プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

魂リーディング(17)時空を超えた軌跡と奇跡が織り成す人生

2010/11/25(Thu) Category : 宇宙・スピリチュアル
【魂リーディング(12)~(18)】

★家族だけでは解けない問題---------------------------------------------

両親を救うべく生まれてきたにもかかわらず、過去生も含めた濃いしがらみの中でにっちもさっちもいかずに苦しみのた打ち回っていた私の魂。

過去生から続く母の私への思い。
過去生から続く父の生き方。

父は現世的世代間連鎖の中でその生き方を選ばざるを得ず、
その生き方が夫婦の離反を生み、
離反の中に母が執着を持つ私が生まれる
その私は、愛すればこそその人を遠ざける宿命を背負う

―いやはや、この駒揃えを見ると、もう最初から“詰んでる”じゃん(--;)。
私の魂が「わかっていたけど怖いもんは怖いんだよ」と言っていたのがよくわかる。この組み合わせではバラバラという結果にしかならない―ということが火を見るより明らかだよね~。



あのトンボの光景のように優しく穏やかな家族にしたいのだが、ありえない。
父も母もそのエネルギーは私に向かい、私は逃げる。
その後は、遠くで自分を守りながら、両親の間を何とかしようと折に触れて行動してきた半生だった。

その間、自分も父と同じような道をたどり、夫婦や家族というものを体験し、いろんなご家族を見て学び、自分と向き合い、そして、妻との間に信頼を結んだ。



…そうか。
流れに任せていたけれど、父と同じような道をたどり、同じようなことをやった後で、経済の世界から心の世界へと転進した。そして、両親をそちらに導こうとした…。うん、確かに導こうと行動してきた。

結果的にだけれど、同じことをやったんだから認めろよ、認めたなら聴く耳持てよ、もっと大事なことがあるんだよ―的な思いがどこかにあったと思う。

が、父のスピリットが言っていたように、「子どもの言うことなんかきかん」と“決めて”しまえば聴くこともない。つまり、子がどんなに親の望むとおりの行動しようとも、だからといって認められることはない。

親の意向を叶えたから親は自分を認めてくれるだろう―これは、子の自分勝手な思いだ。子の希望的観測と親の思いはまったく別―あさっての方角にある。だから、待てど暮らせど明日は来ず、にっちもさっちもいかなくなる。

その上、存在不安がある現世的には、親は子にただ乗っかってこようとする。
だから、苦しい。





★パートナーが鍵------------------------------------------------------

そこに燦然と登場したのが、「妻」だった。
いや…、燦然と輝いていたが、私という壁、私の実家という壁に囲まれて輝きは失われていた。

しかし、私が自分と向き合いチャイルドを救ったからこそ、妻を解き放つことができ、妻が輝きを取り戻した。

私自身が天岩戸となって、アマテラスを閉じ込めていたんだね。
私のチャイルドが救われたとき、岩戸が消えてなくなった。
だから、アマテラスが出てくることができた。

閉じ込めていたときは結べなかった絆が、
姿を現すことによって、対等の関係として信頼を結ぶことができた。


そして、
私と妻が信頼で結ばれているからこそ、
二人で両親を楽しみに乗せることも、
妻が両親にものを言うこともできた。


夫婦の絆ってすごいね。


私の魂一人では解決不可能だった過去生からの問題を、
妻の力を借りることによって解決することができたのです。

ありがとう!





★人生は、壮大なパズル-------------------------------------------------

面白いなぁと思う。
人生は、壮大なパズルのようだ。

一人だけでは全うできないようになっている。

しかるべき人と出逢い、
その関係を通じて互いに成長し、
対等なパートナーとして協力することによって、
源家族の問題や過去生のカルマまで解消することができる。



窮屈な頭で考えていては決して解けることのない知恵の輪。
互いを深く知ったパートナーの力なくしては解くことができない知恵の輪。
血縁だけでは解けない知恵の輪。

この知恵の輪は思考や理屈で解くことはできない。
理性は無力。

気持ちと行動のみが、知恵の輪を解く糸口となる。
―そのことが深くわかった。

一人でスーパーマン(特別)になっても意味がない。
ありのままの人が、ありのままに人とつながることの意味が見えてくる。



この超立体的ジグソーパズルのような人生の面白さがわかってくると、個人の能力を伸ばすことを至上とする自由競争の価値の無意味さやつまらなさ、さらにはその裏に隠された“作為”までもが見えてくる。

そして、
その人があるがままにいて、
素直な心で率直に人と接することが
何よりお互いのためになるのだということがわかってくる。


とっても楽で、かつ
深く楽しい。







★人生あざなえる縄の如し-----------------------------------------------

この話を妻にすると、そういえば結婚する頃にあなたは言ってたわね、と。
「真智子は中尾家に風を吹き込む人間だ」
「風穴を開ける」

そういえば、そういうことを言ってたなぁ(すっかり忘れていたけど ^^;)。
まさか、こんなことになるとは思わずに。
でも、中尾家にない“動き”を感じていたのは確かだ。

しかし、当然壁にぶつかる。
妻は母と妹の壁に跳ね返された。


私が自分のたな卸しをした39歳のときが、大きく流れが変わったときだったのだろう。それまでの15年間は世間的な道だった。たな卸しにより、親と自分を客観視し、40歳からカウンセリングの勉強を始めたその年あたりから、妻は10年間私の実家には寄り付かなかった。電話も取らなくなった。もちろん、私もそれでOKだった。

実家と縁遠くなったこの10年間で、私たちは世間のコースから大きく外れた。
そして、それぞれが自分の足で立ち、再び結びつくことができた。
これは、親との確執にエネルギーを割く必要がなく、自分のことに専念できたからこそできたことなのだろう。

けれどこの10年だけを切り取ってみれば、世間からは「身勝手」「利己主義」「常識知らず」「親への恩知らず」などと陰口をたたかれるだろう。
けれど、この10年間の体験と夫婦の結びつきが、今度は両親を導くことになった。

「世間の目に自分の人生を売ることなかれ」
 そして

「人生あざなえる縄の如し」
 だね。







★3世代の協力---------------------------------------------------------

さらに今、子どもたちが大きな精神的力となりはじめている。
実は毎月1回カラオケボックスで中尾真智子による「中尾家カウンセリング」をしている(^^)。

家族のカウンセリングは、しがらみがあってできることではない。しかしこのときばかりは、普段からかわれたりしている妻がカウンセラー中尾真智子に変身して場を取り仕切るから見事なものだ。

そして、それにきちんと応じて話ができる子どもたちのポテンシャルもすごい。5,6時間も家族が向き合うということは一般にほとんどないことだろう。

終わった後は気持ちを切り替えて、妻はカウンセラーを降りて全員でカラオケである。みんな歌が好きなので、よく歌う。

こういうことを、もう半年ほど続けているが、随分変化してきた。
ロールプレイで、幼き日の子どもたちに謝ったり、そのときの気持ちを救うこともできた。どんなに私が救われただろう。お互いの気持ちがわかり、垣根がどんどんなくなっている。


隠すことは何もないので、ここに書いてるような話もしている。
少し前にやったとき、娘が思わず言った。

「ルパンと次元と不二子と五右衛門だ♪(^^)」

不二子はもちろん娘(^^;)。
五右衛門は息子。
そして、私が振り回していた以前は私がルパンだったかもしれないが、今や私はルパンをサポートする次元の方へとシフトしつつある。おそらくどちらがどちらでもない感じになるのかもしれない。

ともあれ、私より妻のパワーが上で、子どもたちがさらにその上なのは間違いない。だから、とっても楽。

家族の結束があれば、怖いものは何もない。
そして、それぞれが自由に何でもやっていけるだろう。

このように3世代が協力し合える実感を持てることがとてもうれしい。







★軌跡と奇跡---------------------------------------------------------

縦糸(血縁世代)と横糸(パートナー)で、自分という織物ができていくんだなぁと思う。


両親の歩いた軌跡
そこに妻と巡り合えた奇跡

両親の軌跡の中に私は生まれ
私たちの軌跡の中に子どもたちが育ち

自分と向き合う軌跡の中で
チャイルドと出逢う奇跡が訪れ

それが夫婦再生の奇跡を導き
再生された夫婦が、老夫婦の再生という奇跡を導く

その老夫婦と向き合う軌跡の中で
過去生の家族までを救う奇跡

パートナーと出逢い、チャイルドと出逢うという奇跡が、
過去生を救い、子どもたちの、両親の、そして集合無意識の未来を救う。

つまり、自分があるがままの自分になるだけで、
そう成った現在の自分が、過去も未来も救うことができる。

しかも、それは自分だけの過去と未来ではなく、
複数の人の、かつ現在も彷徨っている多次元空間の過去も―


そうなのか…
わざわざ肉体を持つ意味、
過去も未来もなく、常に「今」しかない意味がわかる気がする。








【GreeeeN 「キセキ」】




関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

先生、なんか…。

突き抜けましたね。^^

少し前(夫婦再生物語の頃)は あんなに苦しそうだったのに。

陰ながら祝福します。

 

nori

記事の内容と全く関係ないことだけど・・

この掲示板に来るとなんか泣きたくなります。
そして泣いてます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード