プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

妻から、ご心配いただいた皆様へ

2010/05/12(Wed) Category : 夫婦問題
夫婦再生物語

コメントやメールで多々ご心配をいただきありがとうございました。
妻へのご心配をいただいたメールもあり、妻からも御礼をしたいとのことで、ここに掲載いたします。


★--------------------------------------------------------

色々な言葉を戴きました。
私へのお気遣いをありがとうございました。

去年の秋ころからでしょうか。私は気づきの日々で、言葉とか理論とかじゃなくただ感じる(イメージというか)ことが多くなりました。

夫の中にも「無意識の気づかれない何かがある」と私が感じはじめていました。それが何かはわかりませんでしたが、「貴方の中にまだ何かあるように感じる」と伝えるだけで、後は相手が気づくまで待つしか出来ません。

そんな彼が気づいたものは大きかったのです。
これまでずっと心のひだの奥の奥に隠れていたチャイルドが出てきたことは喜ばしいことでした。ひでし君からのメールを読んでまずそのことを喜んでいた私です。おお!チャイルドが出た!と読み進めました。

その内容はよく考えたら、それどころじゃないわけです。
一度だけ読み返し、後は自分の気持ちを正直に書いてゆきました。

たとえ夫でも共依存を感じたら手放すしかない、と覚悟を決めて返事を書きました。家族、親族、子ども、生活、などなど浮かびませんでした。ふと浮かんだようにも感じますが、振り払ったイメージがあります。

ひでしくんは可哀想ですが、私は母親になれません。
私は私以外の何者にもなれません。

彼はあんなメールを書いたところで、自分に立ち戻ることが出来るよう日々研磨している人間です。結果的には、私の返事で、私が共依存にないことを確認出来たわけです。私も夫が、私に依存する気はなかったことが確認出来ました。

ただ、正しく絶望する。

そのために私にぶつけたかったのです。
結局、私もただ鏡になっただけでした。

今は新しい関係になっています。
人は常に新しくなれるという感じを抱いています。




---------------------------------------------------------
カウンセラーも普通の人間ですから、当然こういうこともおこります。
しかし、公開すると私に相談してきた時は中尾の勇気に感服しました。

自分がモデルになる危険性、傷を受ける可能性、それを承知で、色々な覚悟の上で今回のことを書いた彼に迷いも憂いもありません。出す全部の記事を私も読ませてもらってから賛同しました。

カウンセリングの内容をブログに書く危険性を、読んだ方に気づいて欲しい思いも私にはありました。

他人のホームページの掲示板でさえ、コメントひとつで揺さぶられる現象が起こります。自分のサイトに沸き起こる反響を受け止めるには相当の覚悟が必要です。

ほとんどの方があたたかく見守ってくださりました。
大変揺さぶられた方もいらして、ちょっと足踏みしてしまったでしょうか、後から深い気づきになったことと思います。同時進行で気づきが深まる方々もいらしたことには感銘を受けました。



---------------------------------------------------------
私たちは、たまたま夫婦でしたが、どんな間柄でも同じことだと思います。
親子、兄弟姉妹、友人、恋人、隣人、同僚、上司、部下―どの人間関係でも、共依存は手放すだけのことです。

離れるに離れられない場合もありますが、
あなたがそこにいて(在る)もいいけど、私は私でここにいる(在る)だけ、
というスタンスでいたら外に向けた代償行為をしません。

徹底して自分はただ在るだけです。

囚われを手放したら、対象が目の前にいても平気になります。




---------------------------------------------------------
私のチャイルドの心配も戴きました。ありがとうございます。

私は、泉のように湧いてくるチャイルドたちをいつも抱きしめています。
IP(生き癖)も敵視せず、まぁ手を取り合って仲直りしましょっていう感じです。
人間ですからやっちゃいますが、やっちゃったなって気づくのが早くなり、自分の中で解決してしまうことが多いです。

やっちゃった自分もあまり大騒ぎせず(大騒ぎすると脳が強く記憶して自分を責める道具にしちゃいますから)、さらりと泣いてさらりを立つだけです。立つのは心で、体は寝ていてもいいのですけどね。

立つ、在る、そんなイメージです。


今回の中尾のチャイルドは中尾のものです。
私のチャイルドとは関係性があるように見えて、やはり個々の問題です。
私のチャイルドに直接の影響はありません。




---------------------------------------------------------
夫から妻への感謝はあるのかと心配もいただいてます。
ありがとうございます。

全てはお互い様です。
私が共依存に気づいてから、ずっと自分と向き合い続ける姿はとても美しいとはいえませんでした。なんだかんだと言いつつも、それを見守ってくれた彼に感謝をしています。

正直いって、発狂したいくらい私は自分の負の部分を見たくなかったのでした。ついつい憎むべきものを、過去や親や育ちや色々なものを自分の外に探しました。もちろん沢山見つかりますが、代償行為ですがら意味がありません。ますます焦燥感だけが募ります。

自分のチャイルドを癒すことが出来る大人は、
親でもなく大人になった自分しかいない。

私の一番の理解者は私自身なのですよね。
そこに気が付いたら、自分の外に向きません。

決心したら揺らがない覚悟だけです。




---------------------------------------------------------
そうそう、近藤雅彦の「ザンバラ」を覚えましょうかと冗談を言う私は少しだけ傷ついていたと夫は知っています(笑)。


伝えたら手放す、それだけです。


手放した私は傷ついていません。


不思議ですね。
















●--------------------------------------------------------
妻の好きな歌を贈ります。
この歌を聴いて何度も泣いたそうです。




ゆず「虹」








関連記事
 
Comment11  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

希望

私は両親を見て夫婦に憧れ
両親をみて夫婦を絶望し理想を失いました

そして主人と出会い自分なりの理想を築こうと再び夢を見て

自分の現実を知りまた絶望しかけたりもしました


今中尾先生夫妻にまた夫妻というものへの希望を与えられた気がします。


日々見守ってくれている主人にも感謝の気持ちでいっぱいです。

奥様、集団カウンセリングの日
ハンカチありがとうございました。


なかなか進めないでいますが、いつかきっと自分を取り戻したいと強く思います。

 


ビックリしました。

この曲、以前働いていたバイト先でよく流れていました。
1ヶ月で挫折したのですが…、それがアダルトチルドレンと…このブログとの出会いになりました。

当時は、私はこの曲の「弱虫」の意味を思い切りはき違えていて、(笑)
それが更にIPを加速させていました。


今なら、わかります。
そして、柔らかい…優しい気持ちで、歌詞を読むことができました。涙が出ました。あの頃は、泣けなかった。感情がなかった…

思えば、あの時聞いた歌詞は、間違いではありませんでした。
だって今、私たち家族は…幸せです。生まれてこの方、これほど穏やかで、安心できて、笑いに満ちた時間は…母にも私にもありませんでした。恐怖と絶望の18年間が、私たちの手で、変わったのです!受け継がれし負の連鎖を、断ち切ることができたのです!
「間違いなんてきっと何一つない」まさにその通りです。
先生と奥様のこれからを…陰ながら、応援させていただきます。
先生、本当にありがとうございました。

では、これにて。

 

 

涙がでた。

 

ブログにインターネット上に書くということは勇気がいりますね。
私もコメントを書くなかでほかの方のコメントに大きく揺さぶられたことがあります。
実際コメントどころの量ではない自分をさらけ出している中尾さんが受け止めなければならないものの量はすさまじいと思います。
私はおそらく自分のことをブログに書くことがあってもコメント機能はつけられません。
本当にありがとうございます。
ひきこもったのが7月、ブログを読み始めたのが12月、内面的にはそこからいろいろな気づきが次から次へとおこり、けれど表面的には社会復帰をしようと焦る自分がいて、でもそのさらに奥に「5月までは休め、5月になったら変わる」という根拠も何もない指示がありました。
けれど、4月末でこのブログがひと山こえ、それに少し遅れる形で私もひとつ山を越えました。26年間かけて登ってた一つの大きな山の終了だと感じました。
不毛な永遠の片思いと自分では思ったのですが、そうか、絶望ですね。これは。
ひどい憎しみと嫌悪が裏返ってしまったらそこにあったのはどうしようもない愛でした。
届かない愛。報われない愛
どうにもできないという事実。

とてもおなかがすいている状態で目の前においしそうなものがあるのが見える。でもそれはサンプルで食べてもおいしくない。
頭ではわかっていても見えてしまう、見てしまう、体がつらい。

外にいると平気なのにこの家にいると酸欠になるみたいに頭が動かない。
もうおままごとみたいな家族ごっこには参加できない。つらい。

近々家を出ます。

お母さん大好きだよ、でもここに私がいるといつまでたってもお母さんだね。
娘役はいなくなるから、いつか気づくといいね。
さようなら、さようなら。
あなたに幸せになってほしかった。
あなたに愛してほしかった。

私は私に戻って私の道を生きます。







 

(^^)

素敵だなぁ、、、真智子さんも中尾さんも、、、、。
自分の心のレポートをここに書く勇気、とても尊敬します。
たくさんの読者、顔をさらして仕事をしている人が 自分の心を「ご参考までに」と裸にしてさらしている、、、。愛と勇気と思いやりが揃っていて初めてできることですよね。
この連載を読みながら自分の内面を見ることで、みんながそれぞれ何か一皮むけたような気がするのは気のせいでしょうか?私も「正しい絶望」からスタートします。ありがとうございました。

 

これまでの記事で、
みんなの成長や、気づきになったのは、
読者の良い人柄のおかげです。
読者本人の力。
そういった方々から、
沢山の愛情を受け取ったのは、先生の方ですね。
相談者とカウンセラーの逆転にも見えます。

与えるステージに移行した、とのことですから
これからの先生を見ていますね

 

このシリーズが始まった時(書いたかもしれない…)

先生とまちこさんと彼と電車に乗って、小さな子供の赤い靴を彼が持っていて

まちこさんが彼を呼んでいてあたしと笑ってて

先生は見守ってる感じで

穏やかな夢だった


あたしがあたしでいる
それだけであたしは幸せだなあ
更新を友達のブログで知って飛んできました

嬉しかった!!

 

真智子さん、中尾さん

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。

寂しかった。

 

こんばんは。
『夫婦再生物語』を最後まで読んでから時間が経っている最近です。その間、日増しに感じていました。

『夫婦再生物語』は、わたしが憧れる未来像だなあと。
わたしはわたしで叶えたいんだと、密かに心の奥で頑固に抱き続けていた理想だったのかもしれないなあと。
そして、目の前にして見たっていうことは、わたしはモデリングを見ているのかなあと。


共依存の関係だと気づいたら別れなきゃいけないとか、そんな決めつけ思考なんて気にしないで、私は気持ちのままに自由に生きていきたいです。そんな気持ちが増しました。決めつけ思考は就活に関する決めつけ思考ともグルになって、私の手足を縛りここから出られないように気力を奪うだけ。
気にしない。きっとだいじょうぶだよ♪な気持ちで、IPもICも笑顔でハグしながら私骨を大切にしていく感じで、ゴーっ!!です><。。
これからの未来で出会う多くの人達を恐れない、自由なわたしの気持ち。大切に守り育みたいです!


私は恋すら抑圧されていた。でも、ICとリンクし始めてから、恋をする時を自然に受け入れる私自身が、ちょこっと芽生え始めているような感じがします。
この家の扉を開けたら、私は新しいことをどんどんはじめるのだろうと思う。
でも実は、扉を開けようとしている今も、既に新しいことを自由なることを、はじめているような気がします。
4月に比べて、日常的にこの家の扉を開けることが苦では無くなって来ました。身近なボスキャラさんからの尋常ではない言動も増してきている感じもしますが、私は私らしく、乗り越えていけそうです。

いや、何をされても、私は私の夢をあきらめないぞという気迫が、今はとても強いです。(強すぎて部屋の電気の接続が壊れつつあるくらいなんです^^;私は念で電力を壊せるらしいっす^^;うへ。)


このタイミングで、最新記事を知ることが出来、勇気を頂いたような気持ちです!自律したい気持ちをあきらめない勇気を、ありがとうございます!!

嬉しい!
わたし、頑張ります!!!☆

うん。
あなたも私もオッケー(●^o^●)!!!☆

 

なんというか…奥様の言葉がとても力強く美しいので、
心の中がじんとしました。

心の旅路は山有り谷有り、
何時終わるとも知れない旅ではないかと…、
個人的に自分自身の行程の過去、現在、未来を思います。

だけど。
風景は以前より確実に美しい。

私も…自分を大事に正直に行きる事にしたから、
きっと世界は美しく見えるんだと思えます。
余り怖がらないで、信じてみようという気にも、
少しづつ少しづつなれていけてるようにも思えます。

これからも泣きながら、笑いながら、
転んで休んで…やって行きたいと思います。

私も言いたい。
中尾さんと奥様、
そしてコメントを読ませてくれた皆さん、
本当にどうもありがとうございます。

 

私はこのブログに出会って自分を見つけられました。ネットって便利だけど大変です。どんなに大変だったかと思います。自分の国の言葉がこんなに難しいと思ったことはなかったです。だから、伝えたい気持ちを一番表してくれる言葉を書きます。ありがとうございました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード