プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

魂リーディング(12)父への思い

2010/11/20(Sat) Category : 宇宙・スピリチュアル
【魂リーディング(12)~(18)】

★バットを振り上げる少年----------------------------------------------

喉から胸にかけて苦しいと話されていたが、瞑想に入ると、
「野球のボールとグローブを持っている少年の英司さんが見えます」

―というと、小学校4,5年?

そう、ちょうどそのくらいの年頃。
そして、一人でボールをグローブに投げながら(おぉ、やってたやってた)
「一人じゃ野球できないよ」と思っています…。(転校前後?)

おぉ、寒い  [いきなり肩をすくめて凍えている]

とても暗くて、寒いですね…。





「お・  と・  う・  さ・  ん…」





という声が聞こえますね (押し殺したような苦しい声だ)





…今、その少年はバットを持っています。

家の窓をそのバットで壊し始めました。

中にいるお母さんと妹さんに、
「この家から出ろ!」と大きな声で言っています。

二人は出て行きました。

そのまま、奥へ奥へと入っていきます。




奥の部屋でお父さんがテレビを見ている後姿が見えます。

(おぉどうなるんだ?!)


その部屋に入り、バットを振り上げ、

(まさか、ね…)


テレビを叩き壊し始めました。

(ちょっと安心)


お父さんは、驚いた顔で英司さんを見ています。

(あぁ、その顔わかる)




英司さんは、ものすごい勢いで何かわめいています…でも

(でも?)


…声が聞こえないんです。

(口パク?)


お母さんたちには、あんなにハッキリとした大声で言っていたのに、
ここではまるっきり声を出していないんです…

(??)







★薄い氷のハート------------------------------------------------------

<瞑想>
あぁ、そうかー…

「ぼくのせいだ」

「おとうさんを、こわしてしまう」

「ぼくの一言で、おとうさんは壊れてしまう」

英司さんは、そう思っているんですね。




「お父さんがだめになったらぼくのせい」

「ぼくが家族を壊してしまう」

「なぜ、お父さんはそんなにもろいんだ!」

「ぶつかっていけないじゃないか!!」

そういう叫びが聞こえます。


(あぁ、言いたいことが一杯あるのに、親父を壊すのが怖くて…
 だから口パクなんだ…)




イメージが見えます。

うすーい氷のハートです。 (あぁ、そういう感じだなぁ…)

もう向こうが透けて見えるくらいの、ほんとに薄い氷です。

その氷のハートを壊すのが怖いんですね。








★虫取りの光景---------------------------------------------------------

場面が変わりました。

トンボが出てきました…あぁ、トンボ取りしていますね

(あぁ、やったやった)



捕まえたトンボを持って家の中に入ってきて、昆虫図鑑を広げて
「あぁこれだこれだ」と確認しています。

お父さんもいますね。一緒に見ています。
そして、「今度はバッタを取ろう」とお父さんが言っています。

「トンボがいい」と英司さんが言うと、
「バッタもいいぞ」とお父さんが応えてますね。

そして、その様子をお母さんがほほえましそうに見ています。




―途中から、涙をこらえ切れなかった。
ボタボタボタボタ涙が落ちた。

私は声を殺して泣いていた。

これが…
私の「夢」だったのか。

失われた記憶なのか、実現しなかった願望なのか…

この暖かい光景―
父の姿がいとおしくて、私は泣いた。
そして、にこやかな母のようすに、私は泣いた。







★父への思い----------------------------------------------------------

英司さんがこう言っていますね。



お父さんさぁ、そんなに頑張らなくていいよ。

もっとゆっくりしようよ。

心配しなくていいよ。

大きくなったらぼくが二人とも面倒見てあげるから、心配しなくていいんだよ。

ぼくに頼りきってしまえばいいんだよ。

ぼくに全部預けてしまえばいいんだよ。

ぼくが見るから、何の心配もいらないよ。

だから、
今は遊ぼうよ。




―またも、涙があふれた。

そうかぁ…そんな小さなときからそんなこと思っていたんだ。
妻にかつて言ったことがあった。

「両親にもし何かあったら俺実家に住むかもしれないな。
 この仕事はどこででもできるし……
 妹も来て、もう一度家族するかもしれないね」

妻もそれに同意していた。

さっき泣いたときも、あの涙は自分のためではなく父のためだった。
父のあのような穏やかな場面が見えたこと、そして過去にそれが無かったこと―それに泣いたのだ。








★胸に詰まった綿-------------------------------------------------------

胸に綿のようなものがたくさん詰まっているのが見えます。

(あぁ、言いたくて言えなかった気持ちなんだな…
 それを思い切って外には出せなかった。
 だから、2年ほど前から胸や喉がいがらっぽかったが…
 咳やたんのような形で少しづつ出していたのか…
 でも、この間帰省したときに「言いたいように言った」からね)



あのお父さんの氷は、前はもっともっと厚かったのかもしれません。
それが、あそこまで自力で薄くなったのかもしれません。
あそこまでになれば、後は自然に溶けていくでしょう。 

(最近実家で見た父の穏やかな笑顔を思い出し、肩の荷が下りた気がした)



あ、今胸にいたチャイルドが、「もうわかっただろう?」と言っています。

(え?今私が肩の荷降ろしたのわかったの? 
 私が、こだわっていたんだ…
 妻が、お父さんはもっとたくましい人よ、と言っていたのを思い出した。
 妻にそう言われたとき楽になったなぁ)



胸にいたチャイルドとお腹にいるチャイルドはつながっています。
お腹にいるチャイルドは、あわてず騒がず、もう腹をくくっていますね。

(なるほどね)



そのチャイルドは、もうそろそろ自分のためだけに生きるときがくるね。
いよいよ楽しみだね。

でも、その前にやることがあるだろう? 
「だろう?」ってニヤニヤしながら見上げています。

(う~ん、たぶんまだ甘えていないこと…かな?)














【少年時代 /井上陽水】






最近の私は、チャイルドと直結しているのか…涙がすぐ出てくる。

太陽にかざした手のひらを見ただけで、もう涙が溢れ出した。


今日は(←記事を書いた日と掲載日はタイムラグがあります)、
「愛おしさ」と「さつなさ」の供養の日です。







関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード