プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

Point of no return

2006/04/30(Sun) Category : 環境
ラジオで『異常気象は引き返すことのできない時点(point of no return)にきている』ということを言っていた。

2016年が point of no return の年らしい。
影響が出るまでに10年かかるので、2006年-つまり実質今年が point of no return の年。
そういうことを言っていたと思う(うろ覚えでごめんなさい)。

綱引きで均衡が崩れると一挙にドドッと片側に引きずられていく。
ゴアとブッシュがつばぜり合いを繰り広げ、僅差でブッシュが勝って以降(ホントは負けていたかもしれないけど?)、世界の均衡が崩れた。
経済(男)のみを求めすぎる社会は生活(女)を不要にし、子が生まれなくなった(ワークライフアンバランス)。
左脳ばかり使って右脳を使わないでいると痴呆になる。
心の平衡がいったん崩れてしまうと、取り戻すのはとても難しい。

何事も、平衡を失うと、一挙に偏った方向に行ってしまう。


「均衡が崩れる臨界点」というものを感じたことはないだろうか。
私の感覚で言えば「52:48」
それまで鬩ぎ合っていたものが、一歩片側に踏み込んだな、と感じる瞬間。

あるいは、ギリギリのバランスで尾根伝いを歩いていたのが、よろけて片側の斜面に足を踏み出した瞬間。
…最初は一歩に過ぎないと思う。
が、転がり始める。
転がるうちに加速がつく。そして…

「一歩」で踏みとどまればよいが、加速がつけばもはや止めようがない。

私は、その臨界点をいくつかのカテゴリーで感じたことがある。
そして、多くのかたが感じていると思うが、昨年の気象は“一歩片側に踏み込んだ”気象だった。


コヤニスカッティ(平衡を失った世界)




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード