プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

日本から世界から、垣間見える心に感動!

2011/03/14(Mon) Category : 地震・災害・脱原発
「がんがれ日本!!!」に集められたツイートを読んで感動しています。以下はいくつかピックアップして編集したものですので、元記事は上記サイトで見て下さい。

・(ホームで)待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。

・(バス停で)@saiso が、バス停の前にある薬局でカイロを買ってきて、並んで待ってる人みんなに配った!

・(複雑な交差点で)交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。

・地元のおじいちゃんおばあちゃんが手信号やってくれてた。

・東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。

・鎌倉で、人力車のお兄さんたちが手信号やってた。

・(ディズニーランドで)ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。

・(ディズニーシーで)キャストのみなさんが寒い中でも笑顔で接してくれて不安を感じることなく過ごせたそうです。防寒のカイロやビニール袋、夜・朝の軽食と飲み物、おやつまで。

・昨日、裏の家の高1になるお兄ちゃんに感動した。 家に1人で居たらしく、地震後すぐ自転車で飛び出し近所をひと回り。 【大丈夫ですか―――!?】と道路に逃げてきた人達にひたすら声掛けてた。あの時間には老人や母子しか居なかったから、声掛けてくれただけでもホッとしたよ。 ありがとう。

・バイトの先輩が1人でも救うために寒い中紙に「バイクでよければ送ります」と書き駅前で掲げ鳶職のお兄ちゃんを所沢まで送ったそうです。

・夜の21時くらいなのに、ビルの前で会社をトイレと休憩所として解放してる所があった。社員さんが大声でその旨を歩く人に伝えていた。感動して泣きそうになった。

・昨日4時間かけて歩いて帰ってきた主人。赤羽で心が折れそうになってた時「お寒い中大変ですね!あったかいコーヒーどうぞ!」って叫びながら無料配布してるおっちゃんに出会った。これがあったから頑張れたそうだ。

・大阪難波の献血施設は被災地の方の為に超満員の順番待ちでした。私欲の無い列を初めて見ました。感動しました。

・バイトくんの中に、東北が実家の子がいたらしく。弟「今日はバイト休んでいいよって伝えてくれる?」従業員「わかりました(電話で)あ、今日、店休みだってさ」......彼の伝え方に感動した。

・募金箱に金髪にピアスの若い兄ちゃんが万札数枚入れていた。そしてその友人に「ゲームなんていつでも買えるからな」

・『お前今日なんで髪ストレートなん? 俺巻き髪の方が好きって言ったべ』 『そーだけどー、まいに出来る節電ってこれ位しか思いうかばなかったしいー』 電車の中でのギャルカップルの会話。



<外国人から見た感動の日本人>

・物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。

・(運転再開した電車で)混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。

・渋谷に居て、パニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべきことを淡々とこなす姿にひどく感動し、まるでアーミーのようだったと言っていた。(ドイツ人の友達)

・ローマにいる友達からメール。ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです

・誰か日本の人に繋がればいいなと思って日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、心配と応援の電話だったの!英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!向こうで沢山の人がpray for japanって!

・米軍の日本救援のコードネームが Operation Tomodachi。




★海外の対応にも感動しました-----------------------------------------

記事はネットから拾ったものです。気持ちのこもった声には心が動かされます。

<国連>
・国連の潘基文(パンギムン)事務総長は11日、緊急に記者会見し、「日本は世界中の困っている人を援助してきた最も寛大で強力な援助国の一つだ」と称え、今回は国連が日本国民を支援し、「できることは何でも、すべてやるつもりだ」と表明しました。国連は既に、各国救援隊の活動を調整する「国連災害評価調整チーム」(UNDAC)の即時派遣を日本政府に打診しているという。



<ニュージーランド>
・キー首相「日本は私たちの惨事に多大な支援をしてくれた。友人である日本国民のために、今度は私たちが必要なあらゆる支援を提供する用意がある」
・同首相は「今度は我々の番だ」と述べた。

・先遣隊6人が12日午後出発し、残り42人が一両日中に日本に向かう。救助隊の日本での活動期間は数週間程度。「日本の協力にお返しする機会だ」(ニュージーランド防災当局者)

・「同じような恐ろしい経験をしたばかりで、日本が直面している悲劇は痛いほど分かる。自国のことのように心から同情する」「(宮城県の)空港が津波で襲われているテレビ映像を見て、あまりの被害の大きさに言葉を失った。私も昨年9月のクライストチャーチ地震の際は空港にいて恐ろしい経験をしたので、避難している人たちが今どんな思いでいるのか理解できる」(ホテル従業員、ヘレン・フィリップスさん60)



<アメリカ>
・米ロサンゼルス郡消防局は11日、国際災害救助の実績が豊富な「都市捜索救助隊(USAR)」を日本に派遣すると決めた。11日夜(日本時間12日午後)にも出発する。行き先は未定だが、70人前後が派遣されることになり、ニュージーランドの地震救助から戻ってきたばかりの隊員も含まれるという。

・米ロサンゼルスのリトル・トーキョー(全米最大の日系コミュニティー)で、巨大地震と津波で大きな被害を受けた日本を助けるため、ロス在住韓国人と日本人のコミュニティーが手を取り合い、復旧支援に向けた募金活動を進める。
 日韓協会のキム・ホンソン代表は、「韓国人と日本人、両コミュニティーは、米国移民史でも互いに助け合ってきた。困難に直面している日本を助けたいという在住韓国人は多いはずだと信じ、活動を進めることにした」と説明した。日本人のコミュニティーは、本国の地震に心理的に不安になり動揺しているとし、こうしたときの活動が両コミュニティーの友情をより堅固なものにする契機になるだろうと話した。
 リトル・トーキョーはもともと日本人がコミュニティーの中心を成していたが、韓国人人口が増えたことで、韓国系、日本系のコミュニティーが良き隣人として活動するようになった。

・オバマ米大統領は11日、菅首相との電話会談の後、ホワイトハウスで記者会見し、東日本巨大地震を「非常に悲しんでいる」と述べ、犠牲者に哀悼の意を示した。大統領は、「日本は最も緊密な同盟国の一つだ」と語って、菅首相に対しては、「あらゆる支援を惜しまない」と伝えたことを明らかにした。
大統領は、米空母を含む米海軍の艦船が被災者の救援のために震災現場沖の海域に向かっていることを明らかにした。国防総省によると、西太平洋海域に展開中だった原子力空母「ロナルド・レーガン」を旗艦とする機動部隊の艦船3隻が三陸沖に向かっているほか、強襲揚陸艦「エセックス」とドック型揚陸艦4隻、シンガポールに寄港中だった第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」が人道支援・災害復旧物資輸送に向けた準備に入った。



<ロシア>
・ウクライナ外務省当局者は「ウクライナは放射能汚染を克服した経験があり、日本に専門家を迅速に送ることを提案した」と述べた。→ロシア非常事態省は12日、医師や心理学者を含む200人以上の捜索・救援チームを日本に送る準備ができたことを明らかにした。
・メドベージェフ大統領は12日、ツイッターで「日本で近親者を失った全ての人に哀悼の意を表する。我々の隣国を支援するよう政府に指示した」と書き込んだ。→メドベージェフ大統領の指示で、医療設備などを積んだ航空機6機を派遣する方針。
・プーチン首相は「日本は隣国であり、(北方領土など)立場の異なる問題はあるが、信頼できるパートナーとして支援すべきだ」と述べた。→プーチン首相は12日、極東サハリン沖の「サハリン2」で生産される液化天然ガス(LNG)など発電用資源の供給量を増やすよう政府に指示した。



<イギリス・ドイツ>
・イギリスとドイツから12日、国際救援チームが日本に向けて出発した。イギリス中部・マンチェスター空港からは、消防の捜索・救援チームと医療支援チーム計63人と救助犬2頭が出発した。捜索・救援チームは、ニュージーランド地震の救援から戻ったばかりで、ほかにハイチやインドネシアなど世界の被災地で捜索の経験を積んでいる。被災地に到着次第、生存者の捜索と救助にあたる予定。
ドイツからは、救助活動の専門家ら約40人で構成するチームが出発した。被災地での経験が豊富な専門家が含まれているという。ドイツの救助チームは成田空港にまもなく到着する予定。

・13日付の英紙インディペンデント・オン・サンデーは1面トップで日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で大見出しを掲げ、東日本大震災の被災地に応援メッセージを送った。



<イタリア>
・ANSA通信によると、300人以上が死亡、6万人以上が被災した2009年4月のイタリア中部地震で最大の被災地となったラクイラのチアレンテ市長は11日、東日本大震災を受けて日本の安藤裕康駐イタリア大使にお見舞いの手紙を送った。この中で市長は、ラクイラ市民の日本国民に対する連帯の気持ちを示した上で「われわれは市の再建に対する日本の貴重な貢献を決して忘れない。ラクイラにとって貴国の悲劇は人ごとではない」と表明した。



<イラン>
イラン赤新月社(赤十字社に相当)の捜索救援部門の責任者は12日、東日本大震災で東京電力の福島第1原発と第2原発に影響が出たことを受け、「日本赤十字社から要請があれば、原発の事故に対応できるチームを派遣する準備がある」と話した。国営イラン通信が報じた。
 12日付のイラン各紙は1面トップなどで「日本史上最大の地震」と大きく報じた。地質学者アカシェ氏はメヘル通信に対し「首都テヘランで同じ規模の地震が起きたら、完全に壊滅し、何も残らないだろう」と話した。イランでは2003年、南東部バムでマグニチュード(M)6級の直下型地震が起き、3万人以上が死亡した。



<インド>
・「日本は立ち上がる。これまでも立ち上がってきた」
インドの国会議員や有識者、高僧など約40人が13日、ニューデリー市内の日本大使館前で、東日本大震災の犠牲者を追悼し、日本との連帯をアピールする式典を開いた。
呼びかけ人の野党インド人民党下院議員、タルン・ビジェイ氏(53)は15年来の親日家で、「日本はインドの親友だ。集会を開くことで、私たちの気持ちが日本とともにあることを示したかった」と語った。
アスラニ元駐日大使は涙ぐみながら、「インド人は今回の事態を自国の出来事のように受け止めている。日本は今回の大災害にも立ち向かう不屈の精神、回復力を持っている」などとあいさつした。



*その他欧州の国の状況については下記をご覧下さい。
東日本大震災 海外各地の視点(WEBRONZA編集部)




<台湾>
・台湾外交部は馬英九総統が12日午前、訪台中の海部俊樹元首相に緊急電話し、「東日本大地震の緊急援助金として1億台湾元(2億8000万円)を贈ると同時に、重大災害に哀悼と慰問の意を表明した」と発表した。また馬英九総統は同日午前の市内行事の冒頭で「日本政府の要請に応じ早急に救援隊を派遣する」と表明した。
外交部は11日、30万米ドル(約2500万円)の対日援助を発表したが、被害拡大により馬総統の指示で翌日、1億元に引き上げた。同総統は12日の演説で「日本が1999年9月の台湾中部大地震や一昨年8月の南部台風災害で台湾を支援してくれた」ことに触れ、「われわれも同様に積極支援する」と語った。
また中部大地震救済・復旧の陣頭指揮をした李登輝元総統は11日夜、インターネットを通じ日本国民に哀悼と励ましのメッセージを発表した。
「台湾で起きた大地震を思い出し、現在の日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じています」「自信、勇気を奮い起こしてください!」などと述べている。



<韓国>
・世宗(セジョン)大学固体物理学科博士過程に在学中のリュさんは、地震が発生した11日午後2時40分ごろ、東京のプリンスグランドホテル6階でセミナー中だった。リュさんは、「建物が揺れ全身が凍りつくようだった。怖くなって机の下で身動きができなくなっていたが、日本人の友人らが外国人らの面倒をみていた」と話した。リュさんは、「突然の大地震にとても驚いたが日本人たちの冷静さと親切なことが印象的だった」と話した。

・世界中の飢えに苦しむ人たちに食糧を届けると共に愛情を伝えるため、1971年に設立された「国際飢餓対策機構」は、すでに日本へ救援隊を派遣した。また、「分かち合いの文化」を広めるため98年に設立された「社会福祉共同募金会」は、年間に約 3000億ウォン(約219億円)の募金を集めている。91年に設立された国際救援団体「グッドネーバーズ」や、同「ワールドビジョン」、大韓赤十字社、救世軍大韓本営も募金活動に参加する。また、韓国最大の教員団体・韓国教員団体総連合会(教総)も本紙と共同で、全国約1万1000校の小・中・高校で募金活動を行う。

一方、五つの医療機関や団体が日本の被災者の救援活動に参加する意向を示した。ソウル大附属病院は「日本で原発事故により放射線を浴びた人たちの治療が進んでいないという話を聞いた。現在、被ばく者の治療に当たる医師団の派遣に向け準備している」と語った。また、延世大附属セブランス病院は「海外医療奉仕班」を結成し、いつでも海外へ医師を派遣できる体制を整えている。高麗大医療院も、2004年のインド洋大津波以降、海外の被災地へ医療団を欠かさず派遣してきた。また、韓国国際保健医療財団は、海外で災害が発生した場合、海外応急救護隊や医療支援班を派遣している。このほか、韓国版「国境なき医師団」といえる海外医療ボランティア団体「グリーン・ドクターズ」も、日本での救援活動の準備を進めている。

・大韓赤十字社などの救援団体には「日本で救援活動に従事したいと思うが、どうしたらよいか」「どんな物品を送るのがよいか」といった問い合わせが相次いでいる。専門家たちは、被災者が当面必要とする生活必需品や、寒さをしのぐための毛布、テント、衣類のほか、インスタント食品やミネラルウォーター、薬品などがよい、と指摘している。



<中国-香港>
・日本の地震に対する、一部ネット民の反応に胸が痛んだ。四川大地震では多くの日本人が街頭での募金活動に参加してくれた。レストランやコンビニ、どこにいっても募金箱があった。日本の救援隊はすぐに出動するため、(中国政府の許可が得られるまで)、一晩、成田空港で待ち続けていた。政府だけじゃない。野党もまたできるだけのことをしてくれた。自民党はチャーター機で四川省成都市に物資を送ってくれている。同行した唯一の中国記者として、この支援が事実だったと保証する。【香港フェニックステレビ日本駐在員・李】

・(地震の後、)数百人が広場に避難したが、その間、誰一人としてタバコを吸わなかった。かけつけてきた人間が毛布やお湯、ビスケットを配っている。男性はみな女性を助け、ビルまで戻っては物をとってきてあげている。3時間後、避難していた人は解散した。恐ろしいことに地面にはゴミ一つ落ちていない。



<中国-北京>
・中国では主要紙が連日、東日本大震災の被害状況などを1面など数ページにわたって伝えており、国民の関心も極めて高い。中国の国際救援隊は13日、岩手県大船渡市に到着した。08年5月に起きた四川大地震の際の日本の支援は両国の国民感情の改善につながっただけに、今回の中国側の支援が同様の効果をもたらすのか注目される。

今回の震災を受け、温家宝首相は菅直人首相にあてた見舞い電報で支援提供を表明。新華社通信は11日、四川大地震の際に日本で多くの市民が募金に参加したことなどを挙げ、「恩返しを」と訴える元東京特派員の論評記事を配信していた。また、中国紅十字会(赤十字会)は市民からの義援金を募っている。

・短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。

・湖南省から東京に留学し、日本語学習中に地震に遭った中国紙、瀟湘晨報の中国人記者は、日本語教師が学生を避難誘導、「教師は最後に電源を切って退避した」と落ち着いた対応を称賛。ネット上に掲載された記事には「日本人のマナーは世界一」「人類で最高の先進性が日本にある」などの書き込みが相次いだ。

・「日本の学校は避難所だが、中国の学校は地獄だ」といった中国政府や中国人の対応を批判する書き込みも。2008年5月の四川大地震では、耐震性の低い校舎が多数倒壊、5000人を超える子どもが死亡。生徒を置き去りにし、真っ先に逃げた教師が批判された。

・東日本大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで、東京の街頭で避難する日本人のマナーの良さを紹介した。







**感じたこと**

国と国もさることながら、
都市と都市、コミュニティとコミュニティ、思いと思いのつながりがうれしい

同じ思いをした人々は、人種や政治を超えてつながることができる

かつて経済が国境を越えたが、
今、思いが国境を越える

グローバルエコノミーではなく、
グローバルハート

心で動く世界に







【菅野よう子 「きみでいて ぶじでいて」】


一緒にいるよ
世界が君と一緒にいるよ

君の命に会いに行く
心と体壊さず君を 抱きしめていて

会いに行くまで
君でいて


無事でいて









【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り

被災者への応援イラストまとめ



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

感動したのでこちらも是非。

掲示板や動画コメントなどに寄せられた世界中の人たちからのメッセージの翻訳です。

※ものによってはブログのコメント欄、元動画のコメント欄に批判的なコメントがついてしまっているものもあるのでご注意ください

http://asnyaro.blog129.fc2.com/blog-entry-215.html

http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51729613.html

http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51638649.html

http://chouyakuc.blog134.fc2.com/blog-entry-65.html

http://labaq.com/archives/51636163.html


本当に世界中の国もそうですが個人でも応援してくれてる人がたくさんいてうれしくて。
いっぱい元気もらったので、自分だけのことにしておくのもったいなくてこちらに失礼します。



 

クロアチア

【クロアチアの反政府デモ隊が、日本大使館前で停止し黙祷】
http://youpouch.com/2011/03/14/174428/

記事りリンクのある動画も見て下さい。

 

台湾から

こんな素敵な動画をみつけました

http://www.youtube.com/watch?v=eKduLvFwGGw&sns=em

手のひらに青いペンでこの言葉を書いてUPして!と呼びかけて集まった画像でつくられているそうです

見てる間涙がとまりませんでした。

 

知らねばならないこと

衝撃の真実。わたしたちも目を覚まさねばなりません。
「原発がどんなものか知ってほしい」
平井憲夫さん(故人)
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-kddi_blended-jp&wsc=tb&wsi=6cedef7d0051d2e7&u=http%3A%2F%2Fwww.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html&ei=whx-Tb_gN4ewkAXnsaSoBQ

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード