プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自分であり続けること

2010/08/31(Tue) Category : TV.本.漫画
今朝の「ゲゲゲの女房」は、妖怪ブームが去って仕事が来なくなった水木家の様子が描かれていた。

無から始まった結婚生活。
志ある人たちとかろうじて支えあった食うや食わずの漫画道。
ブームに火がつくと一転、過労で倒れるまでの忙殺生活。
そして、ブームが去ると手帳に仕事の依頼がまったくない空白のページ。

世に出る前は、こんなの売れないとにべもなく、
ブーム来たれば、何でもいいから書いてくれと依頼が殺到し、
下火になれば、こうじゃなきゃダメだと要求を押し込んでくる。

世は転変し、人は翻弄されていく。
翻弄される中で過労死する人も、心の病に陥る人もいるだろう。
生きるにあたって、いかに自分のペースを保ち自分であり続けることが難しいか。

だからこそ、時流を読むのでもなく、時流に流されるのでもなく、
マイペースで自分であり続けること
そこにこそ価値がある。



------------------------------------------------------------------
はるな愛。
女性というアイデンティティ。
それを阻む自分の肉体と両親という不可能のような巨大な壁。
自身にも親にも疎外される、まして誰にもわかりえないという究極の孤独。

アイデンティティを得るためには両親を捨てなければならないかもしれない。
が、彼女は両親ではなく自分を選んだ。
その覚悟が両親を目覚めさせた。

『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のマラソン。
彼女一人では走りきれなかっただろう。
常に彼女を安心させる言葉をかける名コーチ坂本さん。
常に横についてペースを支え続ける縁の下の並走者。
そして、後ろから力を与え続けている伴走者たち。

沿道から声援を送る人たちのエネルギーも底を支える大いなる力になっただろう。
休憩地点に訪れる友人たちは、とても大きなカンフル剤だった。

スタートでは父が送り出し、
走っている最中は胸のお守りの中から祖母が見守り、
ゴールでは母が迎えた。

これだけの人が見守り支えた。
まるで一人の人生を応援し続ける守護霊団のようだなぁと思った。

見守る人ができることは、懸命に応援し祈ること。
自分の人生は、どんなに苦しくとも自分で走り続けなければならない。

その経過の中で、はるな愛の顔の中に大西賢示の顔が現れ、最後はどちらでもないただ小さな子供の顔になった。そして、チャイルドとなった彼女をゴールで待つ母親が抱きとめた。
『いろんな意味でのゴール』―彼女はそう言った。
あぁ、ようやく自然体でのスタートが始まるんだろうなぁ、と祝福した。


自分を生き通すこと―その人生の縮図を見た気がした。



関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

うーん

 うーん、なんというかこういうふうに受け取れないのはわたしがひねくれてるから何でしょうかね。
番組内の父親とのやり取りで、
「いい男になった」
って言われて
「女やで」
というやり取りがあったり
「疎遠になっていたけどこうしてあえて嬉しい(かなり前なのでうろ覚えですが)」
という彼女の皮肉が有る辺り、妙な違和感がします。
なんとなく、なんとなくなんですが彼女ってそういう24時間テレビでの経緯を経ても本当の意味で受け入れられていないような、ありのままでいさせてもらえていないような、そんな感じを受けてしまいます。
......考えすぎですかね?

 

男でも女でも

どちらでも、両方でも結局自分になることなんですね。それがムズい!
立派な母親は子供を苦しめる。ネグレクトはストローク飢餓にしてしまう。
自分らしい母親は何だろう?
お母さんは、どじでおっちょこちょいでいいんですよ、って大日向先生が育児番組で言ってた。家族には天然の顔見せてるからいいかな。笑いの絶えない家だ。母親のなかの優等生になるのはやめよう。これがまたムズい。ありがとうは忘れずに。かつ素顔の自分でいたい。

 

自律の道を歩む者への力強い応援ですね

コメントを書き始めたら、勢い長くなってしまいました。
よろしければ下記ご一読下さい。
http://blog.livedoor.jp/wakanay/archives/51585011.html

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード