プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

03,ヤミー(ニセモノ)は侵食・感化していく

2010/09/27(Mon) Category : 存在不安
闇との闘い方

■03,ヤミー(ニセモノ)は侵食・感化していく------------------------

『彼女の心のスキに、すうっと闇が入ってきた。いつもなら全く思わないようなこと、自分と人を比較し、人をうらやましく思い、自分はその人に比べたら、何もなく寂しいと思ってしまったために、そこに闇が音もなく静かに入ってきた。寂しさを紛らわすために、携帯に依存するようになり、子供から「いつものお母さんじゃない」と言われても、携帯から離れることが出来なかった。』

『彼女は、今朝鏡を見て、目が自分の目ではないことを、感じていた。そして自分ではないものが、身体の中に入っていることも、感じていた。それでも自分では、どうしようも出来なかった。そしてどの行動が自分で、どの行動が自分ではないのかさえ、分からなくなっていた。

彼女の前に座っていたメンバーは、彼女の憑依の影響を受け、言動がおかしくなった。妙にテンションが上がり、普段の様子と明らかに違っていたので、席を変わらせた。彼女に同調するような発言になったので、明らかに影響されていると思った。憑依されていると、人に良くない影響を与えることを、目の前で見せられた。』
http://ameblo.jp/ryujin-angel/day-20100310.html


『光を持っている者が、闇に取り込まれると、光が強い分、闇に落ちるのも早い。そして光が強い分、闇に深く入ってしまう。』
『闇に落ちると、すぐに分かる。言動がおかしくなったり、目を合わせなくなったり、話をしても、目が泳いだりする。目は心の窓というが、目をみれば、すぐに分かる。』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/archive/20090821


『その人の言動や、行動、目の動きなど、ちょっとした事で、垣間見る事が出来る。私のようにブログを書いている人は、分かりやすい。文章の持つ波動からも分かるが、文章を読めば、エゴや自分勝手なものが必ず出ている。いくら取り繕っても、ぽろっとめっきが剥がれ落ちるように、それらが見えてくる。必ずそこに違和感を覚える』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/2009-02-25


『それに最初は高級霊がついていたとしても、横柄になり、以前と違う態度、言動をしだしたら、ヤミーと入れ替わったと思った方がいい。その人がどれほど素晴しい能力を持っていたとしても、少しでもおかしい、不信感を抱いたら、離れた方がいいと思う。その時に、自分の感覚がものを言う。
けれどその時の自分が、ヤミーと同調していたら、見破る事は出来ない』
http://iruka-andara.blog.so-net.ne.jp/archive/20091203




★感化されるのは、内部に「取り付く島」があるから---------------------

スピリチュアル能力がどんなに優れていても、本人は生身の人間ですから、生まれ育ってくる過程で形成された自我や人生脚本の影響から逃れられるわけではありません。

上記では、他人との比較、嫉妬、自分の無価値感、寂しさなどがヤミーを引き寄せるきっかけとなったことがわかりますね。
他人との比較=IP、嫉妬=救われていないIC、自分の無価値感=人から認められてはいけないという人生脚本、寂しさ=存在不安…こう見てくると、自分の内側の問題を解決していない限り、いつでもヤミーにつけいれられる可能性があるということです。

そして、ヤミーは、同じような思いを肉体で表現してくれる存在がそこにあるから寄ってくるわけですから、一度その島に取り付くとそこを住処とし、それらの思いを表現する行為を延々としてしまうことになるのでしょう。



★IPに支配されるとどうなるか-----------------------------------------

ヤミーの感化力は凄いですね。でも、IPの強い方は思い当たる節があるのではないでしょうか。親のテリトリーをやっと離れて独居したり、親のものを捨て去ったり、さらに第二の誕生で生まれ直したりしても、ほんのわずかなきっかけで、あっという間にIPにコントロールを奪われます。

コントロールを奪われたことがどのようにわかるか。上に書かれているとおり、面談であれば目や表情を見ればわかりますが、電話カウンセリングでまずわかるのは声です。IPにやられている時は、響きが重くなったり、しわがれた重いだみ声が混じったりしています。

次に、理屈っぽくなったり猜疑心が強くなったりしていて、問いや確認が多くなります。あれこれと思考がグルグルと回って身動きできなくなっていることがわかります。

また、上記のことは本人の自覚がありませんが、内部では復活IPとICが闘い続けていますから、体が疲れやすくくたくたになっています。
あるいは、実際にエネルギーを吸い取られます(↓)。
ブラックホールは実際にエネルギーを吸い取っている

それが、カウンセリングしている最中にICが力を得て体が毒出しをはじめます。頭や体がしびれてきたり、チックが出たり、体が熱くなったり、途中でトイレにいかれる方も結構いらっしゃいます。そして、一段落する頃には「お腹がすきました」と濁りが取れた軽い声で言ったりします(^^)。



★IPに自分が乗っ取られてしまったきっかけ-----------------------------

なぜそうなってしまったのか?
聴いてみると、不意に届いた親からのメール1本だったり、何らかのきっかけで親のテリトリーに入ってしまったことだったり、親と似たタイプの人間との出逢いだったり…、たったそれだけのことで?と思われるようなことなのです。が、ほんのわずかなきっかけで自分を責めるIPはいつでも復活します。

というのも、IPは常に自分を責めるきっかけを探しているからです。だから、どんなこともきっかけになりえます。たとえば私のブログも、自分がIC側に立って読めば自分を勇気付ける応援団のように感じるでしょう。しかし、IPが強いときに読めば、自分が責められているように感じるかもしれません。
IPがブログに近寄らせないこともあれば、IPがブログの言葉を用いて自分を責めることもあるでしょう。

このように同じ人であっても、その時々の状況によって受け止め方は異なってきます。何かうまくいかないとき、それらはすべて自分を知るチャンスです。なぜ自分は今そうなのか。そこを掘り下げることで、自分という人間がわかってきます。

ですから、何か妨害されているとき、これまではそれが愚痴や嘆きの素であったと思いますが、それを自分を知るチャンスととらえてください。敵を倒すには敵を知ること。自分を克服するには自分を知ることです。ですから、自分を知るチャンスがあればあるほど克服に近づいていくのです。嘆くのではなく、これでまた一つIPのやり口がわかったと喜んでください。それを克服したとき、あなたはIP退治のエキスパートとして活躍しているかもしれません。



★自分が見破れないわけ-----------------------------------------------

『けれどその時の自分が、ヤミーと同調していたら、見破る事は出来ない』―そうですね。現代に生きる難しさはここにあります。それは、ハラスメント界の方法論が是とされているからです。その方法を教育してさえいます。

なぜ自分がハラッサーと結婚してしまったのか。それは、ハラスメントの方法に気づかなかったからです。なぜ、気づかなかったか。形は違えど、実家で経験していたために、あまりおかしいと思わなかったわけです。自分がなじんだ世界には違和感を感じにくい―そこに落とし穴があります。

現代は、思考-感情-行動が一致している人のほうが少ないと考えても、そう間違いはないでしょう。意識は自律したがっていても、思考や行動パターンがハラスメント界そのものである人はたくさんいらっしゃいます。ハラスメント界の方法論でたどり着くところはハラスメント界であって、決して自律界に行くことはできません。なぜなら、その方法論が通用しないところが自律界だからです。上記に書いたように、自分をよく知ることがとても大切ですね。



★目は口ほどにものを言い---------------------------------

さて、「目は口ほどにものを言い」と言いますが、目については下記をご参照ください。

目が三角形で上目遣いの人
高速の瞬きをする人
目に星がない人
ガラスのような目の人
インナーペアレンツの右目、インナーチャイルドの左目
揺れるまなざし
視野が狭く、視界が曇った人
「目食耳視」から「同仁一視」へ






関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード