プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

心の平安をお祈りします

2011/03/15(Tue) Category : 地震・災害・脱原発
朝、起きぬけにコメント欄でご紹介いただいた台湾の方々からの応援のメッセージを見てボロボロ泣いてしまった。

★台灣如何看待日本311 (台湾は日本国民に捧げます)


Kalafina 「fairytale」


旋律
手のひら…

涙が止まらなかった

こんなに泣いてしまう時は、チャイルドだ…




頑張ってきた日本

頑張ってきた親

頑張ってきた子どもたち

そして

頑張ってきた自分




もういいよ

ストップ もう頑張らなくていい

手のひらがそう言っている



もういいんだよ

一人で背負う必要はない この手につかまれ

手のひらがそう言っている



差し伸べられているたくさんの手が

一人で強くなる必要はないんだよ と言っている



泣いていいんだよ

弱くていいんだよ

そして

休んでいいんだよ



許されている気がしたのだろうか・・・

涙があふれて止まらなかった











今、「日本のような国にとって5万ドルが大した金額でないことは知っているが、カンダハル市民の感謝の表れだ」と述べたアフガニスタン南部のカンダハルのハミディ市長の言葉を思い出す。

シュプレヒコールを挙げている反政府デモ隊が、日本大使館前で静かに黙祷をささげたクロアチアの映像を思い出す。

このようなささやかな心ある行動が
なにより 人の心に希望の火を灯す



日本は、経済大国と頑張らなくていい。

頑張る必要がなければ、真実を糊塗する必要もなくなるだろう?



世界のすべてが暴かれていこうとしている今、
ただ真実と冷静に向き合って行こうとしている者たちが、
新たな世界の道を創っていくことになるだろう





わたしたち家族からのささやかなメッセージです

みんなに届け!



20110315inori3

20110315inori2

20110315inori1



 WE ARE WITH YOU !!




関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

今日、私の住む町に、追悼のサイレンがなりました。
2時46分
あの原爆が落ちた日、戦争が終わった日、
今まで、追悼のサイレンは年に3回だったけど、
4回目の悲しみの日

涙がとまりません。

 

ありがとう…!

ひとのてのひらには不思議な力がある気がします。子供の頃、手を繋ぐとなんか勇気が出て。友達の少し湿ったてのひらや、おじいちゃんの乾いて固いてのひらを思い出して、やけにしわの多い自分のてのひらをじっと見る。
いっぱい繋いできたんだなあって。
いっぱい勇気もらってきたんだなあって。

ありがとう。

 

私にも届きました。
泣きました。
生まれて初めて
日本に地球に生まれてよかった。と思いました。

 

ありがとう、届きました。愛しい手、手、手…
わたしも地球に溶け込みます。すべてを受けます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード