プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

親切の押し売りの裏にある承認欲求

2011/01/17(Mon) Category : 存在不安
チェーンメールはなぜ悪いのか?
「心理テスト」型チェーンメールを分析する

2回にわたってチェーンメッセージの害を見てみましたが、その本質は相手を侵害するハラスメント行為であり、次のような特徴を持っていました。
1、突然、侵入してくる
2、何らかの気持ちが湧き、葛藤が起こる
3、行動を促される

人間虚を衝かれると弱いものです。体制が整わないままに、相手のペースに巻き込まれてなすがままにやられてしまいがちです。このようなことは、人と人が出会ったときにも起こります。

その時にどうすればいいのか、参考になる事例があります。許可を得て掲載させていただきました。ありがとうございました。



★-------------------------------------------------------------

最近、オカルト系やスピリチュアル系になぜかはまっている自分も、少しあやしいなーと思いつつ、本屋さんで立ち読みしていた時のことです。

大型書店で、「前世」や「アセンション」というカテゴリの前に人がたくさん群がっており、多分、人生に悩みを抱えているんだろうなーと思いつつ、自分もそうだと思いながら立ち読みしていました。

ある本に手を差し伸べた時、手が重なりそうになった人がいました。40代前半くらいの一見真面目そうな女性です。同じ興味を持つ人がいるのだと思いつつ別の本を見ていると、しばらくして、その女性が声をかけてきました。

「前世に興味があるのですか?」
「ええ、まあ。ご興味があるのですか?」
と聞き返すと目をキラキラさせながら、
「ええ、前世と言うよりエンパワーメントです」
と、とても自信のある笑顔で答えました。

私はこのようなことを言う人は、もっと暗かったり、根暗でオタクだったり、気持ち悪い感じの人だと思っていたので、その女性があまりにも明るく高揚した話し方で、こちらがドキドキして惹きこまれそうになるくらいでびっくりしました。

女性は続けて
「あなたは右肩が凝っていますね。私が3秒で取ってあげましょう」
と言いますので、思わず
「ええ、その通り右肩が凝っています。よく分かりましたね」
と言うと、
「はい、分かるんです」
と、とても満足そうに喜んでいました。


そこでやっと我に返り、『いけない、この人のペースに乗せられてはいけない』と思いました。きっと、柔らかいながらも背骨ができてきたからこそ思えたことだと思います。

そういえば、この女性の恍惚とした自信を持った笑顔は、頼んでもないのに人に押し付けたい押しの強さ―母の押しの強さと似通っていたかも知れません。ちょうど、実家に帰って母のオーラを浴びた後の出来事だったので、余計に自分がいなかったのかもしれないです。

私は勇気を持って、
「すみません、今友人と待ち合わせをして時間がないので・・」
と断りつつ、
「宗教か何かですか?」と正直に聞いてしまいました。すると女性は、
「いいえ、いいえ。(と滅相もないというような感じで)では、またご縁がありましたら・・」
と、うつむきながら引いてくれました。
その顔は、さっきまでとは違って控えめな暗い顔でした。


宗教にひっかかる瞬間とはああいう瞬間なのだな、向こうのペースに引きこまれたら終わりだな、と思いました。相手を肯定するサイクルに賛同してしまうと、もう否定できる瞬間がなくなってしまう、「相手を肯定する自分」というものにはまってしまうような感じがするからです。

そのパワーに飲み込まれた時に、きっとそれはそれで居心地がいいのかも知れません。確かに、あんなに楽しそうに目を輝かせながら語られたら入ってしまうかも知れない。語っている本人もきっと楽しいのだろうし。
でも、それと裏腹に、きっと、本人のバックグラウンドには、暗さがあるんだろうなー・・と思うと、怖いなあ。


後日、いつもお願いしている整体師の方にこの話をしたら、

「まあ、実際にそういうのが分かる方もいらっしゃるのかも知れません。左と右肩のどちらかは半々の確率ですけどね。歩き方や身体の傾き加減などで、身体の状態はある程度は分かりますよ。自分も昔は、自分が色々分かるということを確かめたくて、患者さんの身体の症状を色々言い当てたものです」

ともかく、冷静になれてよかったです。




■親切の押し売り=ストローク欲求-------------------------------

キラキラしたものの背景には、「私を認めて!」という承認欲求があることがあります。見てほしいために人を惹きつける要素を身につけるわけですね。

強い承認欲求の裏に貼り付いているのは、親から愛あるストロークをもらっていないストローク飢餓。「私にストロークをくれ!」と直接言えないので、先に何かを提供して、その見返りとして“御礼”などのストロークを貰おうとします。

ここに出てくる40代女性の場合、“肩凝りを取る”というサービスをして“御礼”を言われることで、二つの承認欲求を満たすことができます。

・他者承認―人から認めてもらうこと
・自己承認―自分で自分を認めること

つまり、この40代女性はたまたま出逢った相手(Aさんとしましょう)を道具にしているわけで、Aさんのためではないことがわかりますね。相手を道具にすること、つまりハラスメントを行っているのです。


このことは身近に置き換えるとよくわかります。
「忙しい中せっかく連れて来てやったのに、お礼ぐらい言え!」
「あなたのために言っているのに、なんなのその態度は!」
と言うような、恋人、配偶者、親はいませんか?
あるいは、いらぬ“お古”を押し付けて“御礼”をせしめたりね。

これらも同じですね。見返りのストロークを期待して、先に「いらぬサービス」「余計なお世話」を押し付けてくるわけですが、された方にとっては「大きな迷惑」―その本質は、人権侵害です。

御礼など言えるはずもありません。すると期待したストロークをもらえなかった仕掛け人たちは“努力”を無にされて怒るか、あるいは怒ってでもストロークを引き出そうとするわけですね。

これがストローク飢餓のハラッサーのやり方です。その名の通り「餓鬼」なので、こんな素直でないやり方しかできないかわいそうな子どもなんだなぁと思えばかわいくもあるでしょうが、押し付けられた方からすれば、付き合ってやったのにと怒りさえわくでしょう。


この40代女性は一見相手にいいことをしているように見えます。けれどAさんが「イヤ」と感じたとおり、やっていることの本質は上記ハラッサーたちと全く同じです。


人は道具にされたとき、無意識であれ“怒り”がわきます。それを自覚していなければ、それが蓄積されたときに、あらぬところで誰かに向かって爆発させるか、あるいは自分の心身を攻撃して病に陥るでしょう。
ですから、自分の身を守るために、このような押し売りは臆せず断って下さい。

「ありがとう。でも、私には不要です」







下記に似たような事例が掲載されていました。安易に受けてしまうことが危険だということがわかります。
http://ameblo.jp/ryujin-angel/entry-10760386313.html

【ご参考】
「神世界」に見る霊感商法被害者の心理
自由からの逃走―(7)あなたを縛る「あなたのためだから」



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

昔々

山田詠美さんがエッセイの中でサンキューバットノーサンキューって断るのがイカス的な事を書いていて、なるほど♪カッコいいなぁって意識していた時期があったのを思い出しました。

 

ごちそうさま

正直、僕もこの女性と同じようなところがありますね。

定食屋で食べ終わって退店する時、「ごちそうさま」という場面。

正直僕は、店の人からの、フィードバックを求めて
言ってました。そして、なにも返されないと不満になっていた。

それから、それってなんか違うよなって思い、言うときは「今日は言いたい、言いたくない?」って自分の心に聞いてみることにしました。

そうすると不思議と相手からのフィードバックを
求めてない自分にきがつきました。逆に「ありがとうございます」って言われると、気持ちをくんでくれたんだなと思って、嬉しくなる自分がいましたね。

本当に何気ない日常の一場面だけども、自律の意味がわかった気がした場面でした。

ちゃんちゃん。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード