プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

まほろば講座の感想

2011/01/31(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
ご感想をいただきありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。いくつかピックアップさせていただきました。


●人間知恵の輪

最初のゲームで会場の名前も顔も知らない皆さんの笑顔や笑い声を聞けて安心できました。

最初の輪になるゲームで、気分が楽になり、安心して聞いていられました

初対面の人達と何かをするという経験が久しぶりだったので楽しかったです!

多分、少し前の私だったら一番に飛び出したはずです。でも、認められたいという自分の気持ちに気がついたら、もうそうしなくてもいいということにも気がつきました。そして、その場に居ることがとても楽でした。

(これが毛糸だったら、いまごろハサミで切って捨ててるよ・・・)と思った時、自分のこれまでの生き方がわかったのでした。自分のこんがらがった気持ちを切って見棄てていたことを知って、自分以外の人にも同じことをしていたと悟りました。そして、自分が黙っていてもスルスルとほどけたのを見て、『一人で頑張らなくてもいいんだ』と思いました。



●全体の雰囲気

ドライバーやストッパーの「○○しなさい」~「○○するな」にいたるいろいろな○○のところに、自分の言葉を当てはめて言うのを聞くのがすごく楽しかったです。

もうなんかそういうことをやっても許されるようなぬるい空気が漂ってたので(別の言葉でいえばアットホームな空気)私はとてもリラックスをしてました。リラックスしていたのでとても内容も頭にというか体に入ったと思います。あの場の空気は中尾さんや奥様が作り出したものだと思うのですごいなぁと思いました!

ああいう空気が漂うところって私はなかなかお目にかかれないです。久しぶりにそういう場にいてそれを体感できたのでとてもよかったです。私はあれくらいゆるい空気のほうが何かとうまくいくと思っているので、でも会社や学校だととがめられてしまうので自分の思っていることを他者が行っているのをみて肯定できてよかったです。

私が一番驚いたのは、講座を受講している方達がとても積極的に自分の気持ちを話していたことです。そして私もいつもとは違い今回は『発表できそう!』と言う気持ちになりました。普段は恥ずかしくて人前で発表なんて考えられなかったのですが。。。先生お二人が会場をまほろばにしてくれたので『本当の私』が顔を出てくれたのだと思います。そんな体験をして私も少し自信がつきました。



●講座内容

全体の流れがよくわかりました。
中尾さんのブログから役立ちそうなところを全部書き出したりしていましたが、やはり順を追って説明いただけましたので自分の目指すところがはっきり見えた気がしました。

今までのブログの情報がとてもコンパクトにまとめられているように感じて、分かりやすかったです。自分が何重にも縛られ、複雑でごちゃごちゃしているということが、あのイラストそのものだと思いました。

インパクトがありました。めちゃくちゃになっている自分を一瞬で理解できました!! 感動しました~。



●講座資料

あの資料には愛情のようなとても気持ちのこもった贈り物のようなものを感じました。大切にします。

資料を、とても重宝しています。
頭に入っていなかった内容があったことを確認でき、理解をさらに促してくれました。これからは、すぐ手の届くところに置いておき、いつでもどこでも気軽に意識できるので、とても嬉しいです。
自律に向けての武器というか、応援碑を手にしたような感覚です。



●参加料

講演はすごくまとまっていたので、こんなに良く出来ているものを3500円は安すぎると思いました。本にしていただくのもいいとは思いますが(ぜひ出版してください)、やはり説明していただくとわかりやすいです。お話ししていただくと「あっ、そうなんだ」と不意に気がつく瞬間があるからです。



●聞き方3態(ワークショップ)

体験ワークのとき顔を見てうなずいて話を聞いてもらえたとき本当に楽しくてそのまま何時間でも話したかった。うん、経験談は聞いているのも話しているのも楽しくてしかたなかったです。

体験ワークの感想は普段相手が何を感じて何を思ってるかってなかなか聞く機会がないので、自分の頭の中の世界と人の頭の中の世界が違くてそれが楽しいです。岩になり方が人によって違ったのが楽しかった。そうかーほかの人はそうやって岩になろうとするのかーみたいな。

話し手のほうは質問をしてしまう人とずっとしゃべる人がいるという違いが、どうしてそう分かれるのかってことを考えておぉーなるほどーって感じで目から鱗でした。おもしろい。

実家では「相手の話は聞きかなければいけない」し「自分の気持ちや出来事を話してはいけない」だったんです。でもだんだん学習をして「相手の話は聞きたくなければ聞かなくていいんだ」ということを学び、「自分の気持ちは言葉にして表現をしてもいいんだ」ということを学びました。
そして今回「自分の話は相手に聞いてもらえるんだ」ということを学んだと思います。「対等に話をする『人』」としてとしてそこにいることができました。確実に私のなかの氷が一つ溶けました。ワークショップという安全な状態でこのような経験をさせていただいたこと感謝します。

以前に別のところでこの「聞き方3態」をやったことを思い出しました。そのときは感じることを拒否していた、そんな気がします。対子どもを想定したお話だったので、よい母親を押し付けられているという反感が邪魔をしていました。同じ「聞き方3態」でもこれほど違うのですね。



●質疑応答

ブログとかで知識として共有できてもそれは文字なんですよね。しかもリアルタイムじゃないし、一方通行。あぁ、ある意味岩に話しかけているようなもんですよね、ブログやメールって。返事は返ってくるけど、でもリアルタイムじゃない。岩に話しかけるワークの後に聞き役と話し役が変わって同じように岩に話しかけてるようなもんですもんね。

実際に生であって生の声で聞ける。自分が言った自分の言葉に皆が本当に共感してくれているのがわかる。自分が本当に話したいことにみんなが顔を合わせてその都度うなずいてくれる。そりゃ楽しいわ。

色々な人達の話を生で聴けて参考になりました。自分の道を歩いて行く踏ん切りがつきました。ありがとうございます!



●一隅照灯

一隅照灯という言葉は初めて聞いたのですが、以前は、先生は闇の中でみんなを導く灯台みたいだなぁと思っていました。でも、自分が闇の中を歩いているような感じがしてきて気付きました。
自律とは、1人1人が灯台になることなんだ、真っ暗闇の中を螺旋階段を登って自分の中の光に行き着くことなんだ、と思うようになりました。



●場

講座、参加して本当によかったです。
温かい雰囲気の中、中尾先生や参加者の方の熱心さ、想いを五感で感じ、一人でじっくり活字を追うのとは違う良さを体感しました。

ところどころで涙も出てきて、話を聞きのがすこともありましたが、泣けたこととあの場にいられたことで十分でした。

私だけでなく、中尾さんの言葉に涙してる方がたくさんいらしてました。話を聞きながらにして、(ここに在るだけでいい)という受け止めてもらえる空気。温かい場になっていたからでしょう。この講座がまるまるヒーリングみたいだと感じてました。

眠くなってきたら、安心して寝ました。あの場に居る時は思いつきませんでしたが、私は安心していました。長い間、ずっと欲しかった安心を、両親からはるかに離れた土地でやっと手に入れました。私は、『安心』という概念と心地を手に入れました。



●心と体の動き

首、喉のあたりが重苦しく、どんどん肩がこっていくのを感じました。

ぜひお聞きしたいことがあったのですが、話している途中で感情がこみあげてきて泣いてしまいそうで怖くて、躊躇しているうちに時間が過ぎてしまいました。

(講座を聴いていて)自分では言われた記憶がないのですが、この時も涙が出てきたので忘れちゃってICだけが覚えてることもあるのかなぁと感じていました。

最後の罠?に陥らないよう気持ちを引き締める思いでした。そして仰ることはよくわかります。本当にその通りだと思いました。

「孤独を抱えたチャイルドを抱きしめること」には涙がこぼれそうになりました。

チャイルドが登場したらしっかり受けとめ 思いっきり孤独の中で泣いて抱きしめてあげたいと楽しみに待っています。本当にありがとうございました。

「自律への道のりは死を受け入れていく過程と同じ」ということを聞いてなんだかとても納得をしてしまいました。あぁ、たった一人で死ぬ覚悟をしなきゃいけないんだ、と。



●来るまで

なんとか着いた東京では講座の場所、時間の詳細を書き留めたノートを落とす、携帯の充電切れ、またまた立ち寄った浅草では駅が3つある事を知らず、ぐるぐる迷い、歩き回りました。早朝に到着していたにもかかわらず、これでもかというトラブルの中、遅刻するはめになったのでした。



●帰り道

(帰り道に一緒になった人々)ちょっとお話を聞いただけでも過酷な人生が伺えて、その中で中尾さんのブログだけを頼りにたった一人で乗り越えてこられた方々でした。私はといえば、まだ何も始めていないというのにカウンセラーの方の力を借りなければ到底たどりつけないのではないか、なんて思っていましたので、この事実は本当に衝撃的かつ私の背中を強く押してくれました。



●翌日~

(翌日)感情が溢れ、声をあげて泣きました。こんな自分が居たのかとびっくりしました。

本当に長い時間があっという間に過ぎてしまうぐらい充実した講座でした。本当にこの講座を受講することが出来てよかったです。今もなんだか自信を感じられる日が続いています。幸せです。ありがとうございました。

月曜日、朝から上司にいろいろ言われました。でも、前までは胃の辺りに重いものが発生していたのですが、この日はずっと軽いままでした。講演会を聞き、親のためにこの会社にいるのがわかりました。「辞めてもいいや」と思えたら、身体はとても楽でした。その時本当に私は親のためにここにいるのだとわかりました。

これからも自律への道を、自分のペースで進んでいきます。
「焦らないで」というメッセージはとても心強かったです。
いつかきっと、あるがままの姿で輝きます☆





★★一人ひとりが愛あふれる大切な存在-----------------------

ありがとうございました。
一人ひとりが愛あふれる大切な存在。

それぞれが主体性を持ったユニークな個性。
その個性が開放されて集うとき、このように暖かで創造的な空間が生まれます。

初対面の人々が人間知恵の輪でくんずほぐれつするのを見るのが、実は大好きで(笑)。お互いを知らないのに、協力して課題に素朴に一生懸命に取り組んでいる。人って本来無垢だなぁと微笑ましくなるのです。
50代~60代のビジネスばりばりの各企業から来られた経営者層の面々にしたこともありますが、皆さん無邪気に取り組むのです (^^)。人って、素的ですね。


集ったみんな全員で創り上げたひと時。
ひとりひとり、みんなのちからです。
うれしいですね。


今日もまた一人、「寂しさ」と向き合う覚悟のできた人が。
その人は、これから先のどこかで、痛切な孤独と寂しさを感じることでしょう。

でも私は、「よかったね~。ようやく見つけてくれたね~。長い間、暗い中にぽつんと取り残されたまま、待って待って待って……。長かったね~。待ちくたびれたよね~。でも、やっと見つけてくれた。よかったね~。」と、寂しさを抱えたチャイルドのために心から喜びが沸いてきます。

その人が寂しさに襲われることがわかっているのに、「おめでとう!」と祝福します(変態ではありません ^^)。それは、このまほろば講座をきけばよくわかると思います。




みなさんに贈り物。

あるがままの自分に戻りましょう♪




【Enigma 「Return to Innocence」】






関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ありがとうございました

帰りの電車の中で・・・・
ドリカムの「晴れたらいいね」が、頭の中をエンドレスリピートしていました

雨が降れば川底に沈む橋・・・・

今は ”ひらり” 飛び越えられる!

一緒に行こうよ!!

晴れたらいいね
晴れたらいいね

うんにゃ!
晴れるにきまってます!!

先生、参加者の皆さま、今回は会えなかったけど見守ってくれている人たち
全部に感謝・感謝・感謝

また、どこかで

 ♪ 会えたらいいね ♪

必ず会えるんだけどね

そしたら、

いろんな話、しましょう

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード