プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

地球とつながる

2010/11/28(Sun) Category : 見方・考え方・価値観-パラダイム
いとしい雲の中に龍と兎と寅が口角をあげて眠っている

彼らの見る夢を雲が吸い込んで、やわらかい雨にする

ふと空を見上げ、微笑んだ人が手を振っているよ


「おはよう」




人の微笑みは空へ還り

雲はそれをまた、やさしい雨にして人々に返す



空に遊ぶ全ての雲に、地上の夢が宿り

それぞれの幸福が、思い思いの愛を滴にする


地上を満たした色どりのミストは空へと溢れ

この星を幸福のオーラで包む




地球の鼓動が聞こえる



『ここにいるよ』



その声を聞いて、

私達はもうずっと前から

大きな愛に包まれていたことを知った





循環が始まった

人類はもう、孤独に頑張らなくて良い

母なる地球と共鳴できた




完全に溶け合った地球と私たちは

見たことのない輝きを放って

広い宇宙を照らし始める










『北朝鮮が韓国の島に砲撃した日、
 こんな美しい場所で喧嘩ばっかりしなくちゃいけない人間に悲しみながら、
 それでも雨は私達に降り注いでいることを思いました』

美しい詩を送っていただいた方(Yさん)からのコメントです。


砲撃を報じた翌日の新聞には、次のような記事が。
「17歳、14歳妹を刺殺」
「38歳の母親が生後1ヶ月の乳児を絞殺」

同じ民族で、
兄弟で、
親子で、
殺し合いが行われています。




Yさんもまた、終わることなき苦しみの螺旋の渦の中にいました。

激しい怒り、憎しみ、恨み、嫉妬、復讐心
そして、自己卑下、罪悪感、不安、恐怖、孤独

ICの激情による自爆と
IPの攻撃による自縛との間を
行ったり来たりしていました。

このような螺旋の果てに、
殺人や自殺があるのでしょう。




---------------------------------------------------------
しかし、Yさんは螺旋を抜けました。
抜ける直前は、どなたもそうなのですが、ジタバタされました。

生まれ直したのに、不安を直視したくないのでへその緒を切ることができず、ハラスメント界に舞い戻り、思考(IP)に翻弄されて身動きが取れなくなり、ICさえも憎み…。だだもこねたくなります。噛みつきもします。

そして、ある日、自分が寂しさを見たくないためのゲームをしていることに気づかれ、霧が晴れ渡っていきました。


たどり着かれたのは、穏やかな地平です。

『父にも母にも妹にも夫にも息子にも、
 私は会いたくてこの世に生まれてきたのだと思いました』



今回のリーディングの記事も、『私と母も決して浅くない縁があったからこそ、これほどに苦しむのだろう』と思えて救いになったそうです。
ご主人に対しても、今は『深く眠りこんでいる人』と、焦らず眺める立場にいらっしゃいます。

『バカップルが世界を救う・・・から、違う種の生き物が寄り添って眠るイメージがわき、ももんがさんのコメントで、一人だけど一人じゃないし、一人じゃないけど一人。みんな寄り集まっているけど、実は違う夢を見ていることに気がつきました。嬉しくて。
私の夢が一つ変わって地球とつながったら、愛の雨が世界を変えて行ける・・・なんて思いました。』

これから、新たな螺旋が始まります。
おめでとう。




---------------------------------------------------------
さて、「地球とつながる」―これがとても大事なのでしょう。

桃さんもコメントに書かれていましたが、『何てったって、私たちがいるのは自律の塊のような、テラとガイアの上なんですから^^』。


今、世界は国際分業という概念をテコに空間的に横につながり、グローバルに共依存体制を作り上げています。その共依存体制は、各地域の地球とつながる知恵(生活文化や地場産業)を破壊していきました。

共依存でがんじがらめになった上に、共存共栄ではなく、自国の富だけを守ろうと、今や通貨の価値の引き下げ戦争というおかしなことまで起こしている―全くとんちんかんな現実を出現させています。未来の人から見た現人類はコメディかもしれません。

しかしこの結果も、人の心の教育が当たり前となっている未来(←勝手な希望的観測)から見ると、「こういう結果になって当たり前でしょ」と小学生に呆れられていることでしょう。

というのも存在不安と承認欲求に飢えたハラッサーは、不安を埋めるためと自分を認めさせるために、どこまでも人を巻き込み、影響範囲を拡大して行こうとします。そこに際限はありません。本人が無自覚であるだけに、終わらないのです。自覚するどころか、華やかにきらびやかに自己洗脳し続け、周囲にゲームを仕掛け続けていきます。

このことは、身近に実感されている人も多いのではないでしょうか。これを国に当てはめてみると面白いですよ。アメリカの真の姿があぶりだされてくるでしょう。

まぁ、いずれにせよ、共依存体制はもはや末期症状を呈しています(その症状が北朝鮮の砲撃であり、マネーゲームです)。
私達がまずつながるべきは、ヨコではなくタテ―自分の足元にある地球とつながることを思い出すときにきているのではないでしょうか。

地に足がつかないままにヨコに束ねられることは、いわば不安文明に拉致されて群集心理でいいように操られること。まずは一人ひとりが、コンクリートを剥ぎ取った地面にしっかりと足をつけることが大事なのでしょう。


自律の塊のようなテラとガイアとつながること。
それが、私たちを自然に自律へと導くように思います。



地球とつながり、『大きな愛に包まれていたことを知った』とき、

違う民族で、
兄弟で、
親子で、
私たちは笑いあっています。


関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

地球とつながるって

自分(インナーチャイルド)とつながるということでしょうか。

チャイルドの本当の声が聞こえたら、地球につながれる気がします。

今、なんとなくそう思いました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード