プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

打ち破るべきは、自分の殻である―龍馬伝

2010/11/29(Mon) Category : TV.本.漫画
「龍馬伝」最終回。

時代の枠組みを壊した龍馬は、
時代の枠組みの中で生きていた者たちの恨みを買って殺された。

しかし、その者たちも、新たな時代の土俵に乗っかれば、それに応じて変わっていく。
龍馬の盟友ともいえる岩崎弥太郎は、前垂れ商法で、徹底的に武士を商人へと意識改革していった。

枠組みを変え、枠の中にいる者たちの意識を変え…二人ともすごいことをした。その新たな枠組みの上に私たちは生きている。
そして今、その枠組みもまた、グローバルに変わろうとしている…。




自分の殻をぶち破った二人が、
時代をぶち破った。


今また、自分の殻をぶち破った人々が、
新たな時代を拓こうとしている。




…そんなことはともかく、涙があふれた。
顔がくしゃくしゃになったので、終わってすぐに風呂へ。

シャワーをザーッと出しながら、ふと振り返ると、なんとまぁ!
浴室ドアから、妻と娘の顔が縦に二つ並んでこっちを見ていた(^^;)

浴室の中で泣いていないかどうか、こっそり見に来ていたのだ(--;)

こういういたずらが、人類を救うよね(笑)。




-----------------------------------------------------------------
福山雅治さんが、公式サイトの中で次のように言っている。
共感するところをピックアップ。

『龍馬さんは何をやりたかったかと言うと、土佐を変えたかった。土佐を変えるためには、日本を変える必要があった。ですから、目的は土佐を変えることで、日本を変えることは手段だったんじゃないかと、ぼくは考えているんです。
何かやるときの人の動機って、だいたいそうじゃないですか?身近なものを変えたいから、遠くにあるものを変えなくてはならない、根本的なものを変えなくてはいけない、と。』



『大殿様とのシーンは、「古い仕組みを憎んで、人を憎まず」という感じで描かれています。そしてそれは、(争いでは何も変わらないという)母上からの教えを成し遂げた瞬間だったのではないかと・・・。』



『これだけいろいろな情報が手に入りやすくなると、情報を集めることだけに終始し自分で決断をしなくなるなと思います。決断することを恐れるようになるのではないでしょうか?
きっと龍馬さんは、田舎者で、子どもで、世の中のことを何も知らなかったからこそ、「このままじゃいかん、日本を変えるんだ」と思えたのだと思います。いろいろな情報を知っていたら、「変えられない、そんな大変なことはできるはずない」と考えたのではないでしょうか?』

『自分自身も18歳で長崎から「ミュージシャンになりたい」と東京に出て来ました。運よく事務所のオーディションに受かって、「ぼくは音楽をやりたい」と言ったら、「どんな音楽をしたいのか知りたいから曲を持って来て」と言われたんです。そのときに、初めて気づきました。「曲、ない!そう言えばおれ、曲持ってない!」って(笑)。』

『人間、知り過ぎるとダメだな」と今回改めて思いました。』




『頭で考え、ロジックを組み立て過ぎると、時代の速さに負けてタイミングやチャンスを逃してしまう。知らないことは人に聞けばいい、恥ずかしがったり、怖がったりせずに、“まず行動ありき”』




『打ち破るべきは、自分の殻である。

 行動力の大切さを龍馬さんに教えてもらいました』







【龍馬伝】




関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

龍馬も中岡もおの若さで燃焼しましたね。

 

ロジックを組み立ててばかり
いれば行動できない。


だが、人に聞くのが怖く
恐ろしいことのように
感じる自分というジレンマ
があります。


頭では入ってきて、実際に
人に聞いたり頼んだりで
体がついていかない。

人に聞いたりがなさすぎても
自分が生きない感も
あるので、

このギャップを埋めて
いきたいと思います。

 

途中まで、録画してみてたんですけど、毎回、エグエグ泣かんとアカンから辛くなって、しんどくなって、みるのやめちゃいました。
最後まで見届けられなかったけど、元氣になったらいつか最後までみたいな。

福山雅治は、好きじゃなかったけど、竜馬伝で好きになった。私の中では漫画のお~い竜馬のイメージぴったりで素晴らしかった。

佐藤健も、素晴らしかった。皆があの中で、それぞれの人生を精一杯生き抜いた。素晴らしかった。

 

福山さんのラジオも、面白いですよ♪

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード