プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

夫婦再生物語-(12)IPの逆襲

2010/04/23(Fri) Category : 夫婦問題
夫婦再生物語

■IPの逆襲---------------------------------------------

ところで、その後のある日、妻と二人で車で買い物に出かけたときのこと。
片道2車線の交差点で右折をするため、左から来る車の流れが途切れるのを待っていました。

左からも右折車が並んでいて見えにくいのですが、なかなか途切れません。
バックミラーを見ると、後続の車が数台連なっています。
横断歩道の信号が点滅を始め、もうすぐだなと思いました。

そして、少し間が空いたかな、と思ったとき、私は車を発進させていました。
出た瞬間に左から近づいてくる車列を見て「やばい!」と思いました。
しかし、目の前の横断歩道にも人がいましたのでスピードを上げるわけにもいきません。

私は逃れる速度で進み、横断歩道の前で止まり、かろうじて難を避けることができました。もちろん、クラクションを鳴らされました。

よもや大惨事を引き起こしかねなかったことの出来事に、私は相当動揺しました。妻も同じく動揺したようでした。

なぜ?
二人はつながって死への無意識の衝動は脱出したはずなのに、なぜ?!



私たちは買い物をすませると、その交差点を眺めながら話し合いました。
この問題は、この日の内に片付けてしまおう。

そして、そのときの私の状況を思い出しました。
私はなぜ車のアクセルを踏んでしまったのか…?


あのとき、頭の内奥にモヤッとした感じのものがフッと現れたのです。
それは、「後ろの人が待ってるぞ」―そんな感じの言葉でした。
その言葉に従うかのように、私は車を発進させたのでした。

「IPだ!」
悔しい思いで私は叫びました。


急げ、早くしろ、待たせるな
―あぁ、常に追い立てるように人を急かしていた父の顔が浮かびました。
あぁ、これか…私はIPに急かされたのだ…。
(この場合は、いわゆる「急げ急げ」というドライバーですね)




*以下、そのときの気持ちです--------------------------

悔しかった。
情けなかった。
泣きたかった。

この何とも言えない敗北感。
まだ、俺はこんな声に踊らされているのか!
人を巻き込む大惨事になるところだったんだぞ!!

心から悔しかった。

だから、この悔しさと情けなさを、しっかりと焼き付けた。


「腹をくくる。誰になんと言われようと安全第一! 急がない」

「IPがささやく声は、フルしかと(完璧無視)する!」

私は、妻に宣言しました。





■心を手放すな----------------------------------------------

この“事件”は、あの逆走事件とは全く異なる意味を持っていました。

このように、自分の中で地殻変動が起こってバランスが崩れたとき、その虚を突いてIPが出てきます。また、ICとつながったとき、IPは逆襲を仕掛けてきます。

IPは、こんなモヤッとしたささやきで人を動かしてしまうのです。
それに身体を操られてしまわないように、常に自分の心が自分の操縦桿を握っている必要があります。

この社会は心を手放すように巧妙にし向けています。
(10)で書いたように思考に踊らされないことです。



関連記事
 
Comment6  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

逆襲[i:63912]

昨日、あの頃の私はこうしたかった、辛かった、悲しかったと過去の自分の気持ちをボロボロ泣きながら一通り振り返りました。
なんとなくスッキリして、これからは自分の感情を大事にしようと思った矢先のことです。

友人のフラの発表会に行くため、子ども達を託児所に預けて会場に向かったのですが、注文していた花束は忘れる。すっかりここだと思い込んでいた会場は間違っている。正しい会場にナビをセットしたはずなのにまた別の場所に向かってる。あえて会場から離れた駐車場に入れようとする。
…そんなこんなで結局友人の舞台は見られませんでした。

これでもか、これでもかっていうくらいの失態。
これはもしかしたらIPの逆襲なんでしょうか。

昔から肝心な時にドジをして「まったくお前はダメなんだから」と言われ続けてきました。
子どもの頃にもなぜか友達の家にたどり着けず、最終的に母親に皆で出掛けるはずだった場所まで送ってもらったことがあるんです。

悲しくて情けなくて、友達の信頼も損なって傷ついて。
また同じです。

でも負けません。
きっとIPが必死になるくらい、私の中で変化が起こってきてる証拠だと思ってこれからも頑張ります。

中尾さんのブログを読んでなかったら私はやっぱりダメなんだと自分を見捨てていたでしょうね。
でも敵の正体が掴めただけこちらは有利なんだと思えるようになりました。ありがとうございます。

 

わかるわぁ、、。中尾さんの話も皆さんの話も、、、。普段は平気でも、何かの瞬間「魔」がさす、んですよね。人がIPに操られる瞬間ってのを、世間では「魔がさす」っていうんだと思います。母親と断絶する直前何十年かぶりに伊勢神宮へドライブ旅行に行きました。良い旅行でしたが、最も印象的なのは母親がIPに取り付かれる瞬間というのを間近で見た事です。他人の事はよく見えるじゃないですか、、、(^^)
朝、出かけるというのにぐーだらしている子供達。母親は出発予定時間までに子どもの身支度が間に合うのかとハラハラしていたんですが、かわいい孫を怒鳴るわけにもいかず、しばらくは黙っていたんです。ところが、心の限界に達したんでしょう。何かのスイッチが入ったように急に立ち上がり、部屋の中をせわしなく歩き回りまして、、、それがなんというかカサカサ、ソワソワ、、、心ここにあらず、といった妙な様子で無意味に部屋中を、歩き回っていました。それは大人という雰囲気ではなく、どうしていいか分からないけど、座ってると怒られるからうろうろしているビクビクした子ども、のようでした。それを横で何気なく見ていた私は「あ、魂抜けてる!」とその時は思ったのでしたが、、、今思えばIPに支配されていたんだな、と、、、。人は老齢になっても、何かをきっかけにIPに乗っ取られ、気づかずに色々壊しているんだな、と思いました。母親はあえて病気の名前をつけるとすれば自己愛性人格障害的なんですが、子どもの頃どんだけ辛かったんだ!と今では思います。でも絶対に認めないんだよね、自己愛の人って。私は幸せだった、って事にする。で、今幸せじゃないのは「お前らのせいだ!」ってなる、、、あ、、、私も少し前までは同じだったなぁ、、、、。子どもの頃幸せだったとは思わなかったけど。やだやだ、世代間連鎖は現代版の怪談だよなぁ、、、。

 

もしかしたら・・・

『私はもう、かなり自律できているのかも』
と、本日の記事を読ませていただいて思いました。

同じように車での右折待ちの時、過去の私は

『他の(ならんでる)ヒトへ迷惑かけないように
タイミングよく右折しなくちゃ(>_<)』

と急かされるように右折していました。
しかも得意げに。

最近は、『事故ったら自分の責任』とちゃんと自覚できているようで
すごぃ余裕をもって曲がります。
もしかして後ろでイラっとしてるヒトがいるかもしれないけど、
それより自分の安全のが大事だし。
(=他の人の安全でもあるし)
イラっとするのはそのひとの問題だし。

いい意味でちょっと冷めた感じに&冷静に、
大事なこと(命)は最優先できるようになりました。

『後悔』はしないけど今生が終わったら『反省』はするかもねー
っていう良いノリで自分の感情に対しまっすぐと向き合うことができるのは
こちらのブログのおかげです。

ありがとうございます。

同じ『自律』という目的に向かい進んでいる『仲間』として
これからも進んでいきます。

 

よく似ていますが私の場合は今は運転はしていないので、「他人に迷惑をかけてはいけない」という過剰な他者への配慮という形で出てきます。
先日はコーヒーショップのテラス席に座ろうとしたら、ガラス越しに店内から外を眺めている女性の姿が目に入り、「せっかく気持ちよく外を眺めているのだから、彼女の視界を遮ってはいけない」と、邪魔にならないような席に座りました。
すると、私が座らなかった席に喫煙する人が座って、私の方にタバコの煙が流れてきたのです。
私は、「せっかく店内の人を気遣って私は良いことをしたはずなのに、どうして私はこんなにいやな思いをしなければならないのだろう?」と思いました。
その時に、「周囲に気を使いすぎて、自分の場所を自ら放棄している自分」のいつものパターンが出ていることに気づきました。

そのあとでスーパー銭湯に行ったのですが、露天風呂のベンチに腰掛けようとすると、ガラス越しに中の湯船から外を眺めている人を見つけました。
その時は先にコーヒーショップの一件があったので、「関係ない、関係ない。私はここに座りたいんだから」と、自分の気持ちを優先することができました。

いい人になりすぎて自分を隅に追いやっても、なんにもいいことはありませんよね。

 

IPだったんですね

私も、後列で待っている車にはとても緊張します。
(早く、早くしなきゃ!怒られる!)と、まるで条件反射のようです。

IPなんだろうか…と思いつつ、向かい合わなかった。ごめんね、ICちゃん。

 

標語ができますね^^

腹くくり 安全第一 急がない

IPが ささやく声は フルしかと


車に乗ると人が変わる人いますよね。
やたら周りの車の運転に暴言吐く
怒りの塊、同乗してると気分悪くなる・・・
怒りのまりもようかん
まりもようかんが、つまようじにちょっと突かれただけで
ぷるんと中身のようかんが出てくるように
些細なことで怒りが噴出してくる

きっかけなんて何でもよくて
とにかく怒りを外に出したい。。。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード