プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

鳩山首相の辞任が示すこと

2010/06/02(Wed) Category : 世相・社会
「私も引きます。
 しかし幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい」

見事だと思った。


★時代の転換期における「権威」の役割--------------------------

「組織を変えていくにあたってもっとも重要な役割が、アンシャンレジーム(旧体制)の壁になることなんです」

「というのは?」

「たとえば、上杉鷹山が上杉家を立て直そうとした時の最大の危機は老中たちのクーデターでした。その危機を救ったのが旧体制のボスであった大殿です。大殿は『自分はなにもしなかったが、鷹山を連れてきたことが最大の成果だ』と言ってます。が、私は最大の貢献をしていると思っています。

大殿はなにもしなかったからこそ旧体制から支持され、そして支持されたからこそ、大殿の一喝と厳しい処罰でクーデターは治まったのです。最大の危機の時に最高に威光を活かすことができました。まさに生涯に一度しか抜かない伝家の宝刀を抜いた一瞬だったと思います。大殿がいなければ鷹山の改革はならなかったでしょう」
【「あきらめの壁をぶち破った人々」より】




★伝家の宝刀を抜いた鳩山首相--------------------------------

私は上杉膺山が好きだ。
しかし、彼が藩政改革(県の立て直し)を成し遂げることができたのは、大殿が体を張って盾になってくれたからだと思っている。

【自由からの逃走】シリーズを読まれればわかるように、私たちみんなが意識するとしないとにかかわらず現社会システム(旧体制)を維持している。頭で変えなくてはいけないことがわかっていても、習慣化した体はなかなかついてこない。「変化」とは、どれほど大変なことだろうか。

これまでの流れを変えるためには、旧来の政治勢力の力をそぐことと、新たな政治勢力が必要だ。小泉は自民党を崩壊させ、小沢は民主党の基盤を創り上げた。二人の“協力”によって変革の器ができた。

しかし、このままでは方法論が変わらなかった。方法論が変わらなければ、新たな“旧体制”ができるだけである。そこで鳩山は自らの辞任とともに、旧来の方法論(小沢)を封じたのである。

鳩山首相は、最後に伝家の宝刀を抜いた。
見事だったと思う。




★現代文明の鍵―「軍」と「カネ」--------------------------------

もう一つ、彼は大きな貢献をしていった。
鳩山首相が辞任の理由としてあげた二つのこと―“普天間”と“政治とカネ”

つまりは、「軍」と「カネ」の問題。
彼は、現代文明を平和に導かないものがなんであるかを、すべての人に明らかにして見せた。「カネ」という幻想に踊らされている人類。そのカネの最大の消費先は武器であり軍である。それらは不安と恐怖をまき散らし、人々を相互不信に陥らせている。結局、カネは豊かさのためではなく、人々の分断のために使われている。

私たちの文明は分岐点に立っている。
そのキーワードを彼は明確に示したのだ。

あとは、私たち一人一人が、そのキーワードについて、自分の問題として取り組んでいかなければならない。私たちに向かって賽は投げられたのだ。




★新しい酒を注ごう------------------------------------------

「明治維新が成ったのも、徳川慶喜がいたからこそだと思います」

「ほう。普通は、維新の志士たちが脚光を浴びるがね」

「そうですね。私も竜馬が好きですが、自らとともに江戸と呼ばれた時代を封印したのは、最後の将軍慶喜です。大政を奉還した後、自分は趣味人として生き政治にはいっさい口を出さないことで、旧体制にも口を出すなという無言の壁になったわけです。あれだけの才能が趣味だけに生きるのはとても辛いことだったと思います。見事な引き際であり、見事な耐え様であると思いましたね」
【「あきらめの壁をぶち破った人々」より】


鳩山首相は、自らの辞任とともに、角栄の申し子であり影の最高権力者である小沢を辞めさせた。この二人の辞任とともに、旧体制は封印されようとしている。

破壊者:小泉
基盤整備:小沢
旧体制封印:鳩山

三者それぞれにそれぞれの役割を果たしたと思う。

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」―その準備は整った。

さぁ、若き志士たちの出番です。












*追記*
FC2のバグだと思いますが、本日9:00以降に記載されたコメントがなぜか消えています。昼間は出ていましたので、ただいま(21:00)忽然と消えているのを見て驚いております。幸いコメントはお知らせメールで届いておりますので、取り急ぎ私の方でコピーして再掲載させていただきます。コメント管理のページには残っているのに不思議な現象です。
…と、思ってやろうとしたら、また忽然と戻っていました。なぜ??
ともあれ、このメモは、こういうこともあったということで残しておきます。…にしても、???





関連記事
 
Comment12  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

徳川慶喜

今の首相官邸である江戸城に将軍として一度も登城した事がない。

竜馬が土佐を飛び出したというのであれば、慶喜公は江戸を飛び出した。

リーダーとして前例に囚われない行動をして見せたではありませんか。
部下からも、前例が無い、将軍が江戸城に居ないなど権威に関わると言われても拒絶した。

偶然なのかわかりませんが、権力の象徴たる江戸城:将軍の座に座らなかったからこそ、引退後もしがらみに囚われなかったのではないでしょうか?

すごすぎて明治の志士は誰も慶喜公を越える事はできませんでした。
ですが、鳩山さんくらいなら越える事はできるので志士には頑張ってほしいものですね。

 

鳩山首相の辞任についての中尾さんの思い。
私は好きです。

 

一例として「子ども手当」――これで日本の国家財政・未来の若者たちの生活が破綻しないわけがない。

<初めに言っておきます。私はあらゆる政党が嫌いです。人類史上いちばん良かった統治形態は徳川幕府によるものだと思っています。

「アメリカには民主党も共和党も存在しない。大統領選挙は、候補者が最低数千万ドル、日本円で数十億円をかき集めなければならないので、政策で富豪(=財閥)の了解をとりつけてから両党の対立が演出され、国民が総動員されるアメリカの大パーティーなのである」
「アメリカには財閥党というひとつの政党しか存在し得ないメカニズムがある」
――アメリカのだろうと日本のだろうと、政党同士の‘いがみあい’の図を見せつけられるたび、この言葉が頭をよぎります。>



今いる子供たち、それからまだこの世に生まれて来ていない子供たちは“自分で借りたおぼえのない借金”を返済するために今後多大な苦労を強いられることになります。
無考えな「子ども手当」のばら撒きによって。



中尾さんは『「自己責任」に苦しむ20代』(3月18日)の記事を、一体どういうお気持ちで書いたのですか? この記事を書いた人が鳩山政権のしてきたことを肯定できるはずはないのですが。


?受け止め合う社会から、押しつけ合う社会に転じた。
他人からは押しつけられ、かつ自分が自分を責めて苦しく、もう人と会いたくないと自閉するかキレる大人が出てきた。?

今すでにあるこの傾向を、鳩山民主党の置き土産はさらに押し進めることになるでしょう。

?私が20代の頃と違って、今の20代は家庭内の世代間連鎖+社会的無責任の連鎖の影響をダブルで孤立無援で受けていることになる。苦しいねぇ…。?

“社会的無責任”のところに、“子ども手当の強行と、それを受け入れてしまった社会の懶惰”の語句を置いてもいいかもしれませんね。この‘社会’には中尾さんも加担しているわけですよ。

それにしても、“苦しいねぇ…”が、イラッとしますねぇ…。真に苦しみに共感するならこんな言葉も出ず絶句するでしょうに。

鳩山さんも中尾さんも……“拡大再生産された‘辻政信’”なのでしょうか?
(仁平和夫『翻訳のコツ』−「パラダイム」参照。)

?もうこんなに頭のいい人はいないと思われる人たちが、どうして、十歳の童子にもわかる道理がわからなくなってしまうのか。勉強をすればするほど、その道の修行を積めば積むほど、馬鹿になっていく。そんな不思議なカラクリがある。この謎を解かないかぎり、日本は救われない。いや、人類は救われない。?


ここで、ご提案をいたします。

『あなたの子どもを加害者にしないために』のタイトルを

『未来の子どもたちを加害者にするために』に変えてみませんか?

鳩山政権やったことは正しかったんだ、少なくとも功が罪を上回っていたんだ、と中尾さんが言い張り続けるのなら。



『こども手当って? ――厚生労働省にこども手当について聞いてみました――』


誰でももらえるってホント? 所得制限もなく外国人にも?
――もちろん子供のいるご家庭ならもらえます。外国人も日本人と同じようにもらえます。

え〜外国人にも? 子供一人当たり年間いくらもらえるの?
――22年度案によれば、月額1万3千円、年額15万6千円、23年度以降は、月額2万6千円、年額31万2千円です。

必要な条件は「住所のみ」というのは本当ですか?
――はい、住民票だけでもらえます。

養子でもよいというのは本当ですか?
――はい、実子と同じだけでもらえます。

日本に住んでいない子供でももらえるの?
――はい、もらえます。お父さんやお母さんが日本にいればもらえます。

え〜外国人の子供が多くなったらどうするの?
――いま考え中です。

どうして外国人にあげるのかな?
――憲法に法の下の平等って書いてあるからです。でも理由は今考え中です。

でもでもあげるお金がなくなっちゃったらどうするの?
――どうするか考え中です。平成23年度にはくわしくお話できます。

じゃあ外国に子供がいっぱいいるお家はいっぱいもらえるの? う〜ん、例えば100人とか!
――その場合は22年度では1560万円、23年度以降は3120万円です。

1000人の孤児と養子縁組をしている孤児院経営者が日本に住所を持った場合、みんなに子供手当が支給されるの?
――法律では年間1億5600万円、23年度以降は3億1200万円もらえます。

え〜? みんなもらえるって本当なんだ! 制限てないのかな?
――法律では制限はありません。でも施設の例外などは考え中です。

お父さんが財源は?って言ってたけどザイゲンってどうするんですか?
――税金です。

え〜税金? 消費税で言うとどれくらい多くなるの?
――数パーセント上がるくらいです。


日本の人でもたくさんもらえない人がいてるのに外国の人にたくさんお金をあげるっていいのかな? もうちょっと大人の人たちに考えてほしいなあと思いました。 (こどもちょうさたい)



「意固地」から脱却する長い旅をされてきたはずの中尾さん、

子ども手当を強引に可決させた鳩山政権はやはり立派だったんだ、と言い貫くおつもりなんですか? 
目的を達成するために使われる「禁止令」には何のご批判もないのですか?


鳩山民主党を象徴する言葉、
「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」

――これが国家ではなくて、個人、つまり肉体・精神・人格を統合した個人について言われた言葉だったらと思うと怖気をふるいませんか?
これは一つの「系」を成して生成しているもの・「格」を有して生きているもの・「存在の本尊」への侵入・介入を肯定する言葉ですよね? つまり、ハラッサーの存在の核をなしているものですよね?



?…「意固地」「思考(IP)」「照れ」「プライド」といった自ら築き上げてきた壁をぶち壊して、ICがいつ出てきても直結できる自分になること―それが自律なのだと思いました。?

?かつての私は、「意固地」と「思考(IP)」に行動を阻まれていました。いわゆる素直に行動できないというやつです。けれど、人の話を聴いて行動したり、サインに気づいて行動を変えたりしたときに事態が好転する体験も積み重ねていました。?

http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1971.html

この調子でまた新たな体験を積み重ねていただきたいものです。


操り人形は責任をとらない(とれない)(5月23日の記事)――これって、鳩山・小沢にぴったりなタイトルだと思うんですけど。

彼らの退陣はちっとも立派なものではありませんでした。積極的に選択されたものではなく、消去法的にあれ以外にやりようがなかったのでしょう。
あの無様さを比喩するのに事欠いて我らの精神風土の至宝・上杉膺山の名をもってくるとは一体どういう神経なのですか?



<参考>

■子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組

2010年4月24日 2時31分 毎日新聞

 兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したという554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請をするため、同市の窓口を訪れていたことが分かった。市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。インターネット上では大量の子ども手当を申請した例が書き込まれているが、いずれも架空とみられ、同省が数百人単位の一斉申請を確認したのは初めて。【鈴木直】
 尼崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。妻の母国・タイにある修道院と孤児院の子どもと養子縁組をしていると説明し、タイ政府が発行したという証明書を持参した。証明書は十数ページに及び、子どもの名前や出生地、生年月日などが1人につき1行ずつ書かれていた。担当者が「養子はどの子ですか」と聞くと「全員です」と答え、男女で計554人と説明したという。
 男性には実子が1人いる。子ども手当は月額1人につき1万3000円(10年度)で、計555人分が認められれば、年間8658万円の手当が支給されるが、厚労省子ども手当管理室は「支給はあり得ない」と言う。
 今回のようなケースについては、国会審議で野党から問題点として指摘されていた。手当の支給要件は(1)親など養育者が日本国内に居住している(2)子どもを保護・監督し、生活費などを賄っている−−の2点だけ。母国に子どもを残してきた外国人にも支給されるうえ、人数制限もなく、機械的な線引きが難しいためだ。こうした盲点を突かれ、ネット上では「100人を養子縁組しても手当はもらえる」といった書き込みや批判が絶えない。同省は今月6日、ホームページに「50人の孤児と養子縁組をした外国人には支給しない」と記したものの、根拠は「社会通念」とあいまいだ。何人以上なら不支給という明確な基準はなく、同様の申請が各地で続発しかねない状況となっている。
 尼崎市の男性は、子どもへの送金証明や面会を裏付けるパスポートのコピーなど外国人に求められる書類をそろえており、事前に調べてきた様子がうかがえた。市の担当者は「可能ならもらおうという意欲を感じた」と話している。


■子ども手当554人分申請、「タイで養子縁組」…不受理

2010年4月24日15時0分 朝日新聞

 兵庫県尼崎市在住の50歳代の韓国人の男性が22日、同市役所を訪れ、タイで養子縁組したとする554人分の子ども手当の支給を申請していたことが分かった。市は「養育の実態がない」などとして、不受理にした。
 市こども家庭支援課によると、男性が市役所を訪れたのは22日昼前。妻がタイ出身で、「タイの修道院と孤児院の子ども計554人と養子縁組した。子ども手当の申請をしたい」と申し出たという。
 男性は養子縁組を証明する公的な文書として、タイ語で書かれた数十ページの書類を持参し、そこに書かれた子どもの名前や出身地、生年月日などを示したという。市から照会を受けた厚生労働省子ども手当管理室は「制度の趣旨に合わない。支給の対象外」と回答したという。
 同省は、海外に子どもが住む在日外国人への子ども手当の支給について、年2回以上の面会▽来日前に親と同居歴がある▽継続的に生活費などを送金――などの条件を通知しているという。
 2010年度の子ども手当の支給額は1人あたり月額1万3千円。この男性の場合、仮に支給されれば、年間の支給額は554人分で、8642万4千円になる。


>「養育の実態がない」などとして、不受理にした。

――養育の実態があれば受理したのか?




 

>まるこさん

>一人の人間が自律するのだって3年以上かかるんだからさぁっ!
>国だよ?外交問題だよ?
>なんで焦らせるんだよ?(泣)

10年以上もの時間をかけてようやく合意に至ったものをひっくり返したのだから、相応の覚悟はしておくべきだったかと思いますよ。

 


こんにちは。先生

鳩山首相の辞任劇について、そのようにお考えなのですね。

私は小沢さんとセットで逃げ切ったんだと思っています(^ω^;)
鳩山首相の瞳には感情が何らないので。操り主は小沢さんと母親だろうなーと前から思っていました。

これからの時代はどうのこうのと、言うのも聞くのも最近は面倒です。そのようなものは、生きてみなければ分からないと思っています。

まあ、私から言わせればなにがそんなに不安なのかって感じですが。空は青い、木々は美しい、ごはんが美味しい…それだけでだいぶ幸せじゃないですか?私だけ?
不安なんて探したって辛くなるだけです。現実は考えれば考えるほど苦しくなります。
なら頭を空っぽにして、良いこと探しに生きた方が幸せになれませんか?

ってなわけで、のんびりと経過を見守りま~す('∀`)ノシ

 

私は、賛否両論あって良いと思います。

 

「今日の自分が昨日の自分と矛盾することをおそれていてはいけない」

「今日の自分が昨日の自分と矛盾することをおそれていてはいけない」
中尾さんの再生物語は、まさにタイトルを表していたと思います。
私をはじめ読者の理想の父親像や色々な幻想を打ち砕くことをされました。
ああ。変化を恐れない人だ、と確信しました。

私は、コメントを読んだときに(いくら匿名だからといって、カルトとか書いて読者を馬鹿にする人の神経がわからない!見たくないから削除てくれたらいいのに!)と思いました。
なぜ削除しないの?と、じーっとコメントを読み返して気ががついたことは、書いた人自身の人柄や考え方が反映されているようだということでした。
「書いた人の言葉は書いた人のものでしかない、ということ。記事やコメントに影響を受けてコメントを書いた人は影響を受けた本人の問題だということ。」
ああ、書いている人が自分に気付くには残したほうがいいのかも、と勝手に解釈して気が済みました。

それに、見苦しく残るのじゃなく潔く引いたことを評価している。引き際の個人のあり方に焦点を合わせている。
私はそう感じました。

そういえば中尾さんは、小泉さんについては酷評も書いていたように記憶しています。今日は小泉さんは大きな役回りとして評価していることにまず驚きました。が、こういうとらえ方も面白いと思って読みました。

私自身は世論は簡単に辞めろとか支持率がどうのって言うけど、普天間の問題があるから簡単に辞めないでよねって一昨日まで思っていましたが、「小沢さんの辞職とともに」と知った昨日は思わず喜んでしまいました。おお!古い体質が変わるぞーと。

 

記者会見で「国民が聞く耳を持たなくなった」との発言に違和感を覚えます。

自分ではなく人のせいにしていると思います。
ここに親と同じものを見ました。

こんな総理辞めてもらってよかったです。

 

若い世代は飢えを知らない、、、。揶揄するように使われてきた言葉だけど、それが逆にいいんだろうな、と思います。戦争で飢えた記憶のある人達は、その強烈なトラウマから、どうしてもモノや金をくれる人に逆らえないのかも知れませんね。母親や周辺の人を見ていると、必要もないのに「もらえるものはもらう」という動きをする人が多い、、、。そして溜め込む、、、。イザの時のために、、、。
戦争世代です、、、。苦労したんでしょうね、、、。

マスコミがおかしいって事もそろそろみんな気づいているみたいだし、、、。いい時代に向かっての大航海が始まるかな?

 

「今日の自分が昨日の自分と矛盾することをおそれていてはいけない」

 「今日の自分が昨日の自分と矛盾することをおそれていてはいけない」
というようなことを、ラルフ・ウォルドー・エマスンが『自己信頼』と題する演説の中で言っていました。

 中尾さんはどうでしょうか?

 鳩山民主党を不用意に持ち上げてしまって、不誠実・無思慮極まりない行状をさんざん見せつけられたのにもかかわらず、過去の自分に義理立てして少しも彼らを批判できなくなってしまっている中尾さんがいませんか?

 様々な醜怪な図を鳩山民主党は我々に見せつけてきましたが、例えば、事業仕分け――ことに蓮舫議員の言動に象徴される――のなかに「スタンフォード監獄実験」を思わせるものを微塵もお感じにはならなかったのでしょうか? あそこにはあからさまな「禁止令」も顕れていましたよね? あれをすっかり無視されるおつもりですか?

 過去の自分に恥をかかせたくないあまりに本然の自己(インナーチャイルド)を見捨ててしまっているのではないですか?

 「正しいことだから正しいことなのだ」ではなく、
「中尾さんが言ってるから正しいことなのだ」と判断するような読者が多すぎるようですし、
そのことによって中尾さんが悦に入ってしまっているらしいことに不健全さを覚えます。
(ああ またもや…共依存なのでしょうか……)

 ……これではカルトではないですか。

 

民主内の小沢の子供達である連中が一掃され、若手が出てくることを祈ります。
尤も残された宮崎の問題、普天間問題、無視はできませんけどね…。

 

うわーん

今までマスコミや世論の多数派に流されていた私です。

鳩山首相の「小沢さんと共に辞める」に「あっぱれ!よくやってくれた」と感じた自分に自信がなかったんです。

私は息をのみながら記者会見を見ていました。
なんだか涙まで出ました。

一人の人間が自律するのだって3年以上かかるんだからさぁっ!
国だよ?外交問題だよ?
なんで焦らせるんだよ~(泣)
効率とか結果にケチばっかりつけるんじゃなくて、見守ろうぜ!
って感じたのは、代償行為で…(恥)

私は見守ります。
日本は変わるって感じました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード