜自分の部屋でパソコンの前に座っている姿に象徴されるように、自分でそう感じているところがあるからだ。

居間はふすまを開けて直ぐ隣なのだが、夕食の時や一緒にテレビを見ているとき以外は部屋にいることが多い。親が何かやっていると、子はなんとなくのんびりできないよね。

たとえば、何かのきっかけで子どもが話してくるとき、とても早口だったりする。そういうとき、あぁ短い時間で精一杯話そうとしているんだなと感じて、よほど話すタイミングがないんだなと反省する。

会社時代のことを思い出しても、上司が何かをしていると話しかけずらかった。話すタイミングが来るまではそれとなく様子を観察していたりするわけで、それだけでも負担だし、目の前のことに集中できない。親が忙しそうにしている子どもの場合、それが何年も何十年もずっと続くのだ…。

それに、こちらで電話カウンセリングしているとテレビの音を小さくして気兼ねしているから、これじゃあ寛げないなと、夜電話を受けることをやめた。家業をしているお宅の悩みもいろいろと聴いてきたが、自分がそれをしてしまっていた。本末転倒とか、親が環境になれ、とブログに書いている私自身がそれができていなければ何をか言わんやだ。

45歳で退職してから7年間突っ走ってきたが、バランスを取るときがきたように思う。だから、ゆったりとした時間が流れるような、そういう時間を過ごそうとしている。

居間のこたつで私が寝ころんで本を読んでいたりすると、そのこたつで何かしていた娘とひょんなことから話が始まったりする。
先日は、息子が大学にパソコンを持参しなければならないので、息子の自転車のカゴをバッグが入る大きなカゴに替えたが、そのとき息子と一緒に交互に支えつつ作業をした。私のやり方を見ながら息子もやり、しっかりと8本のネジを締め終わったときは共同で成し遂げた感があった。「ご苦労さん」ポンポンと肩を叩く。…こういうささやかな時間がいい。

人が生きる時間が命である。
その命をどう使うのか。誰とどう過ごすのか。

家族とともに、ゆっくりといこう。



-------------------------------------------------------
相談者の方から、よく「お父さん」のようなイメージで見られることもある。
リーディングをしていただいた方からも同様に言われた。電話を切った後でもつながっている感じがしたという。他の相談者の方も、お父さん=他人じゃない=つながっている感じを感じているだろうと言われた。

だが、私の方でどこかしっくりと来なかったのは、私がまだ自分の家族でお父さんをやっていなかったからだろう。つまり、実体とイメージの間にギャップがあった。だから、どこかで無理をしているところがあったのかもしれない。

「ご自身が自覚している以上に、相手と人間として向き合っている」と言われて嬉しかった。そう、あくまで私は、機能としてのカウンセラーではなく、一個人として向き合っている。いわゆる、そこにいるおじさんなのである。



-------------------------------------------------------
私が父親になるのは、むしろこれからだ。
親が親になり始めれば、子は子に返り始める。
その上で、親子をちゃんとやる。

それをしなければ、子供たちが大人に向かうことができない。
まずは、私自身が夜をゆったりと過ごすところから始めたいと思う。

そう、ゆったりとした川の流れのように、ただそこにある(Be)。
これしかないんだね。

子どもの人生は、これから本格的に動き始める。
いろいろな思いをすることだろう。
何よりそこをしっかりと見守っていくことが私の責任である。





★子は鏡-------------------------------------------------

その後、ひょんなことから息子と話すきっかけがあった。
ここに書いたこと全てを話したわけではないが、大事なところは話ができた。息子も、自分が未熟で自分がこれから育っていかなければならないことを自覚していた。自覚しているところが凄い。私も、父親としてはまだよちよち歩き。
「二人とも、これからだね」


その後のある日、朝思い立って寝ている息子のところに行った(襖開け放しているからね)。頭を撫で、そのままそっと手を置いた。起きるかなと思っていたが、不思議だね。返って深~く寝息を立てていった。その様子を見ながら、「気持ちのままに生きなさい」―心でそう伝えていた。


さらにその後日の夜、たまたま妻が息子の部屋で息子と、私が居間のコタツで娘と話す機会があった。娘にも全て話をした。何も隠すことはなかった(この後の日記に出てくることも)。興味深そうに聞いていた。その後、みんなコタツで食事しながら話し。娘も息子もよくしゃべった。


そして、大学の受講科目を決めた日の夜、息子がまたいろんなことを話してきた。あくる日、早速ワードの使い方がわからないところがあって訊いてきた。妻が、「私がわからなくてよかった」と言った。テレビでは、なんと大学の授業や単位の取り方まで熱心に聞いている親の姿が映し出されていた…。


…こういう日常を通じて、すこしづつ変化している。不思議だね。子どもってほんとに鏡だ。私が父親として存在し始めただけで、短期間にこんなにも変化を見せ始めている。

ゆったりと大らかに家族全員を眺める位置にいる―そのことが、家族をとても安心させるんだなぁと実感する。しかも、それを無理してやるのではなく、弱さも全てさらけ出した上で、一人の人間として自然体でそこにいる。

どうやら私も父親になり始めたようだ。




-------------------------------------------------------
永遠に発展途上!

ならば

焦らず、

生身の個性を持った人間として、

癖が出たり失敗したりしながら、

ゆっくりと歩いていこう。









美空ひばり 「川の流れのように」





関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

淋しい淋しいといっています
なんの気持ちなのか、なぜかでてきます。

そしてホッとしてます。
皮膚の表面なのか心の中なのか、何かがポロポロと剥がれ落ちていってるかの様な。
そしてそれが霧になって消えていってるみたいな感じです。

なんだか許されてる感じなのかな。
読んでてそんな感じがしました。

なんだろうな。

ありがとう。


先生の人間くさい所が見れてなんかホッとしたのかも。

今まで意識と無意識の間位で『自分とは違うよ、先生が言ってる事は自分とは違う次元の話だからさー』って感じでIPが言ってた感じがしました。
だから先生が人間だったぁ!私は違くないって勇気がでたのかなぁ。そんな気がしました。

気持ちのまま。ですね。

 

このシリーズ興味深く読ませて頂きました。
中尾さんに弱さがあってよかった。
奥さんが中尾さんの奥さんでよかった。
娘さんと息子さん、
安心して羽ばたく準備をされるのだな。と感じました。

そして、群れず1対1。
やはりそうなんだ!と思いました。
10年団体に属した経験から、
どんな行動も意思を持って、大きな群れとなった時、
束縛が生まれ、成長が止まるような気がするのです。

それぞれが自分の足で歩いていて、たまたま方向が同じ
それが自然に流れになるのと、
大きく違うと感じます。
それぞれが、気持ちのまま行きたい方へ行ける
新しい道を見つけて、そちらへ行っても大丈夫。
流れは止まらず変化をするだけ。
いいなぁ~そういう関係。

そして"「謙虚になる」ということは「自分を戒める」ことではない。"
という言葉が心に響きました。
謙虚に通じるものは畏怖だったと思い出しました。

我が家も少しずつ、変化をしてきています。
時間が必要なものなんですね。
積み重ねた時間が今を作ってるということが
ようやく分ってきたような気がします。

そういえば、中尾さんと奥さんにお会いしたとき
中尾さんは「旅人」、奥さんは「妖精」みたいな人だな。という
印象を受けたのですが、あながち間違っていなかったようで嬉しかったです^^。
そして私はお二人のことを、
心から信頼できる、人生ちょっと先に歩いている先輩。と思わせていただいてます。

何だか思いつくままですが、コメントしたくなりました^^;。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード