プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

現場で復旧作業されている皆様、心から応援させていただきます

2011/03/16(Wed) Category : 地震・災害・脱原発
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

放射性物質を恒久的に管理して発熱を利用する温度差発電を実施することを最終目標にして、放射線から内部を防御できて安全に滞在できる本格的な建屋を建設するべきだと思います。

 

今、現場には一体どれほどの量の放射能が発せられているのだろう?
想像したら、ゾッとする。
現場の作業員の人たちは、自分の健康や命を削って作業している。膨大な量の放射能で被曝しながら作業しているのだから。
彼らは、何のために東電に入社したのだろう。お給料をもらって、家族と幸せに暮らすために働いていたのではないのだろうか。
それが、こんな事に・・・
これから、皆で原発を作ってしまったツケを払っていくことになるんだろう。
でも彼らが背負ってしまったツケは、あまりにも重すぎる。
誰も幸せになれない原発、働く人たちが不幸になる原発なんて、私は嫌いだ。

 

まるで戦争みたいだと思った。
戦争に行く人を見送った人たちは、こんな気持ちだったのだろうか。
いたたまれない。
悲劇だし、聞くほうも辛すぎる。

 

私も応援します!できる事があれば教えてもらいたいです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード